Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入りの紹介、フランス各地を訪れた旅の記録。
MENU

リモージュ焼き本型カミュ・ナポレオン

11月から12月にかけて5週間日本でバカンスを過ごしていた間に郊外のブロカントシーズンは終了。
来年2月まではお休みです。
それまではパリやヴァンブの蚤の市に行ったり、ブロカント屋巡りが出来たらいいけど。



実家から持ち帰ったのがこれ。
IMG_3559.jpg
本の型をしたリモージュ焼きのカミュのコニャック、ナポレオン(フルボトル 720ml)

30年ほど前に父の友人が海外旅行のおみやげとして買って来たもの。
その時代の男性の海外旅行のおみやげの定番は、免税店でお酒かたばこ。
飲み終わって捨てられるところを、ちょっと待った!をかけて私がもらい、自分の本棚に置いていた。





IMG_3553.jpg

ナポレオンの二角帽が付いたコルクの替え栓が付いています。

「ナポレオン」というのは、コニャック(フランスのコニャック地方で決められた製法で作らているブランデー。
カミュ社は、1863年創立の家族経営。
ボルドー産のコニャック中心に、グランド・シャンパーニュとプティット・シャンパーニュ地区産のものをブレンド)の「銘柄」ではなく、「等級」を表している、ということを初めて知った。
ナポレオンの絵柄があるからそういう銘柄だと勘違いしていました。

ちなみに、コニャックの等級表示は下から、
VO ( Very Old)
VSO ( Very Superior Old)
VSOP (Very Superior Old Pale)
NAPOLEON ↓→ 蒸留後最低7年以上経た原酒をしたもののみ使用
XO (Extra Old)
Extra
の順に熟成年度が上がる。





IMG_3551.jpg
ナポレオン1世生誕200周年( Bi-Centenaire )の文字。
リモージュ・ブルーの磁器に22金で彩色。

他にも同じ本型では白地や緑地ににカラーのナポレオンの絵柄、ルノワールやフラゴナールなどの絵画の絵柄がある。





IMG_3560.jpg

限定品のため、ナンバー入り。





IMG_3552.jpg

「ナポレオン」=「本」ときて、思いつくのがナポレオン1世のこの格言。
¨余の辞書に不可能という文字はない¨

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ  

スポンサーサイト

Lumignyのブロカント・Enzo Mariのル・クルーゼ

2013年10月6日(日)の2か所目は、1か所目のショーム・オン・ブリーの北14㎞の Lumigny-Nesles-Ormeaux(リュミニィ・ネル・オルモー)のブロカント。

IMG_2848.jpg

消えかかっているけど、壁にDUBONNET(ペルノ・リカール傘下のデュボネ社)の広告が見える。
デュボネとは、赤ワインベースのアペリティフに飲まれるお酒。
壁に直接描かれたこういう広告ももうあまり残っていなくて、見掛けるとすぐに写真を撮ってしまいます。





IMG_2867.jpg

ここで見つけたのはトルション(布きん)とエンツォ・マリがデザインしたル・クルーゼのママシリーズのオーブン用皿。

トルションは古くも珍しくもない普通のもの、フランの値札が付いたまま(なので10年以上前のもの)のデッドストック品。
手刺繍のモノグラム入りとかバスク織りのトルションはもったいなくて布きんとして使う勇気がないけど、これなら普段使いにがんがん使える。





IMG_2850.jpg

ここのところ毎週のように買っているル・クルーゼ。
ブルーは初めて。
ターコイズブルーがレトロな感じで可愛い。





IMG_2869.jpg

横の長さが33センチとかなり大きい(中の黄色のは21センチ)ので小ぶりな丸鶏なら2羽は入りそう。
フランス人が大好きなジゴ・ダニョー(子羊のもも肉)も楽々入る。
来年のパック(復活祭)の時に使ってみようかな。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ  

該当の記事は見つかりませんでした。