FC2ブログ

Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入りの紹介、フランス各地を訪れた旅の記録。
MENU

フランス南西部の旅⑩ Château de Peyrepertuse カタリ派の城 ペイルペルチューズ城

カタリ派の城、2か所目はペイルペルチューズ城へ。
ケリビュス城からは30分弱なのでセットで訪れる人が多いようです。
私たちも実際にケリビュス城で会った家族連れ3組とまたペイルペルチューズ城で再会しました。



ケリビュス城が属しているキュキュナン(Cucugnan)という村を通り過ぎます。







pey.jpg

Cucugnanの村、全景。
左上、木立の横に見えるのは風車。
旅番組で、村のパン屋はこの風車で挽いた小麦でパンを作っていると紹介されていました。
パン屋の親方(という呼び方がぴったりくるような職人っぽい人でした)と一緒に働いているのは日本人の方だったような。
時間的に余裕があったらこのパン屋でパンを買ってサンドイッチを作って城砦で食べる、と良いかも。







pey1.jpg

ペイルペルチューズ城が見えてきました、てっぺんまで行きます。
標高800mの石灰岩盤の上に築城されている。
ふもとに見えるのはドゥイヤックの村。






pey6.jpg

Château de Peyrepertuse
11350 Duilhac sous Peyrepertuse
https://www.peyrepertuse.com/pr%C3%A9parer-la-visite/
時期によって時間が変わるので上のサイトで要確認。

大人9ユーロ
6~12歳 5ユーロ
6歳未満 無料
チケット売り場の近くにトイレがありますが、城砦の中にはありません。

車を停めてからここに来るまで木々が生い茂る山道を登ること約20分。
上から降りてくる人がいる時は脇に避けたりしないと通れないし(夏休み中なのでかなり混雑していました)、滑りやすいのでゆっくり登ります。







pey4.jpg
l'église Sainte-Marie.

12世紀のゴシック様式のサント・マリー教会。
15世紀に改修され、近年も修復工事が行われている。

城は10世紀頃に建て始められ、その頃はカタローニュに属しており、その後アラゴン王国領になりました。
アラゴン王は南仏のあちこちに領土を持っていて、常に領土争いや勢力争いをしていた。
その後、カタリ派対十字軍の対立、フランス対スペインの国境警備、と城の用途が変わっていきました。






pey19.jpg

城の入り口やサント・マリー教会がある部分は「Château bas」と呼ばれています。

城は全長300メートル、一番広い所の幅60メートル、「Château Bas 下の城」と「Enceinte Médiane 中央の城壁」「Château Saint George サン・ジョルジュ城」の3部分から成る。







pey17.jpg

「中央の城壁」から見た「下の城」
下の城はアルビジョワ十字軍時代より以前に築かれていました。






pey5.jpg


「Château Saint George サン・ジョルジュ城」と呼ばれる部分に登ります。
城は30~40メートルの崖の上。






pey7.jpg

「Escalier de Saint-Louis サン・ルイの階段」。
60段ある階段は直接岩を削って造られたもの。






pey21.jpg

1240年フランス国王の所有となった後、1242年、サン・ルイ(=ルイ9世、1214-1270 1297年に列聖されて聖ルイとなった。パリのサント・シャペル礼拝堂を建てた国王)によって建てられた王宮の要塞(スペイン国境を守備するため)で、「下の城」への侵入に成功した敵を防御できるように造られた。

頂上の「Donjon Sant-Jordi サン・ジョルディ天守」は1250年頃建造。







pey13.jpg

階段の途中で振り返ると、そこにはガイドブックで見て以来ずっと見たかった光景が目の前に現れて感動しました。







pey20.jpg

ここも結構急な階段。
家族連れが多く抱っこ紐での赤ちゃん連れとか小さい子供たちもたくさん来ていました。
私たちは子供たちを義妹の家に留守番させてきたけど、本当にそれで良かったと思いました。
子供たちの安全確保に気を遣って満喫できなかったかも。







pey9.jpg

ケリビュス城に比べたら風は強くなかったけど、上に登るにつれて風が吹きつけてきます。







pey12.jpg

空に飛びだしたかのようなこの場所、「下の城」部分が綺麗に収まる絶景ポイント。







pey14.jpg

これです、この光景。
ずっと見たかったのです。

13世紀の城がこんなちゃんと残っているのはかなり修復されているからだと思うけど、フランスの建築物や遺産に関しての予算は本当にすごいと思う。
日本だったらいくら歴史があってもこんな山の上の城砦にかなりの予算割いてないと思います。







pry26.jpg

あまりにも感動して何枚も写真撮りました。
右端に写っているのが駐車場で奥にトイレやチケット売り場があります。
ここには車を停められないほど混んでいて、つづれ織りの坂道を500m程下った所になんとか停めることができました。
なので頂上に来るまでかなり坂道を登ったことになります。







pey11.jpg

下にドゥイヤックの村、向こうの山に小さく角のように飛び出ているのがケリビュス城。







pey22.jpg

この日は鷹匠のスペクタクルがありました。
7月下旬から2週間、1日3回のショー。
この日の気温は30度超えていたのですが、標高800mです、風もあり半袖では寒かった。
ショーを見ている間中、リュックサックを盾にしていましたが羽織る物を持って来れば良かったと後悔しました。







pey25.jpg

私はこの2か月間で4回目の鷹匠のスペクタクル(娘の遠足の付き添いでプロヴァンで、地元の中世祭りで、この数日前にサファリ動物園で)。

ちょっともういいかなと飽き気味だったのですが、ショーというより鷹やフクロウの習性や性格、環境、鷹匠の仕事についての説明が多くてためになり見て良かったです。
それに標高800メートルの廃城で見るショーは格別でした。

と言いつつ、右の男性が、映画「王妃マルゴ」に出演した時のジャン・ユーグ・アングラードにそっくり過ぎてそちらに集中してしまいました。






pey23.jpg

ペイルペルチューズ城は 「Cinq Fils de Carcassonne カルカッソンヌの5人の息子」と呼ばれるカルカッソンヌの南を固める5つの重要な要塞のひとつ。
他の4つは、ケリビュス城(Quéribus)、ピュイローレン城(Puilaurens)、テルム城(Termes)、アギラール城( Aguilar)。
行ってみたい城がまだまだたくさんあります。

暑い日が続いていたのでサンダル履きの人も多かったけど、雨の日や秋~冬にかけては湿っぽくなり滑りやすいのでトレッキング用の靴が必要だと思います。
風が強く帽子も飛びやすいのできっちりしたものと、防寒対策も忘れずに。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

スポンサーサイト



フランス南西部の旅⑨Château de Quéribus カタリ派のケリビュス城

私が夏休みを過ごしたフランス南西部のこの辺り、オクシタニー地方(Occitanie)と呼ばれています。
2016年にラングドック・ルーシヨン地方(Languedoc-Roussillon)とミディ・ピレネー地方((Midi-Pyrénées)が統合されてできた名称。



中でもオード県(Aude)は、Pay Cathare(ペイ・カタール/カタリ派の里)と呼ばれている。
アルビやトゥールーズを中心に12~13世紀に活動したキリスト教異端派であるカタリ派=アルビジョワ派が、教皇とフランス国王から派遣されたアルビジョワ十字軍の弾圧を受け、籠城した城が多数残っています。

今回はそのうちのケリビュス城とペイルペルチューズ城を訪ねました。
ケリビュス城はペルピニャンから40分ほど。





que.jpg

駐車場から見たケリビュス城。

ここに来るまでくねくね山道を登ってきました、崖側はガードレール無し。
前日のサン・テルム要塞の山道に続き、運転する夫はまたこんな所に連れてこられたと発狂寸前、今まで知らなかったけど高所恐怖症までいかないけどあまりにも高い所は苦手なよう。
旅行のルートはすべて私が決めているので、夫は到着するまでどんな所に行くのか知らないことが多い。
アレ・レ・バンからペルピニャンに向かう途中の道から、左手向こうの方にペイルペルチューズ城とケリビュス城がうっすら見えたので、険しそうとか大体の見当はついてると思ったんだけど・・・。

Château de Quéribus
11350 Cucugnan
https://www.payscathare.org/les-sites/chateau-de-queribus
時期によって時間が異なります、上のサイトの右側「Horaires」で要確認。
大人 7,5ユーロ
「Tarif」の項目で料金を調べられます。





que1.jpg

駐車場のそばにトイレ、チケット売り場があります。
チケット売り場から城までは砂利の坂道を上り徒歩で10分ほど。






que2.jpg

一応ロープが張ってありますが、塀というか階段の壁が低いのでロープがあっても心もとない。
標高728メートルの所に建っています。






que3.jpg

風が、突風のような強風が定期的に吹き荒れて体ごと吹き飛ばされそうになるほど。
この日、子供たちは義妹の家でお留守番、夫と2人で来て正解でした。
突風が吹く度に歩みを止めて低い壁に身を寄せていましたがちょっと怖かったです。






que5.jpg

城の入り口。
よくこんな高い所にちゃんとした建物を建てたものだと感心します、どうやってこんな厳しい環境の所に?
昔の人って凄い、宇宙人の仕業ではないかと思ってしまう。






que6.jpg

向こうに見えるのはこの後行くペイルペルチューズ城。
これまた登り甲斐がありそうな凄い所に建ってる城、夫の大きなため息が聞こえます。






que9.jpg

ケリビュス城は1255年5月十字軍によって陥落しました。






que8.jpg

十字軍の後はフランス領となり、ピレネー山脈を挟んだスペインのアラゴン家に対抗するための要塞となりました。
16世紀に増改築され、十字軍の頃の壁はあまり残っていないらしい。






que7.jpg

内部には教会もあります。
信仰のために迫害され、こんな山に城を築いてまで立て籠もった、壮絶としか言いようがありません。
捕らえられた信者たちは火刑に処せられた。






que10.jpg

地下への階段。






que11.jpg

再び外へ。

良く見ると城壁の修復作業してる職人さんが3人います。
2人は命綱してましたが、もう一人の人は何もなしで作業していて見ているこちらが怖かった。
この人たちのおかげで安全に(自己責任な部分が大ですが)登って見学できるのですね。






que13.jpg

風のため、景色を眺めながら階段を降りる余裕はあまりなかったけど、城の上からは景色を堪能しました。






que12.jpg

白い石灰岩の山が美しい。

麓にはブドウ畑が広がっていて、ここに来るまでの道沿いにはブドウ畑とラングドックのワインの試飲や購入ができるシャトーがたくさんありました。
夫のいとこがこの辺りに住んでいて、いとこの友達がワインを作っています。
最近日本からのお客さんが多いのでと言ってパンフレットの日本語訳を頼まれたのがもう10年以上前のこと。
お礼にワインをたくさん貰いました、いつか訪ねてみたいなと思ったけど、いとことはバカンスに出掛ける時期が重なってしまい今回は会えませんでした。
ワイン好きな人にはカーブがたくさんあるのでたまらない地方です。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

フランス南西部の旅⑧港町ポール・ヴォンドルとサン・テルム要塞

コリウールの街から見えたサン・テルム要塞(Fort Saint Elme)へ。

colliure1.jpg







車だとポール・ヴォンドルの街を通って行きます。






port.jpg

ポール・ヴォンドルの港。
良い雰囲気だったので少し歩いてみました。






port11.jpg

この先の港にはコンテナ船がいっぱい、港沿いにはカフェが並び人がたくさん。
でもコリウールほど混雑しておらず、駐車場も簡単に停められました。






port12.jpg

コリウールの観光案内所で聞いた行き方は3つ。

①コリウールの街出発の観光トランで行く(帰りはポール・ヴァンドルの街へ降りていく)。
要塞では景色を眺めるため数分停まってくれる。→要塞の中を見学したいので×
(もしかしたら中を見学したい人は次のトランに乗れるかも?要確認です)

②コリウールから徒歩。
現代アート美術館から風車を目指して山を登る、40分くらいかかると言われました。→暑いし子供3人連れているので×

③車で。
ポール・ヴォンドルまで道なりに進み、山の方へ向かい住宅街が途切れた所から狭い山道を700メートル進むと到着。
但し、観光トランが下りてくるルートと重なっており、離合がかなり厳しいくらい狭いのでとにかく気を付けて、と言われましたが、これしか方法がない!

あと700メートルの看板から本当に狭く、観光トランが下りてきたら絶体絶命、絶対離合できないし、ガードレールもない崖ギリギリをバックするなんてかなり危険。
上から車が下りて来た時はちょうど少しだけスペースがあったので離合できたけど、車体の長いトランなんて無理、どうか観光トランが下りてきませんようにとそれだけを祈り続けました。

夫は冷や汗もので運転し、到着したらストレスからの解放で叫んでおりました。





co18.jpg

上から見るとちょっと不格好な星型です。

Fort Saint Elme
66190 Collioure

月曜~水曜、金曜~日曜 10時30分~19時
冬期は開館時間が変わるのでサイトで要確認
木曜 休館
大人自由見学 7ユーロ
6歳~18歳 6ユーロ
6歳未満 無料

私たちは大人二人と、4歳と8歳と10歳の子供三人だったのだけど、子供たちの分は無料にしておきますと言われ(なぜかは聞かなかったけど)大人の分だけ支払いました。





port2.jpg

コリウールの街はマヨルカ王国(地中海の島)の支配下だったり、アラゴン王国(イベリア半島、スペインのアラゴン州)のものになったり、フランスのルイ11世が占領したりして、1552年、神聖ローマ皇帝カール5世(スペイン国王カルロス1世 1500~1558)が海岸線を守るための要塞としてサン・テルムを建てました。

1643年ルイ14世がコリウールを占領しフランス領となってからヴォーバンによって強化された。






port10.jpg

カール5世の時代にはお堀はなく、1659年にヴォーバンが大砲や歩兵を配置しやすいように外側にもうひとつ城壁を造りました。







st elme

お堀の内側は今では植物が植えられていますが、緩やかな坂道になっていて、1793年スペイン軍がコリウールを占領した際、1794年フランス軍とスペイン軍が要塞内で対面した所。
定期的に砲弾や銃剣が見つかるのだそう。






port3.jpg

中へ入る階段、強固な要塞そのもの。






port4.jpg

跳ね橋。






port5.jpg

コリウールを守備するためもうひとつミラドゥー要塞(Fort Miradou)があり、山には2つの塔(マドロック塔 Tour Madelocとマッサヌ塔 Tour de la Massane)があります。
海辺には城砦(シャトー・ロワイヤル)があり、国境に近い海辺の街には強固な守りが必要だったことがうかがえます。





port6.jpg

ここからだと本当にコリウールの街が良く見える。
カール5世って、ヨーロッパ中を駆け巡って戦ったというのが真っ先に浮かぶイメージです、戦略が長けていたのでしょうね。





port9.jpg

内部には甲冑や槍などが展示されています。

カール5世の時代、200から1500人の兵隊たちがいましたが狭いので全員が中で寝ることはできず、多くの兵隊は外のテントで寝泊まりしていたそう。





st elme1

カール5世はフランス王フランソワ1世と戦ったり、オスマン帝国とも戦った。
展示されている盾はオリエンタルな装飾が多い。





port7.jpg

外に出るとここからの展望は素晴らしかった。
コリウールからポール・ヴォンドルへ行く途中の海岸沿いを見下ろせます。
リゾート用マンションが立ち並んでいます。





port8.jpg

この要塞、結婚式や子供の誕生会をすることが可能です。

チケット売り場の方が、「一昨日の土曜日、結婚式があったんだけど、強風と大雨のせいで夜山を降りられなくて、帰宅したのは日曜の朝8時だった」と疲れた様子で話してくれました。

一昨日とは私たちがアレ・レ・バンに行った日のことです。
翌朝は晴天だったのだけど、予定されていたペルピニャン市内のブロカントも雨のせいで中止になっていたし、私たちも色々予定が狂ってしまった大雨。

こんな山道、夜はもちろん大雨の日は危険です。
それでなくても離合が難しいのに、招待されたら嫌だなと思ってしまいました。
でも晴天なら絶対良い写真が撮れます。






port1.jpg

コリウールの街と海、ブドウ畑を一望できる素晴らしい眺め。
行くまで大変な山道だったけど行って良かったと思える眺め。

向こうの海岸線にはコリウールから10分のアルジュレス・シュル・メール(Argelès-sur-Mer)やもっと右上の方にはペルピニャンから20分のカネ・オン・ルーシヨン(Canet-en-Roussillon)のビーチがあって、2か所とも海水浴に行きました。

特にアルジュレスの方は海水浴の後は、タパスや海産物のレストランもたくさんあるので魚を食べて、ワインやソーセージなどの物産、雑貨屋や服(麦わら帽子とか水着とか)やカフェ、アイスクリームのスタンドなどが数百軒も並んでいるヴィラージュみたいなのがあって買い物も出来て楽しみました。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

フランス南西部の旅⑦Collioureスペインに近い可愛い海辺の街

ペルピニャンから南東に30分ほど、スペイン国境まで20数㎞の海辺の街、コリウール(フランス人の発音はコリューとかコリュールに近いけど、日本のガイドブックなどにはコリウールでの表記が多いのでコリウールと書きます)へ。



コリウールに行くと言ったら、可愛くて絶対好みな街だよー、と親戚みんな口を揃えて言うのでとっても期待して行きました、期待を裏切らない素敵な街でした。





co13.jpg

向こうの山に昔コリウールの街を守るために造られたサン・テルム要塞が見えてきました。
海の青がとっても綺麗だった。

駐車場を見つけるのに30分近く掛かってしまうほど大混雑していたけど、ビーチはあるし、雑貨屋やレストランもたくさんある、路地には可愛い家が並んでいて人が集まってくるのに納得しました。





co_20190807044420999.jpg

鮮やかな色のブーゲンビリアに、暖かい色の家々、路地を進み時々振り返りながら角度を変えて見たり、角を曲がるとまた素敵な家が並んでいて、写真撮りまくりです。

写真撮りまくって、あらゆる路地を行ったり来たり歩きまくって一緒に行った甥っ子(8歳)に呆れられました。





co2.jpg

肌色っぽいピンクの壁に真っ青の雨戸、この色の組み合わせ、考え付かないけど、この街にはしっくり似合ってる。






co1.jpg

坂を上ってひらけたところから風車が見えるなんて素敵です。
この風車は昔、実際に製粉所として使われていました。

2001年に修復されオリーブオイル作りの風車となり、毎年夏の間だけ水曜と日曜の10時から12時まで見学可能で、オリーブオイルの販売も行っているそうです。

MOULIN DE COLLIOURE
Parc Pams
66190 COLLIOURE






co12.jpg

コリウールには小さなビーチが4つ、砂浜や小石などそれぞれ違います。
波は穏やかで、底が透けて見えるくらいきれいな海。






co6.jpg

7世紀に城が建て始められ、1242年~1280年の間に本格的に建てられた王宮(シャトー・ロワイヤル)。
のちにヴォーバン(ルイ14世に仕えた軍人、建設技術者)によって強化されます。

Château royal
Quai de l'Amirauté
66190 Collioure

中は見学可能、4ユーロ






co3.jpg

右端に見えるのは17世紀に建てられたノートルダム・デザンジュ教会。

中は見学しなかったのだけど、後で調べたら金箔で装飾されたバロック様式の祭壇が今まで見たことないくらい豪華なもので、中に入らなかったことを後悔しました。
やっぱり行く前にちゃんと調べないとだめです、後悔することが多い。

Église Notre-Dame-des-Anges
2 Place de l'Église
66190 Collioure

並んだ船もカラフルで可愛い。





co11.jpg

画家が描いたところに額縁が立ててあります。
画家の視線だと良いアングルで撮れます。






co17.jpg

ここからはユニークなデッサンの観光船の向こう側に見える地区を散策。






co5.jpg

賑やかそうな広場、6月18日広場に出てきました。
この右手に観光案内所があります。

コリウール観光案内所
OFFICE DE TOURISME DE COLLIOURE
Place du 18 Juin
66190 Collioure






co7.jpg

路地には雑貨屋、レストラン、カフェ、アイスクリーム屋、マルセイユ石鹸の店、ギャラリーなど並んでいて、行きかう人でごった返していました。

スペインが近いこともありタパスのレストランも多く、テラスで食べている人のを見たらとっても美味しそうでした。






co8.jpg

量り売りのクッキーや、フレーバーが豊富だった手作りアイスの店、サヴール・ダンタン。
キャラメルのアイス、美味しかったです。

Saveurs d'Antan
4 Rue Pasteur
66190 Collioure






co15.jpg

100グラム6,5ユーロのクッキー。
レモンやオレンジのコンフィが乗ったものなど6種類くらい買ってみました。
ちょっと生地が固いかなと思ったけど、素朴で甘さ控えめでした。






co14.jpg

食べ歩きしながらの散策は楽しい。






colliure.jpg

花に坂道、教会の屋根、ちらっと見える海、もっと良いアングルで上手く撮れたら良かったんだけど、この辺り特に絵になる路地ばかり。






co10.jpg

この通り、ギャラリーが立ち並んでいる。

この街でアンリ・マティスがフォービズムの活動を始めました。
ピカソやレオナール・藤田などもこの街を訪れ絵を描いたそうで、今でもたくさんのギャラリーがある。





co9.jpg

夏でビーチにも通りにも人が溢れていて活気があって、家の壁や雨戸、植物や花、色で溢れていてとにかく鮮やかで眩しいキラキラした街。

冬になるとビーチから人が消えて、通りも地元の人ばかりでまた印象が変わるんだろうと思います。






co16.jpg

入り江の奥の岩に建つサン・ヴァンサン礼拝堂(Chapelle Saint-Vincent)。

子供たちはしばし水遊び。
この後は、サン・テルム要塞まで行ったのですが、これがなかなか大変でした。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

フランス南西部の旅⑥Alet-les-bains ノストラダムスの家と中世の街並み

アレ・レ・バンの教会と街散策へ。

この街、ユダヤに関するものとか、ノストラダムスの家とか、六芒星のマークだとかがあちこち溢れていて、中世の街並みと相まってなんだか謎があるようなミステリアスな街でした。

アレの少し南、ブガラッシュ (Bugarach)村は2012年12月21日(古代マヤ文明が終わる日)に地球が滅亡する際、唯一生き残れる場所と噂されたことで有名。
なんでもブガラシュの山の地層は、上の方が古く、下の方が新しいという不思議な現象からそう言われるようになったそう、2012年地球が滅亡することはなかったけど、地層のことはとっても不思議。
この辺り、そんな噂も信じてしまいたいくらいミステリー感漂う地方です。


alet39.jpg

廃墟の修道院の隣に建つ14世紀に建設が始まったゴシック建築のサン・タンドレ教会。

窓のデザインが六芒星。
古文書によるとユダヤ人によって発注されたんだそう。
カトリック教会じゃなかったってことなんでしょうか?

Église Saint André
55 Rue du Séminaire
11580 Alet-les-Bains





alet17.jpg

歪んだタンパンが古さを感じさせます。

入り口の所には宗教戦争で使われた砲弾が展示してありました。





alet18.jpg

内陣。





alet19.jpg

ダヴィデの星ともソロモンの印(Sceau de Salomon)とも呼ばれる六芒星の中に描かれているのは、聖母マリアを描く絵画の守護聖人である福音伝道士リュック (Saint Luc)。






alet21.jpg

14世紀のフレスコ画。
修道僧の生活が描かれている。





alet22.jpg

聖ブノワ礼拝堂の天井にも六芒星。





alet23.jpg

14世紀のフレスコ画が教会のあちこちに残っている。





alet24.jpg

アレの司教を40年務めたニコラ・パヴィヨンの肖像画。





alet37.jpg

教会を出て郵便局兼観光案内所斜めのセミネール通り (Rue Séminaire)から街の中心部レピュブリック広場 (Place de la République)へ向かいます。





alet36.jpg
La porte de la maison Bousquet rue Séminaire

セミネール通りのブスケ家の石の装飾は17世紀のもの。






alet29.jpg

レピュブリック広場からカデーヌ通り ( Rue Cadène) を見たところ。
張り出した木組みの家々は15~16世紀のもの。






alet32.jpg

こちらもレピュブリック広場に面した木組みの家。
左端の家、マルベック通り(Rue Marbec)との角にあるのはノストラダムス 本名ミシェル・ド・ノートルダム (Michel de Notredame 1503-1566)が住んでいたと言われている家。
ノストラダムスの祖父母がアレに移住してきて、ノストラダムスもここに数年住んでいたそうだ。






alet31.jpg

今では普通の民家なので外だけ静かに見学します。

ユダヤ人だったノストラダムスの父方の祖父は15世紀半ばにカトリックに改宗、名前もクレカ・ド・カルカソンヌからピエール・ド・ノートルダムに改名している。
祖母はカトリック。

Notre-Dame d’Alet (ノートルダム・ダレ)→ Nostradamus(ノストラダムス)と言われるようになったんだそう。
ノストラダムスという名はアレの街の名から派生したという、へぇーとなった話です。
何回ノートルダム・ダレを言ったらノストラダムスとなるのか思わず試してみました・・・、ならなかった。






alet26.jpg

この家には謎の木彫りがある。
また六芒星。

こういう謎なマークがいかにも占星学者ノストラダムスっぽいけど、星の所には「1642」とあるらしく、誰かが1642年に彫ったものらしい。
ノストラダムスが亡くなったのは1566年。





alet27.jpg

もう一つあって、こちらには十字と魚。






alet40.jpg

観光案内所でもらった資料に載っていた街の地図。

ピンクが修道院→8番のノストラダムスの家への行き方(案内書の人が書いてくれた)。
青が、街の主な通り6本がレピュブリック広場に集まっている、それはまるで六芒星…。
ここまで計算されてるの?とぞわっとしました。





alet30.jpg

雨降り日には最適と思ってしまうほど張り出しがずいぶんせり出ている家。

ノストラダムスの祖父もそうだったようにユダヤ人のコミュニティがあったのは確かなようですが、なぜアレにユダヤ人の足跡があるのかはまだ分かっていないらしい。






alet38.jpg

写真では分かりにくいけど、右手の壁に通りの名前が書いてあります、Rue de la Juiverie ユダヤ人通り。






alet34.jpg

廃墟とか六芒星とか占星術師が住んでた木組みの家とかもうまるで21世紀ではないところを歩いているような感覚に陥ってしまうほど、中世で時が止まったような通りばかりでした。






alet35.jpg

カルヴィエール門 (Porte Calvière) を出て散策終わり。
修道院で降り始めた雨は、ノストラダムスの家へ向かう頃には土砂降りの雨に嵐のような突風まで吹いて、路地をくまなく歩きまくることは諦めたのです。
街には冷たい源泉が2か所あるそうだけどそこも、この後行く予定だったレンヌ・ル・シャトーも、レンヌ・レ・バンの川の源泉でお湯に浸かるのも断念。

この後は叩きつけるような雨で視界も真っ白な中、くねくねの山道を通りペルピニャンへ。
夫は運転大変そうだったし、私は車酔いするしできつかったけど、ここにはまた絶対来たい。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

このカテゴリーに該当する記事はありません。