Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入り、時々美味しい物も紹介します
MENU

Gretzのブロカント・りんご柄カフェオレボウル

2014年4月27日(日)は、パリの東40kmのGretz-Armainvillier(グレッツ・アルマンヴィリエ)のブロカントへ。

小雨がぱらつく朝7時半到着。
確か去年も雨だったような。
毎年4月下旬から5月はじめは気温が下がって天気が悪いので、ダウンコートや防水加工のトレンチが欠かせない。


blog23.jpg

前回に続き、リュネヴィルのカフェオレボウル。
りんごのステンシルが可愛らしい。
全体に3個のりんごが描かれています。





bog22.jpg

リュネヴィルのボウルは時代によっては釜の刻印が入っていません。

濃淡の差が激しい、いかにも手描きなペイントや陶器の質感から古いものかどうか大体の見当はつくけど、ボウルに関する本やサイトの写真を日頃から見て、柄を頭に入れておかないと見過ごしてしまいます。





blog24.jpg

毎朝、とはいかないけど子供を学校に送った足でパン屋に寄り、パン・オ・ショコラやショッソン・オ・ポムを買ってきて朝食。
このちょっとの時間で1日頑張れる気がします。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

スポンサーサイト

Tournan-en-Brieのブロカント・うろこ柄カフェオレボウル

2014年4月13日(日)は77県、トゥルナン・オン・ブリーのブロカントへ。

この日はうす曇りでちょっと気温低め。
ふわっふわの花びらに、落ち着いたピンクが可愛らしい八重桜も葉っぱが目立ってきてそろそろ見納め。

blog1_201404082006591c5.jpg

街外れの工場地帯で開催されるここのブロカントに来るのは4年目だけど年々規模が大きくなってスタンド数が増えている。
ブロカントというより家庭の不要品大放出って感じのヴィッド・グルニエ。

ディゴワンの花柄のスープ皿6枚(状態良好。ディナー皿を探し中なので買わなかったけど)で1ユーロとか、ル・クルーゼのスキレット50サンチームとかあれもこれも買ってしまいそうな値段設定。





blog8.jpg

買ったのはリュネヴィルのうろこ柄のカフェオレ・ボウル。
1950年~60年頃のもの。
桜色と言っても良さそうな淡いピンク。
カフェオレ・ボウルといっても、直径18センチもあるのでスープ用のボウルです。

最近はボウル自体ブロカントで見かけることが少なくなってきてる上に、状態の良い物ってなかなかありません。





blog7.jpg

カフェオレはもちろん、うちでは小さめのボウルはお茶漬けとか、大きめのものはラーメンやうどん、丼物用にと重宝しています。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

Rozay-en-Brie・サヴィニャックのストロー立て

2014年4月6日(日)は77県・ロゼイ・オン・ブリーのブロカントへ。

blog2.jpg

朝7時半出発(ロゼイの後に94県のNoiseauにも行ったけど収穫なし)、普段ならひやっとした空気を感じるのにまったく寒くないし、道中は菜の花の黄色いじゅうたんと、麦の青々とした畑が広がっていて気持ち良い。





brog1.jpg

ロゼイの街は木組みの家があちこちにあって歩くだけでも楽しい小さな街。
よーく見ると壁にDUBONNETの広告が。





blog5.jpg

収穫品はこれだけ。
レイモン・サヴィニャックデザインのストロー立て。
1960年代のもの。
箸立てやペン立てとしても使える。

サヴィニャックが2002年にノルマンディーの海辺の街、Trouville-sur-Merで亡くなった後、街の建物の壁にはポスターと同じ絵が描かれ、海辺にはサヴィニャックがデザインしたブルーの旗がはためいている。
観光局でもらえる街のパンフレットには壁画の場所を辿れる地図が用意されている。これ

義妹の両親がトルーヴィルにバカンス用のアパルトマンを持っているので、数年前の夏、お借りして滞在したことがあります。
砂浜を散歩、カモメが飛びかう港の朝市で買い物、サヴィニャックの壁画巡りなど街散策ばかりしていました。
海岸沿いにはブルジョワ階級のどでかいお屋敷が並んでいて、まるでモーパッサンの小説の世界だとため息。

車で20分ほどのところにはオンフルールの可愛い港町もあるし、もう1度行ってみたい。
トルーヴィルではなぜか肝心のサヴィニャックのポスターを収蔵している美術館に行き忘れ、オンフルールに行った日はエリック・サティ美術館がちょうど休館日だった。
なのでもう1度行かなくてはいけない。





blog4.jpg

Vérigoud というのは、1954年アルジェリア生まれのオレンジやレモンのソーダ。
(オランジーナも確かアルジェリア生まれじゃなかったっけ?それにオランジーナのストロー立てもブロカントで時々見かける)
Verygoodをフランス語の発音のまま書くと、Vérigoud

スーパーで見かけたことないけど今もあるのかなと調べてみたら、Hyperboissonsという飲料専門店にしかない模様。
しかもイル・ド・フランスにはない、ので入手不可能。
でも、きっとオランジーナやファンタ・オレンジと似てるんじゃないかな。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

該当の記事は見つかりませんでした。