Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入り、時々美味しい物も紹介します
MENU

Rozay-en-Brieのブロカント・バドンヴィレの深皿10枚

2015年4月12日(日)の一か所目、毎年恒例の77県ロゼイ・オン・ブリーのブロカント。









街の入り口付近に駐車場があって、道路を挟んで小さな川が流れている。
鴨が泳ぎ、水仙が咲いていて、その奥には子供の遊び場や芝生が広がる公園があるので、ブロカントを見終える頃が丁度お昼時と見込んでサンドイッチ持参でピクニックしました。
とても気持ちの良い場所。






20度超える気温でメインストリートはすれ違うのもやっとなくらい人で溢れていました。






ショコラメーカー、ショコラ・ムニエの古い木箱。
中を綺麗にして雑誌やおもちゃ入れにすると良さそう。




blog20_201504131710466ba.jpg

バドンヴィレの深皿10枚見つけました。
全てヒビ、カケ、シミ、カトラリーの使用跡もない完璧な状態。





blog21_20150413171047838.jpg

一か月前に買ったカフェオレボウルと同じ柄。

そんなに好きな柄ではなかったけど、状態が良くて安かったので買ったカフェオレボウル。
お揃いの深皿を見つけたら、イマイチ、と思っていた柄でもやっぱり揃えたい。
しかも短期間の間に見つけるなんて運命かも、なんてたかが食器ごときに大袈裟ですがそんな風に思ってしまいました。





blog27_20150415162052a5f.jpg

マークス&スペンサーがパリに再上陸して以来の我が家の定番朝ごはん、フルーツのスコーン。
チェダーチーズのスコーンも少し温めるともっちりしていて美味しいし、何と言っても食パン!フランスのと違ってふんわりしている。
フランスのスーパーの食パンは焼かないと化学薬品ぽい匂いがして苦手(賞味期限が一か月くらいあるから相当色々入ってるんでしょう)。
M&Sのは焼かずに美味しい!

20年ほど前の初めてのパリ滞在でバゲットのサンドイッチに飽きた時に、食パンのサンドイッチを買いにBHVとプランタンのそばにあったM&Sによく行ったものでした。
今ではパリのあちこちに店舗が増え、特に食品売り場が充実していて楽しい。






ジャムやハーブティー、ショコラもパケ買いしてしまう可愛さです。

マークス&スペンサーのサイトはこちら→

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ  

スポンサーサイト

パリ12区のブロカント クーザンスとル・クルーゼ

2015年3月22日(日)、パリ12区ミシェル・ビゾー通りのブロカント。



朝早かったので、取り敢えずすぐそばのドメニル通りのパン屋、Vandermeersch(278 Av Demesnil 75012 Paris)で腹ごしらえ。
ショッソン・オ・ポム、美味しいです!
自宅近くにこんなパン屋があったら毎日幸せだろうなぁ、マルシェも立つし羨ましい。







結構スタンド数多かったし、久々のパリのブロカントだったけどこの後予定が入っていたのでゆっくり見れなくて掛け足になってしまったのが残念。
小さい額縁とかたくさんあってゆっくり見たかった。





blog16_201503231727229f7.jpg

とりあえず見つけたら買う(自分の中で設定している上限を超えていなければ)と決めているル・クルーゼ。
人と会う予定があったのに重いのを2つ。
1日中これらを抱えてパリを歩く羽目になって、翌日は肩が痛くなりました。
鍋じゃなくて良かったけど…。
16センチの黄色いル・クルーゼのスキレット。
22センチのオレンジ色のオーブン皿、少し前に買ったこれと同じなんだけど、今回のはクーザンスです。





blog14_201503231722002c2.jpg

黄色はパステルではなく、濃い目のグラデーション。
片手鍋とお揃い。






いくつか用事を済ませて友人とお茶しに行ったのは、昨年秋にチュイルリー公園そばの石造りのアーケード内にオープンしたセバスチャン・ゴダールのサロン・ド・テ。

9区のブティックは接客が冷たい感じで、行く度に苦手に思っていたのだけど、こちらのサロン・ド・テはとても丁寧で感じが良く居心地が良かったです。

[Sébastien Gaudard - Pâtisserie/Salon de thé ]
1 rue des Pyramides, 75001 Paris
Salon de thé : Mardi au Dimanche 9h - 19h
La Pâtisserie : Mardi au Samedi 10h - 20h/Dimanche 10h - 19h


[Sébastien Gaudard - Pâtisserie des Martyrs]
22 Rue des Martyrs, 75009 Paris
Mardi au vendredi : 10h – 20h
Samedi : 9h – 20h
Dimanche : 9h – 19h




blog25_2015041402342144b.jpg

帰って来てから早速使いました、「孤独のグルメ」で出てきてものすごく美味しそうだった「マッシュルームガーリック」。
石づきをとったマッシュルームをオーブン皿に並べ、みじん切りのにんにくと塩をふりかけ、マッシュルームが1/4ほど浸るようにオリーブオイルをかけて、200度のオーブンで10分ほど。最後にパセリを散らして出来上がり。

ドラマの中の五郎さんのように、バゲットにオリーブオイルを漬けて食べます。簡単で美味しい。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ  

Tournan-en-Brieのブロカント・クーザンス片手鍋

2015年3月15日(日)の2か所目は、Tournan-en-Brie(トゥルナン・オン・ブリー)のブロカント。

blog6_20150316171955656.jpg



ブロカントは工場地帯で開催されたけど街の中心部はこんな感じ。
100年ほど前の絵葉書と現在を比べてみた。

これらの建物の裏の教会は戦争で破壊されモダンな教会が建てられてるけど、写真の建物や石畳は姿変わらず健在。






blog12_2015031620142666a.jpg

今年で5年目、昨年はものすごくスタンド数が増えていたので今年も期待して行ったら昨年の半分くらいしかなくて拍子抜け。

収穫は、クーザンスの直径18センチの片手鍋だけ。
取っ手がウッドハンドルで、注ぎ口があるので使い勝手が良い鍋です。
これに蓋が有れば尚良し。




blog13_20150316201427d42.jpg

売り主の60代くらいのマダムが、重くてもう無理、と言っていた。
今まで沢山ル・クルーゼの鍋を買ってきたけど、このセリフ何度聞いたことやら。
私もそのうちそういう理由で手放す日が来るんでしょうか。




blog19_201504030210342ae.jpg

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

Vaudoyのブロカント・銀のスプーンとカフェオレボウル

2015年3月15日(日)の一か所目、パリから東へ70kmの小さな街、Vaudoy-en-Brie(ヴォードワ・オン・ブリー)のブロカント。
毎年3月と10月にあるけど、昨年の10月は行けなかったので1年振り。

ここ最近のブロカントは、ブロカントと謳っているけど実際は子供服やおもちゃが殆どのヴィッド・グルニエばかり。
でもここは古道具の割合が多くてほんとに楽しい。

アジア人が珍しいのかよく話し掛けられるし、既に顔馴染の人からは今年も遠いところよく来たね(うちから30㎞あるけど国道をひたすら真っ直ぐなので20分くらいしか掛からないし、何よりこの街のブロカントが好きなので遠く感じない)と声をかけられていっぱい会話も出来て更に楽しい。



年配のマダムがやっているこのスタンド、あちこちのブロカントで見掛けていつも何か見つけます。
この日はまだ早朝だったので品出しの最中だったけど、きちんと並べられてるので高いのかと思いきや呆気ないくらい安い。




blog9_20150316194127518.jpg

今回はこのマダムの所で銀メッキのティースプーン4本とカフェオレボウルを見つけました。




blog10_20150316194128369.jpg

4本とも同じように見えるけど微妙に違っていて、右2本はArmand Frénais(アルマン・フレネ)という金銀細工メーカーのもの。





blog11_2015031619413075e.jpg

裏にメーカー名、銀の厚みを示す数字、ポワンソンと呼ばれるフランスのシルバーマークが入ってるのは分かるのですがもう潰れてしまって何のマークか読解不能。
かろうじて2本だけはメーカー名の刻印だけは判読できました。




blog7_20150316174026802.jpg

現在のスプーンより窪みが若干深いので実際のところ食べにくい。
口に運んだあと、窪みに食べ物が残ってしまうこと多々あり。
でも先のとんがりとか、フォルムが美しいのです。




blog8_20150316174747e8e.jpg

高台が特徴的なFB(FranceまたはFaïence、Badonvillerの略)とバドンヴィレのマークが入っているボウル。

前にも書いたと思うけど、ロレーヌ地方のバドンヴィレは戦時中はドイツの占領下にあったので、この間(1940年あたり)の製造物にはフランス語及びフランスを表す文字を入れることができずFBのみのスタンプが入ってる。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

Ponteault-combaultのブロカント・ホーロー蝋燭立て

2015年3月8日(日)、77県ポントー・コンボーのブロカント。
気温は18度くらいまで上がり、半袖の人もチラホラ。




カルフールの駐車場での開催は昨年秋に続き2度目。
秋の時よりスタンド数はかなり多い。

ものすごく広い駐車場の3分の1程度がブロカント会場。
好天で人出が多かったけど残りの部分に車を停めれるので、駐車場を探してウロウロすることもなくとても便利。




blog17_201503232224592de.jpg

ここで買ったのはホーローのロウソク立て。

受け皿の白色が見えないくらい全体に溶けたロウがこびりついていた上に埃まみれで、汚れ落としに難儀しました。
最初の値段の半額まで値切って良かった。




blog18_20150323222500ace.jpg

奥の2つと比べると分かるけど、すごく大きい。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ  

該当の記事は見つかりませんでした。