Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入り、時々美味しい物も紹介します
MENU

Chanteloup-en-Brieのブロカント・麻と綿のトルション

2014年5月4日(日)は、ディズニーランドに程近い77県のシャントルー・オン・ブリーのブロカントへ。

CYMERA_20140504_123115.jpg

ブロカントといっても、サラミやチーズ、蜂蜜、ワインを売るスタンドも出ていて味見させてもらったりして、美味しい楽しみもある。





IMG_4183.jpg

ここで見つけたのはフランス製トルション(布きん)6枚、未使用。
タグを見ると縦糸(Chaine)がコットンで、横糸(Trame)が麻で織られたと書いてある。

多分古い物ではないと思う。
モンマルトルの生地屋に行くと、量り売りのトルションの生地が1mいくらで買えるし、既製品のトルションもある。
その中にこんな柄のがあったような気がする。
ミシンも持ってないし、手芸苦手だし、6枚で2€だったから、まぁいいのです。
日常使いにがんがん使います。




IMG_4186.jpg

赤と淡い緑の組み合わせがいい。
ティーマットにしたり、キッチンの扉のない棚に吊るして目隠しにしても可愛い。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

スポンサーサイト

Ozoir-la-Ferrière・サルグミンヌ花形リムの大皿

2014年5月1日、メーデーで祝日。
朝7時、街角にはスズラン売りのスタンドが数メートルおきに並んでいる。

images_20140503152021b8f.jpg

2年前まではプロのブロカント屋も多かったし、一般の人もディゴワンやバドンヴィレの食器類をかなり持ってる人が多くてほんとに掘り出し物満載という感じで面白かったのに、昨年は収穫ゼロ。
800スタンドも出てて目ぼしい物がないなんて…ということで今年は行くつもりがなかったのだけど、もしかしたらという気持ちがあって行ってしまった。
そしてやっぱり大したことなくて(古着ばかり。そしてそれらを買うためにみんなマルシェに行く時の買い物カートを引っ張ってきている)、ほんとにほんとに来年は行かなくていいかな。




IMG_4155.jpg

今年も手ぶらかなとがっくりしていたところ、最後のスタンドで見つけたのが、昨年から少しずつ集まってきているサルグミンヌのアイボリー色の大皿、直径32㎝。
1920年~1950年頃までに製造されたものです。




IMG_4160.jpg

別のスタンドで大きな長方形の皿も見つけたのだけど、状態が良くなかったので大皿のみ購入。




IMG_2664.jpg

昨年までに揃ったのがこれら。
大皿類ばかりなので、今のところ1枚しかないディナー皿を揃えたいところ。
1983年以降には復刻版も出てる(皿の裏の窯印が違う)ようなので、良い状態で枚数揃えられる可能性大!

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

Roissy-en-Brie・1930年代ル・クルーゼのレギュミエ

2014年4月27日(日)の2ヶ所目は、1ヶ所目のグレッツ・アルマンヴィリエから北西に10kmほど行ったロワシー・オン・ブリーのブロカント。

小雨が降ったり止んだり、太陽が出たかと思ったら急に真っ黒な雲出現と不安定な天候。
ここのブロカントは広範囲にわたってスタンドが立っているので、かなりの距離歩かなくてはいけない。
半分も見ないうちに土砂降りの雨。
傘にレインコートにレインブーツと完全防備だったのに強風のせいでびしょ濡れ。
なんだかもう見る気を失ってしまって退散することに。





blog20.jpg

収穫があったので途中退散。

見つけたのはル・クルーゼのレギュミエ(Légumier)と呼ばれる野菜料理用の鍋。
1930年代に製造・販売されたもの。





blog18.jpg

小さい方は直径12㎝、大きい方は16㎝。
16㎝の方は、一人分の鍋焼きうどんとかすき焼き、雑炊などに良さそう。
12㎝の方は、小さすぎて何に使えば良いのか見当がつかない。
売り主さんもきっとそうだったのか、使用感が全くありません。





blog19.jpg

裏側から見た取っ手は耳たぶみたい。
4年ほど前に復刻版が出たようだけど、そちらは平らな取っ手。
やっぱりヴィンテージの方のデザインに惹かれる。




blog21.jpg

昨年手に入れた片手鍋と同じ色。
この色とデザインは、ル・クルーゼが買収したオランダのDRUの製品そのまま。




IMG_4171.jpg

気温が低めなのであったかい鍋焼きうどん。
冷めにくい、洗い物が少なくて済む、一人分の鍋にぴったり、と便利づくし。
家族分欲しいけど、見つけるのは難しそうです。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

該当の記事は見つかりませんでした。