FC2ブログ

Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入りの紹介、フランス各地を訪れた旅の記録。
MENU

Tournan-en-Brieのブロカント 極小カフェオレボウル6個とバスク柄の皿

2019年5月12日(日)、トゥルナン・オン・ブリーの中心部でのブロカント。



tournan12.jpg

お目当ては去年アイボリーのカフェオレボウル6個を見つけたスタンド、今年も出ていました。
道順無視して真っ先に向かいました。
昔はブルジョワジーが住んでいたようなアパルトマンで、通りに面した大きな扉の両脇に古い物を並べたスタンド、扉を入るとまた所狭しと古い家具や額縁、リネン類、食器類が並んでいてあれもこれも目移りして嬉しい大変さ。

早朝で、通りの人出はそんなになかったけど、このお宅だけは人でごった返していました。
次々に売れていくので気になった物は手に持っていたけど、両手が塞がってしまいあとで値段を聞こうと思っていた額縁と鏡が目の前で売れて行って、あ~と心の中で叫ぶ羽目に…。





tournan6_20190512172728239.jpg

でも期待通り今年もカフェオレボウルを見つけました。





tournan10.jpg

ままごと用でしょうか、とっても小さい、直径8センチ。
アイボリーの地に、小花柄。
6個ともとっても良い状態です。





tournan9.jpg

サルグミンヌの1920~50年頃のものです。





tournan11.jpg

ムーラン・デ・ルー窯のバスク柄のコンポティエ、果物を盛り付けるための脚のあるプレート。
ムーラン・デ・ルーにもバスク柄があるのは知らなかった。





tournan8_20190512172731144.jpg

コンポティエとお揃いの、こちらも少しだけ脚が付いているケーキ用のプレート。





tournan7_20190512172729c04.jpg

モデル名はそのまま「Basque バスク」で、1923年以降に作られたもの。





tournan5_20190512172727079.jpg

いろんな窯がバスク柄を作っていて、微妙に柄が違います。
コンポティエはムーラン・デ・ルー
ピシェはクレイユ・モントロー(モデル名はベアルン)
植物を入れているボンボニエールはジアン(モデル名はバイヨンヌ。蓋もあったけど、娘が落として割ってしまったので植物を入れています、涙)
皿はバドンヴィレー(モデル名なし)

バスク柄、きりっとしていてかっこいいです。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

スポンサーサイト

Chanteloup-en-Brieのブロカント カフェオレボウル5個

2019年5月5日(日)、シャントルー・オン・ブリーのブロカント。



朝7時過ぎに到着したけど、既にすれ違うのも大変なくらいたくさんの人出でした。





chanteloup5.jpg

プジョーのコーヒーミルとか、カフェオレボウル色々、ホーローのキャニスターなど気になる物が並んでいたスタンド。





chanteloup4_201905052305354d1.jpg

品揃え、並べ方からしてプロのスタンドだけど、一応中央にある大きなボウルの値段を聞いたら10ユーロでした、状態は良かったけどやっぱり高い。





chanteloup_2019050523025018b.jpg

2つのスタンドで5個のカフェオレボウルを見つけました。





chanteloup6.jpg

白地に小花のレリーフが可愛いカフェオレボウル。
50代くらいの売り主さんのおばあさんのものだったそう。





chanteloup3.jpg

判読するの難しいけど、1930年頃のバドンヴィレー Badonvillerのものです。

陶器の質感がとっても良い。
表現力が乏しくてもどかしいのだけど、最近のツルツルピカピカの陶器とは全く違って、触ると釉薬で滑らかな表面だけど、釉薬をかける前の状態がざらついている感じなので見た目はざらつき感があり、細かい貫入も入っているし、なんというか年代物特有の味があるのです。






chanteloup7.jpg

白やアイボリーの食器ってやっぱり良いです、このボウル、凄く気に入りました。

白のボウルをコレクションしている人、多いのです。
その人たちによるとアイボリーではだめだそうで・・・。





chanteloup1_20190505230252a9d.jpg

続けて別のスタンドでもボウル3個、白地に緑の線が竹のよう。
3個で50サンチーム、安過ぎて心の中でニヤッとしてしまいます。






chanteloup2_201905052302535ce.jpg

右側のは左のと微妙に違うのだけど、すでに家にあるのと同じ柄、同じ大きさなので2個ずつ揃いました。

シャントルーの両隣の街でもブロカントをやっていたけど、春休み最後の日、家族でゆっくりお昼ご飯をしようと思い、買い物しておとなしく帰りました。
ボウル5個買って満足でした。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

Dammarie-les-Lysのブロカント・カフェオレボウル、鍋敷きなど

2018年11月18日(日)、ダマリー・レ・リスのブロカント。
年に3回開催される大きなブロカント、1年半ぶり。
告知では800スタンドと出ていたけど今回はそんなにたくさんは出てなかった感じでした。




dammarie10.jpg

天気は良かったけど、気温5℃位、風が冷たくて寒い一日でした。
タイツにレギンスにブーツ、ヒートテックにダウンコートにショールという完全防備で今年最後のブロカントに臨みました。






dammarie.jpg

お昼前に到着したけどちゃんと収穫がありました。






dammarie2.jpg

サルグミンヌの直径15センチの大きなカフェ・オ・レ・ボウル。






dammarie3.jpg

とっても良い状態です。
1974年以降に作られたもの。






dammarie7.jpg

鋳物の鍋敷き。
似たような鍋敷き、もう10枚くらい持っているので通り過ぎるつもりだったのに、裏になんと小さな車輪が付いている!






dammarie5.jpg

重い鍋を乗せても車輪のお陰でテーブルの上を自由に行き来出来る、初めて見たし便利そうということで買ってしまったけど、よくよく考えてみるとそんなに行き来させる機会はないような?!
でも色も好みだから良いか・・・。






dammarie1.jpg

こちらはヴィレロイ&ボッホ、ヴュー・リュクサンブールの水差し。






dammarie6.jpg

STAUB(ストウブ)の直径20センチのフライパン。
未使用品みたいに綺麗です。

フランス製の鋳物鍋と言ったら、ル・クルーゼかストウブかだけど、ル・クルーゼの色とデザインに惹かれてストウブは今まで使ったことがないのでこれが初ストウブ。






dammarie8.jpg

鍋底表面に食材がくっつきにくいようにヘキサゴン型の蜂の巣模様のでこぼこが付いています。






dammarie9.jpg

ストウブについては全く知らなかったので調べてみたら、
『ストウブ(staub)社は1899年にフランスのアルザス地方で創業。
ストウブ鍋は1974年、フランスの誇る巨匠三ツ星シェフのポール・ボキューズ氏との共同開発で生まれた。』
と、ありました。

レストランで小さなココットに蒸し野菜が入っていたり、煮込み料理がストウブ鍋で提供されるのに何度も遭遇したけど納得です。






staub.jpg


2018年最後のブロカントでした。
次のブロカントは来年3月です、それまで長いですが美術館に行ったりしてブロカントのない時期を楽しもうと思います。



読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

Jouy-le-Châtelのブロカント・ドット柄カフェ・オレ・ボウル3個

2018年9月30日(日)、ジュイ・ル・シャテルのブロカント。




jouy7_20181001160256cc1.jpg

街外れのグラウンドに100ほどのスタンド。
秋晴れの天気の良い日だったのでビジターの数が多くてとても賑わっていました。






BOL27.jpg

水玉模様のカフェ・オレ・ボウル3個見つけました。





BOL28.jpg

どれもパステルカラーが可愛い。
水色のは内側のシミや欠けが気になったので要らないと言ったけど、おまけしてくれました。
食器として使うのは抵抗あるけど、小物入れや多肉植物植えたりするのには良いかも。






BOL29.jpg

ディゴワン・サルグミンヌの1920~50年までに作られたもの。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

Fontenay-Trésignyのブロカント リンゴ柄と花柄のカフェオレボウル

2018年9月9日(日)、また夏の陽気に戻ってお天気の良い1日だったので、6か所のブロカントに行ってきました。
6か所も回ったのは初めてかも。
どこも春のブロカントに比べたら、秋のブロカントは規模が小さいとはいえ家に着いたら歩き疲れてぐったり。




午前中に3か所。
Fontenay-Trésigny (フォントネー・トレジニー)
Neufmoutiers-en-Brie(ヌフムーティエ・オン・ブリー)
Villeneuve-le-Comte(ヴィルヌーヴ・ル・コント)




fontenay_20180910170538ffe.jpg

1か所目のフォントネー・トレジニーではカフェ・オレ・ボウルを4個見つけました。






fontenay2_20180910170537272.jpg

リンゴ柄2個。
未使用品みたいに状態良好です。
売り主さんのテーブルには、写真を撮らせてもらえば良かったと後々後悔したのですが、70年代のヘンケルのリンゴ柄グッズがたくさんありました。
ショットグラスみたいな小さなグラス大、小各5個くらいに、見たことないシフォンだとか大きなピッチャー、キャニスター5個くらいあったかな、全部まとめて50ユーロ、この数でこの値段は安いと悩んだけど、カフェオレボウルのみ購入。






fontenay1_20180910170535bd3.jpg

他のスタンドではこれまたカフェ・オレ・ボウル2個。
青いステンシルの花柄で直径18センチもある特大ボウル。
こちらもピカピカ光って良いコンディションです。





fontenay3_20180910170534a47.jpg

2か所目のヌフムーティエ・オン・ブリーでは手ぶらで、3か所目のヴィルヌーヴ・ル・コントではル・クルーゼのスキレットのみの収穫でした。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

このカテゴリーに該当する記事はありません。