FC2ブログ

Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入りの紹介、フランス各地を訪れた旅の記録。
MENU

フォンテーヌブロー宮殿②

フォンテーヌブロー宮殿の続きです。

fontaine24.jpg

La Galerie François 1 er
「フランソワ1世の回廊」

ヴェルサイユ宮殿でいう「鏡の間」的存在。

1528~30年に掛けて作られた長さ64メートル、幅6メートルの回廊。

フランソワ1世がイタリアから呼び寄せた芸術家たちによって1535~37年に掛けてスタッコとフレスコ画の装飾が施され、1539年のクリスマス、カール5世(Charles Quint)訪問の直前に完成した。






fontaine23.jpg

壁にはフランソワ1世のモノグラムとサラマンドル(火トカゲ)が描かれている。






fontaine48.jpg

突き当りにはフランソワ1世の彫像。






fontaine25.jpg

Salle des Gardes
「近衛兵の間」はアンリ4世の胸像がある大きな暖炉が素晴らしい。

セーブル焼きの細かな装飾の大きな壺が飾られていたけど、自然光なしの暗い照明のもとでは写真がうまく撮れませんでした。

近衛兵が待機していたとはいえとても豪華な部屋。






fontaine26.jpg

アンリ4世と2番目の妻王妃マリー・ド・メディシスのモノグラム(HとM)と、マリー・ド・メディシスの顔が描かれた壁。






fontaine27.jpg

こちらはアンリ4世の顔。








Salon Blanc
マリー・ド・メディシスの部屋だった「白のサロン」。
家具はナポレオン時代のもの。






fontaine28.jpg

Salon Louis XIII
「ルイ13世の間」

この部屋で1601年にルイ13世が生まれました。(父はアンリ4世)






fontaine31.jpg

1804年にはナポレオン1世の食堂となった。






fontaine32.jpg

Salon François 1 er
「フランソワ1世の間」

ゴブラン織りのタピスリーが壁を覆い、黒い家具がいかにもルネサンス時代な雰囲気です。






fontaine33.jpg

La Galerie Diane
「ディアヌの回廊」

アンリ4世時代に作られた長さ70メートルの回廊、ギリシャ神話ディアヌが題材の装飾。(アンリ2世が愛妾ディアヌ・ド・ポワティエの為に作ったのかと最初思ったけど違いました)

地球儀はチュイルリー宮殿にあったナポレオンのもの。






fontaine34.jpg

Grand Salon de l'impératrice
「皇后の大サロン」

ルイ16世の時代にマリー・アントワネットの遊戯室として作られたサロン。
ナポレオン時代には執務室となった。






fontaine35.jpg

Chambre de l'impératrice
「皇后の寝室」

ドアやベッドは18世紀にマリー・アントワネットの為に作られたが、この寝室で寝ることは一度もなかったそう。






fontaine36.jpg

天井の装飾は17世紀アンヌ・ドートリッシュ時代のもの。

ベッドの天蓋は18世紀、マリー・レグザンスカ(ルイ15世妃)の為に作られた。






fontaine37.jpg

ヴェルサイユ宮殿の王妃の寝台もピンクと緑と金の組み合わせでこんな感じだったような気がする(もう長らく行ってないので記憶が曖昧)。

ピンクと緑ってかなりツボにはまる組み合わせで惹かれます。






fontaine38.jpg

白蝶貝の螺鈿細工の机や小テーブルが美しいバスタブも備えた「マリー・アントワネットの私室」。






fontaine39.jpg

Salon du Trône
「王座の間」

17世紀からフランス革命までは国王の寝室だった。

かなり奥行きのあるアルコーブの中にベッドがあった所はそのまま残して玉座を置いたのはナポレオン1世。






fontaine40.jpg

肖像画はルイ13世だったかな。





fontaine50.jpg

天井、豪華すぎて溜息しか出ません。





fontaine41.jpg

Salle du Conseil
「会議の間」





fontaine42.jpg

Chambre de l'Enpereur
「ナポレオンの寝室」

小さなベッドが印象的。

貴族や軍人は突然の敵の襲来に対応できるよう、背もたれに座るようにして寝ていたそうなのでベッドが小さい。





fontaine43.jpg

濃い緑のファブリックが目を引きます。





fontaine49.jpg

Petite chambre à coucher de l'empereur
「ナポレオンの少寝室」

執務室兼寝室で、事務机で仕事を終えたらささっとベッドへ。
装飾が少なくて落ち着いた色合い。





fontaine47.jpg

内部の自由見学だけでも2時間は見ておいたほうがいいかも。
ガイド付きのみでしか見学できない部屋もあるし、庭も広いし一日は掛かる見どころの多い城です。

城の通りが街のメインストリートでレストランやカフェがたくさんあって日曜だけど多くが営業しているので、午前中城見学、レストランで昼食(夏なら庭園でピクニック)、午後庭園散歩、と一日過ごせます。

フォンテーヌブロー城
Le château de Fontainebleau→
77300 Fontainebleau

(2019年3月現在の情報)
休館 火曜
開館時間 9時30分~17時
入場料 12ユーロ 
26歳未満 無料
7,8月を除く毎月第一日曜無料

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

スポンサーサイト
Category :

フォンテーヌブロー宮殿①

2019年3月上旬、久しぶりにフォンテーヌブロー宮殿へ行ってきました。
城内の見学は4年ぶりくらい。






fontaine.jpg

7、8月を除く第一日曜は無料で見学できます。






fontaine51.jpg

ナポレオン博物館の長細いギャラリーにはナポレオン1世ゆかりの肖像画と胸像がずらり飾られている。






fontaine10.jpg

皇帝ナポレオン・ボナパルト。

フォンテーヌブロー宮殿はフランソワ1世~歴代の国王により改築・増築され、現在目にする建物に改築したのがナポレオン1世。
ナポレオンに関する展示物が充実しています。






fontaine13.jpg

オルタンス・ド・ボーアルネ(Hortense de Beauharnais1783- 1837)の肖像画。

ナポレオン1世の最初の妻、ジョゼフィーヌ・ド・ボーアルネの娘で、ナポレオンの義理の娘。






fontaine4.jpg

きらびやかなセーブル磁器の数々。







fontaine1.jpg

金ピカです。
欲しいとは思わないけど、美術館や城で見ると流石のコレクションだなとうっとりします。






fontaine2.jpg

蝶の柄のセーブル磁器のデザート皿、1809年製。






fontaine3.jpg

ナポレオンが着ていた軍服や剣。
他にも帽子や書類鞄、コートなども。






fontaine6.jpg

ナポレオンが戦場で使っていた必需品コーナー。
身繕いの為の細々した瓶、豪華な洗面用具です。






fontaine7.jpg

ひげ剃りキットでしょうか、細いブラシやピンセット、剃刀など。

手前の折り畳みのフォークが面白い、スプーンは普通。






fontaine8.jpg

マリー・ルイーズ(1791 - 1847)、ナポレオン1世の二番目の妻の部屋。





fontaine9.jpg

ゴブラン織りの椅子やカナペがあって落ち着いた雰囲気。






fontaine11.jpg

ナポレオン・フランソワ・シャルル・ジョゼフ・ボナパルト(Napoléon François Charles Joseph Bonaparte、1811 - 1832)、ナポレオン1世の嫡男、ローマ王のちのナポレオン2世の部屋。

鮮やかな黄色の壁紙と揺りかごが目を惹きます。






fontaine12.jpg

赤ちゃんのローマ王をあやす為のおもちゃや、ドミノなどがある。






fontaine14.jpg

フランソワ1世の肖像画があるギャラリーの天井。
ナポレオンの「N」とシンボルの鷲が描かれている。






fontaine16.jpg

「絵皿の回廊」






fontaine15.jpg

セーブル磁器128枚が嵌め込まれている。






fontaine17.jpg

アンヌ・ドートリッシュ(Anne d'Autriche 1601- 1666)、フランス王ルイ13世の王妃で、ルイ14世の母の寝室。
ドアの上に肖像画があります。






fontaine18.jpg

装飾は1660年頃。
数ある部屋の中でいちばん好きなのがここ。

ルイ13世様式の重厚感ある家具、天蓋付きの豪華な寝台がいかにも王妃に相応しい。






fontaine20.jpg

絨毯、ゴブラン織りのタピスリーでどこもかしかも無地なところがないくらい飾りたくられている。






fontaine19.jpg

カーテンと壁のだまし絵。






fontaine21.jpg

Salon des réception
「レセプションの間」






fontaine22.jpg

1階(日本式の2階)から見た礼拝堂。
アンリ4世、ルイ13世によってルネッサンス様式に改修された。
天井の装飾が豪華です。

数年前は地上階も見学可能で、長椅子が並べられて座って見た記憶があるのだけど、今回地上階はアクセス不可能だったようです。

そう言えば以前は見た「舞踏会の間」とか「教会」とかも自由見学コースにはありませんでした。
この数年の間に修復が終わって見学できるようになった部屋も増えた反面、他の部屋も順次修復作業に入ったりして見学コースが変わるのでしょう。


フォンテーヌブロー城
Le château de Fontainebleau→
77300 Fontainebleau

(2019年3月現在)
休館 火曜
開館時間 9時30分~17時
入場料 12ユーロ 
26歳未満 無料
7,8月を除く毎月第一日曜無料

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

Category :

ランブイエ城③ランバル公爵夫人の貝殻装飾の田舎家

rambouillet8.jpg

酪農場から歩いて5分の田舎家、「La Chaumière aux coquillages 貝殻装飾の藁葺き家」に向かいます。

小川が流れ、いくつも橋があって散歩に最適。
敷地内は自由に入れるので、ジョギングする人や冬休み中だったので自転車の子供たちがたくさんいました。





rambouillet9.jpg

1779年にパンティエーヴル公爵が義理の娘ランバル公爵夫人の為に建てた田舎家、と聞いていたので見た瞬間あまりの小ささと質素さに驚いた。

ランバル公妃はマリー・アントワネットの女官長を勤め王妃の寵愛を受け、フランス革命時には国王一家と一緒にタンプル塔へ幽閉、その後フォルス監獄に投獄され、1792年9月3日の「九月虐殺」で民衆に惨殺された。






rambouillet20.jpg

藁葺き屋根は手入れが行き届いていてとても良い保存状態です。






rambouillet15.jpg

外壁の所々に飛びてているもの、なんと牛骨。
内部の湿気を外に出すシステムだそうで、カビで黒くなっているのが証拠にちゃんと機能しているようです。






rambouillet17.jpg

外観の質素さとは真逆で、天井から壁一面ぎっしり貝殻で埋め尽くされている。

家具、調度品はひとつもありません。






rambouillet32.jpg

ランブイエ城で見たこのサンゴや貝殻装飾の椅子やソファが、この部屋の丸みを帯びた壁にキッチリ嵌まるように配置されていたそう。






rambouillet16.jpg

桜で有名なソー公園の一角にも、こういう貝殻装飾の泉みたいのがあったのを思い出しました。

まさにロココです。
貝殻で装飾した庭園洞窟の岩を指す「ロカイユ」、イタリアの貝殻装飾が由来の様式。

ムール貝とかキラキラ光る貝殻が壁を埋め、オブジェを型どり美しい。






rambouillet19.jpg

と思って眺めていたけど、よくよく見れば見るほど狭い空間に貝殻びっしりで、貝が蠢いてるようで気持ち悪くなってきました。






rambouillet18.jpg

パンティエーヴル公爵がブルターニュ出身だったため、海に縁のある貝殻で埋め尽くしたそう。

シャンデリアまわりも見事です。





rambouillet14.jpg

隠し扉で繋がっている隣の小部屋ブードワール(婦人の間)は外から見学

壁や扉に描かれた花や鳥の装飾が可愛らしい。






rambouillet13.jpg

ここも家具はないけれど、当時は自動人形が置かれ、ご婦人たちに化粧粉や香水を吹き掛けていたんだそうだ、宮廷ものの映画で見たことがあるシーンだ。






rambouillet10.jpg

見学後は広い庭園を散歩。

酪農場も田舎家も外観と内部のギャップが凄かった。

ランブイエ城自体見学出来る部屋も家具も少なくてちょっとがっかりだったので、城だけでなく三ケ所見学するのをお勧めします。

ランブイエ城 →
Château, Laiterie de la Reine et chaumière aux coquillages
Domaine national de Rambouillet
78120 Rambouillet

(2019年3月現在の情報)
火曜 閉館
1月1日~3月31日 9時50分~12時/13時50分~17時
4月1日~9月30日 9時50分~12時/13時50分~18時
10月1日~12月31日 9時50分~12時/13時50分~17時

酪農場と田舎家の見学は1日2回(11時15分、15時30分)のガイド付き見学のみ、城のチケット売り場で要予約

入場料 9ユーロ
26歳未満 無料
1月~5月、11月、12月の第一日曜日は無料

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

Category :

ランブイエ城②マリー・アントワネットの酪農場

ランブイエ城の続きです。

rambouillet43.jpg

城からマリー・アントワネットの酪農場(Laiterie de la reine)までは距離があるので車で移動。
歩いても行けるけどツアー開始時間が迫っていたし、酪農場の目の前に駐車場もあって便利。






rambouillet21.jpg

酪農場の入り口。

1783年にこの城を買い取ったルイ16世が王妃マリー・アントワネットを驚かす為、1787年に秘密で建てたもの。

メリノ種の羊が飼われ、チーズ、ミルク、バターなどの乳製品が作られ、マリー・アントワネットは35km離れたヴェルサイユから時々訪れていた。
城に泊まったのは生涯でたった一晩だけだったらしいけど。





rambouillet6.jpg

敷地内を上から見ると、気球の形に建物が配置されているそう。

正面左のこの建物は国王の休憩所だった所。
内部は見学できません。





rambouillet.jpg

このギリシャ神殿みたいな建物の中で乳製品の試食をし、休憩していた。





rambouillet1.jpg

外からは想像できない内部。

扉を開けると大理石のテーブルが鎮座し、更に奥には洞窟が見える。





rambouillet2.jpg

自然光が射し込む丸屋根の天井のレリーフ、壁の装飾が凝っていて、農場の概念がひっくり返る。





rambouillet5.png

後にナポレオン1世が置いたという大理石のテーブルの上で、試飲、試食に使われたセーブル焼きのバケツや食器の写真を見せてくれます。
有名なマリー・アントワネットの胸を型どったお椀もここで使われていたんだそうです。





rambouillet4.jpg

テーブルの周りにはジョルジュ・ジャコブの椅子が配置されていた。

ジョルジュ・ジャコブの椅子に座って、セーブル磁器で牛乳を飲む、王妃の農場はやっぱり優雅でした。






rambouillet29.jpg

豊穣や酪農に関する神話を基にした彫像が壁を飾っている。






rambouillet3.jpg

奥の部屋は、1787年に彫刻家ピエール・ジュリアンが作った「ニンフ、アテナと羊」の彫像がある。

両脇から滝のように水が流れていたため全体的に苔むしていたそうだけど現在は綺麗になっている。






rambouillet7.jpg

大理石の床の両サイドは水が出ていた所でしょうか。
この部屋は「涼気の間」と呼ばれている。






rambouillet42.jpg

この後は貝殻で装飾されたかやぶき屋根の田舎家見学へ。


ランブイエ城 →
Château, Laiterie de la Reine et chaumière aux coquillages
Domaine national de Rambouillet
78120 Rambouillet

(2019年3月現在の情報)
火曜 閉館
1月1日~3月31日 9時50分~12時/13時50分~17時
4月1日~9月30日 9時50分~12時/13時50分~18時
10月1日~12月31日 9時50分~12時/13時50分~17時

酪農場と田舎家の見学は1日2回(11時15分、15時30分)のガイド付き見学のみ、城のチケット売り場で要予約

入場料 9ユーロ
26歳未満 無料
1月~5月、11月、12月の第一日曜日は無料

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

Category :

ランブイエ城①

2019年2月末、イル・ド・フランス地域の学校の冬のバカンスが始まってすぐの数日は20度近くまで気温が上がって、午後にはコートが要らないくらいの暖かさになったので、ランブイエとシャルトルへ散策に出掛けました。

まずはランブイエの城を見学。



朝10時過ぎに到着して、ランブイエ城のチケット売り場でチケット購入。

城の内部は自由見学だけど、マリー・アントワネットの酪農場+ランバル公妃の田舎家は1日2回(11時15分と15時30分)のガイド付き見学のみなのでチケット購入時に申し込みます(人数制限あり)。

城+酪農場+田舎家見学で9ユーロ(どれか一つだけの見学でも9ユーロです)26歳未満は無料。


rambouillet22.jpg

1368年国王シャルル5世の顧問が城砦を築いたことがこの城の始まり。

後の1706年、ルイ14世とモンテスパン夫人の嫡子トゥールーズ伯爵が譲り受け、国王を迎えられるよう城を改築し内装を施します。

その息子、パンティエーヴル公爵(ルイ16世の従兄弟。マリー・アントワネットの友人でフランス革命時に惨殺されたランバル公妃は義理の娘)が受け継いだあと、運河を巡らせ庭園を整備し、城から離れた敷地内に田舎家を建てました。

2009年まではフランス大統領の別邸だった。






rambouillet12_20190227021934b91.jpg

古くから現存しているのは右手の塔のみ、1574年にこの塔でフランソワ1世が亡くなったので「フランソワ1世の塔」と呼ばれている。





rambouillet38.jpg

「ナポレオン1世の居室」
第一帝政期の執務大臣ガエート公爵と公爵夫人のマホガニーの家具が置かれています。





rambouillet39.jpg

ベッドの上にはウジェーヌ・グージョン作のガエート夫人の肖像画(1844年作)。





rambouillet33.jpg

壁一面真っ白に塗られたトゥールーズ侯爵夫人のブードワール。
暖炉上の大きな鏡が印象的です。





rambouillet34.jpg

全面、白のスタッコで装飾されたロカイユ様式のとても美しい小さな小部屋。





rambouillet36.jpg

装飾が美しいバスルーム。
ナポレオンのイニシャルや、鷲、ミツバチが描かれていてナポレオン色満載。





rambouillet35.jpg

14枚ある丸い金の額縁の中にはイタリアの風景が描かれている。





rambouillet37.jpg

1807年に画家ピエール・フランソワ・ゴダールが装飾したバスルーム、天井まで美しい。





rambouillet32.jpg

フランソワ・ブーシェの絵画を題材にした1791年製のゴブラン織りで飾られた大サロン。





rambouillet30.jpg

元々は貝殻で装飾された田舎家に置かれていたという椅子のデザインが面白い。
脚に張り付いている赤いのはサンゴ。





rambouillet28.jpg

裏面はホタテ貝モチーフ。





rambouillet31.jpg

床の板の張り方やドアの木の装飾も素晴らしい。





rambouillet27.jpg

小礼拝堂。
肘掛椅子は帝政期時代のもの。





rambouillet26.jpg

天井と柱の装飾はすべてだまし絵。
近くに寄って見てもだまし絵とは気づかないくらい精巧です。





rambouillet24.jpg

大食堂。
1975年11月16日の先進国首脳会議(G6 / ランブイエ・サミット)の晩餐会のテーブルセッティングが再現されています。
主要6か国の首脳6人を含めた18人分。





rambouillet40.jpg

メニュー表も。
料理人の一人は日本人の方でした。
議長は当時のフランス大統領ジスカール・デスタン。
首脳メンバーの一人、日本の首相は三木武夫。





rambouillet25.jpg

使用されたのはセーブル焼の食器。

グラスはクリスタル・ダルク、カトラリーはクリストフル。





rambouillet23.jpg

大理石の間は家具などは一斉無くガランとしています。
フランス革命時に家具、調度品は持ち出されてしまったのだそう。

見学できる部屋は少ないので30分もあれば十分。

この後は予約していた酪農場と田舎家見学へ。

ランブイエ城 →
Château, Laiterie de la Reine et chaumière aux coquillages
Domaine national de Rambouillet
78120 Rambouillet

(2019年3月現在の情報)
火曜 閉館
1月1日~3月31日 9時50分~12時/13時50分~17時
4月1日~9月30日 9時50分~12時/13時50分~18時
10月1日~12月31日 9時50分~12時/13時50分~17時

酪農場と田舎家の見学は1日2回(11時15分、15時30分)のガイド付き見学のみ、城のチケット売り場で要予約

入場料 9ユーロ
26歳未満 無料
1月~5月、11月、12月の第一日曜日は無料

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

Category :
このカテゴリーに該当する記事はありません。