Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入りの紹介、フランス各地を訪れた旅の記録。
MENU

Lissyのブロカント・赤いバラのカフェ・オ・レボウル

2017年6月25日(日)の2か所目は、初めて行った街、リシー。



1か所目のダマリー・レ・リスに行く途中、リシーのブロカントの看板があったので帰りに寄ってみた。




lissy3.jpg

ムランやダマリー、ヴォー・ル・ヴィコント城方面に行く度に気になっていたリシーの街のこの光景。
教会と周りの数軒の家が古くてかわいい。
でも古そうなのはここだけで、あとは新しい家ばかり。





lissy.jpg

ブロカントは10スタンドほどの小規模なもので、高齢のマダムのスタンドでこのカフェ・オ・レ・ボウルを見つけました。




lissy1.jpg

ファセットに赤いバラのステンシルが描かれている直径10センチの小振りな半磁器のボウル。





lissy2.jpg

数字(96)と刻印が入っているけど、刻印の上段は解読不可能。
下段は多分「VILLE」(街という意味)と書いてある。
初めて見たマークだし、検索してもヒットせず、窯名不明。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

スポンサーサイト

Dammarie-les-Lysのブロカント・ブルーグレーのカフェオレボウル

2017年6月25日(日)の1か所目は、久々に行ったダマリー・レ・リスの800スタンド出店のメガブロカント。
毎年2月、6月、11月に開催されるけど、多分1年半ぶりくらいの来訪だと思う。
本当に800スタンドあるかどうかは分からないけど、かなり大規模なので楽しみにしているブロカントのひとつ。




連日の37度前後の猛暑も終わり、時たま日差しが強くなることはあったけど、風も吹きそこまで暑くなくブロカントで歩くには最適な日和でした。





dammary2.jpg

プロのブロカント屋、フリー・マーケット、安売り日用雑貨店などたくさん出店。





dammary.jpg

花形リムの皿とか、バドンヴィレの皿とか迷うものもあったけど、買ったのはこのカフェ・オ・レ・ボウルだけ。
遠くまで出掛けてきたのにちょっと寂しい収穫品。
ブルー・グレーというか、青と紫の中間のような微妙な色合いが素敵です。





dammary1.jpg

刻印がないので窯名は分からないけど、内側に貫入や気泡が入っていてずっしり重い。
窯名の分からないボウルが結構ありますが、古くて状態が良くて色、デッサンが気に入ればそれで満足。
これ、色も柄もかなり気に入っています。

でも実はこれの茶色のボウルを少し前のブロカントで見掛けていて、いまいち好きじゃないなと買いませんでした。
多分茶色だったから惹かれなかったんだろうな。
同じ柄でも色使いで随分印象が変わるものです。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

Villeneuve-le-Comteのブロカント・カフェオレボウルと花形リム

2017年6月4日(日)の4か所目は、ヴィルヌーヴ・ル・コントのブロカント。




villeneuve5.jpg

3か所回ったところでそろそろ帰ってお昼ご飯の準備をしなければということで家に戻ろうと思ったのだけど、トゥカンからヴィルヌーヴまでは1本道なので行ってみようと思ったのが正解!





villeneuve.jpg

花形リムのデザート皿6枚と、カフェ・オ・レ・ボウル2個を見つけました。
デザート皿は25枚ほどあったけど、ほとんどが小さな欠けがあって、状態の良いもの6枚だけ購入。




villeneuve3.jpg

花柄のステンシル加工のボウルはディゴワンのもの、地の色がかなり黄色い。




villeneuve4.jpg

表は花柄、裏は水玉と線で引き締まって見える。




villeneuve1_201706042154331fa.jpg

貫入も気泡も入っているし、刻印は擦れまくっているけど「DIGOIN」の刻印です。
1920~50年代に作られたもの。




villeneuve2.jpg

こちらのボウルもかなり黄色、形はいびつ、製造過程で付いた傷もたくさん、手描きの模様は雑な印象。
全然好みではないけど、ディゴワンのボウルを買ったらおまけしてくれました。
マークが何も入っていないけど、色も質感もディゴワンのと似ているので同時期のものかもしれない。

この日は4か所回って、各ブロカントで収穫があって充実した満足いく一日でした、(5月下旬の祝日と日曜に行ったブロカントでは手ぶらだったので)、いつもこうだといいのに。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

Villiers-le-Belのブロカント・緑のミニカフェオレボウル5個

2017年4月23日(日)、フランス大統領選の第一回投票の日。
夫の投票が終わるのを待って向かったのは95県、シャルル・ド・ゴール空港の少し西のヴィリエ・ル・ベルのブロカント。



ヴィリエ・ル・ベルの隣街で、姪の洗礼式とそのお祝いのパーティーがあったので寄ってみた。

この街は10年ほど前、サルコジ大統領時代に若者たちの暴動があった街で知られているパリ郊外の移民が多い街。

なので、行く前からどんな様子のブロカントか想像はついていたけど、想像以上にごちゃごちゃで泥棒市な感が強くて、どこか別の国にいるんじゃないかと錯覚するくらいに異国感溢れ、足を踏み入れるのに勇気がいった。

ブロカント会場に溢れる人たちの風貌も、聞こえてくる言葉も東ヨーロッパっぽかったり、アフリカっぽかったり、巻き舌の訛りが強いフランス語だったり・・・。




villiers.jpg

ブロカント会場のスーパーマーケットの駐車場内にはそこそこ何かありそうなスタンドがいくつかあって、しかもかなり安い。

駐車場の外側の土手みたいな所には、どこかで拾ってきましたみたいな物を地べたに並べているロマの家族ばかり。
やり取りを聞いていたら、蓋のないステンレスの片手鍋が20ユーロとかとんでもない値付け。




villiers1.jpg

駐車場内のスタンドで見つけたのは、ファセットに濃い緑のモチーフのカフェ・オ・レ・ボウル5個。




villiers6.jpg

口径8,5センチ、高さ5センチ、手のひらにちょこんと乗るくらいとっても小さい。





villiers4.jpg

裏にマークが何も入っていないので年代や窯名も分からなければ、こういう絵柄は何というのかも分からない、アラベスク模様でもなさそうだし、モロッコ柄というのかな。





villiers5.jpg

でも不均一なステンシルの濃淡や擦れ具合から古い物だと思う。





villiers2.jpg

5個ともひび、欠け、シミなど何も欠点がなくパーフェクトな状態です。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

Marles-en-Brieのブロカント・カフェオレボウルと注ぎ口付きオーブン皿

2017年3月26日(日)、1か所目はマルル・オン・ブリーのブロカント。



夏時間に切り替わった3月最終日曜日、時計の針を1時間進めるので、朝7時過ぎ、まだ薄暗い中到着。





sakura1.jpg

教会の参道の桜並木、今年も綺麗、見事に満開です。





marles.jpg

象牙色のカフェ・オ・レ・ボウルと、注ぎ口付きのオーブンプレート。





marles3.jpg

このタイプのオーブン皿を探していたので、おぉ、ついに!!という感じで嬉しかった。
鋳物なのでずっしりと重い。





marles1.jpg

裏にメーカー名も何も書いてなさそうだけど、家に戻って電気の下で斜めにかざしてみたら、
22
BELGIUM
と入っているのが読めた。
直径22センチのベルギー製、メーカー名までは分からず・・・。
このタイプ(鋳物で、注ぎ口があるタイプ)のは最近見掛けなくなったから珍しい物だよと売り主さん。





marles2.jpg

これで肉を焼いて、肉汁をソースとして使うために他の鍋に移して煮詰める時なんか、注ぎ口があると便利。





casserole.jpg

探すきっかけになったのが、料理の雑誌に載っていたこのオーブンプレート。
楕円形の方が使い勝手が良さそう、いつか見つけたい。





marles5.jpg

象牙色の無地のディゴワンのカフェ・オ・レ・ボウル。

このボウルにはネジが山盛りに入ってスタンドに並んでいたのだけど、この陶器の質感は古そうだなと思い、持ち上げて裏を見たらディゴワンのでした。
ネジじゃなくて、この入れ物が欲しいんだけど売ってもらえますか?と聞いたら、快く譲ってもらえました。




marles4.jpg

1800年代後半から1900年代始め頃のもの、特に大きな傷もなく状態良好です。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

このカテゴリーに該当する記事はありません。