FC2ブログ

Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入りの紹介、フランス各地を訪れた旅の記録。
MENU

ロワール・ブルゴーニュの旅⑭Sens

旅の最後に寄ったのはサンス。

sens4.jpg

12世紀前半に建て始められた初期ゴシック建築最古のサン・テティエンヌ大聖堂(La cathedrale Saint-Etienne)。
北塔(左側)が1140年以前に建てられた一番古いゴシック、南塔は1268年の崩壊後1532から34年に再建築されたフランボワイヤン様式。





sens3.jpg

「聖ステファンの門」






sens2.jpg

翼廊の高窓のステンドグラス。
12~17世紀のステンドグラスが残っているそうだが、これは中世的。






sens1.jpg

北側のバラ窓、1516年制作。
天使の音楽隊がいて、軽やかな印象です。






sens5.jpg

フランボワイヤン様式の南塔。






sens6.jpg

大聖堂の南側は、1234年に建てられたブルゴーニュ地方特有の屋根を持つ司教区会議(Palais synodal )とサンス司教邸(Palais archiépiscopal)に囲まれて中庭のようになっている。
司教邸は現在はサンス美術館(Le Musees de Sens)となっている。






sens7.jpg

中世にはパリ、イル・ド・フランス南部を管轄する大司教座がおかれて、パリのマレ地区にある「王妃マルゴ」が住んでいた美しいサンス館は、サンス大司教がパリ滞在時に利用した館。






sens8.jpg

サンス美術館の壁は、石とレンガつくりの初期ルネッサンス様式。
ホタテ貝とモール人の頭の像、サンス司教の紋章の彫刻で飾られている。






sens9.jpg

サンス美術館の裏側に回ると花が咲き乱れるフランス庭園、日本人画家の展覧会が行われていたオランジュリーの庭。






sens10.jpg

Jardin de l'Orangerie
135 rue des Déportés et de la Résistance,
89100 Sens






sens11.jpg

さらに庭園の裏に回ると大聖堂の後陣が見えます。






sens.jpg

大聖堂の目の前にはレピュブリック広場を挟んで、1882年建設の鉄骨の屋根付き市場。






sens12.jpg

レピュブリック広場には石の建物と木組みの家が混在している。
裏手の通りは16世紀の木組みの家が立ち並び、地上階はブティックで商店街となっている。






sens13.jpg

市場の横には16世紀に旅籠屋(Auberge du Pointe)だった建物が建っています、現在はレストラン。






sens14.jpg

壁にはポエムみたいなものと、ラテン語みたいなものが刻まれている。

サンス観光案内所
http://www.tourisme-sens.com/
Place Jean Jaurès
89100 Sens

最後の最後になって雨が降り始めたので、滞在1時間ほどで切り上げ帰途へ…。

2017年はブルターニュ地方に行くはずだったのに、なぜか2度もロワール、ブルゴーニュ地方への旅となりました。
ブルゴーニュも北の方のみで、ディジョンやボーヌには行ったことがないのでまたの機会に行ってみたい。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

スポンサーサイト

ロワール・ブルゴーニュの旅⑬Joigny

joigny19.jpg

ブルゴーニュの北、ジョワニーの街。
7月下旬の旅行の時に行く予定だったけど行けなかったので、今回やっと行けました。
この旅の中で一番気に入った街。





joigny.jpg

丘の上に広がるのはブドウ畑。

左岸に車を停めて、ヨンヌ川にかかるサン・ニコラ橋(LE PONT SAINT NICOLAS)を渡り、旧市街へ。
まずは観光案内所で地図をもらい、見どころを順序良く回れるようルートが記してあるのでその通りに歩きます。

ジョワニー観光案内所 
http://www.joigny-tourisme.com/
4 quai Henri Ragobert
89302 JOIGNY





joigny4.jpg

緩い登り坂になっていて、もうすでに良い雰囲気で気分が高まります。
案内所の向かい側ではマルシェが開かれていたので、ちらほら人の往来がありました。
すれ違うほとんどの人が、「ボンジュール」と挨拶をしてくれたり、うちの子供たちに話しかけたり(怪しげな感じではない)して、ちょっと嬉しいびっくり。





joigny1.jpg

ガブリエル・コルテル通り(Rue Gabriel cortel)に建っているのは、16世紀の木組みの「サン・ジャン・ポルト・ラ・ティヌの家(La Maison Saint Jean Porte La Tine)」。
柱にはピエタや聖ジャンが刻まれていて宗教性が高い。





joigny2.jpg

良い雰囲気の路地です、こういう所を通るとわくわくして、この先に何があるのか期待してしまいます。





joigny5.jpg

細くてかび臭くて薄暗い教会の裏道を通って、サン・チボー教会(Eglise St-thibault)へ。
百年戦争で被害があった後、ゴシック・フランボワイヤン様式で再建築され1529年に完成。
その後の1530年の大火事で焼けてまた再建築されたという。





joigny21.jpg
Chevalier Thibault

扉の上には、1507年ジョワニーに生まれた彫刻家、 Juan de Juni作の「Chevalier Thibault」(騎士姿のチボー)」。





joigny6.jpg

キリストと一緒に処刑された2人の合わせて3体の磔刑。
昨年行ったバル・ル・デュックの教会でも見た。





joigny7.jpg

ここのステンドグラスが素晴らしかった。
バラ窓は16世紀のものだけど、他のステンドグラスは18~19世紀のもの。





joigny20.jpg

古くはないけど、ブールジュやサンス(ジョワニーの後に訪問)のより好きだなと思った。





joigny8.jpg

サン・チボー教会の広場に面した装飾の多い「ピロリの家(La maison du Piloli)」。
聖人(主に聖バルブとシエナの聖カトリーヌ)の彫刻で飾られている。





joigny9.jpg

釉薬をかけて焼いたテラコッタがモザイクみたい。
家は16世紀のものだけど、「1842」と記されている、彫刻は後で付け足されたのだろうか?





joigny10.jpg

ここでもドラゴンを見つけました!
ブールジュの家で見つけた緑のドラゴンと同じデザインです。





joigny3.jpg

なんて良い雰囲気の小さな通り!
この通りの家の窓の外で寝そべっていた白黒の猫がぴょんと降りてきて、私たちの後をしばらくずーっとついて来ました。
本屋の店先の白い大きな犬もおとなしく触らせてくれたし、人も動物も良い感じに距離が近い。





joigny12.jpg

ジャン・ド・ジョワニー広場(Place Jean de Joigny)。
右側の家は16世紀の「エッサイの木の家 (La Maison de l'Arbre de Jessé)」。
「Jessé」というのは、日本語読みではエッサイ、古代イスラエルのダヴィデ王の父親の名前。





jpigny23.jpg

壁に這うように樹のモチーフの彫刻があります、「キリストの系統樹」がテーマ。
系統樹は12~15世紀にキリスト教美術界で良く描かれていた。
初めて見ました、珍しいものらしい。





joigny22.jpg
La Porte du Bois

森に面する街の北の出入り口であった13世紀の城壁の一部、「La Porte du Bois 木の門」。





joigny11.jpg

変わった通りの標識を見つけました。
左側の「rue des fromages フロマージュ通り」は鏡文字になっています。





joigny14.jpg

ジャン・ド・ジョワニー広場から坂道を上って街の一番高い所へ。
サン・ジャン門の奥に見えるのは、ジョワニーで最も古い教会、サン・ジャン教会 (Eglise St-Jean) 。

裏にはフィレンツェに起源をもつ貴族、ゴンディ家のルネッサンス様式の城がある。
百年戦争や街のほとんどを焼き尽くした1530年7月12日の火事でこの教会も焼けて、後に上の部分はゴシック様式を残し、下の部分はルネサンス様式に修復された。





joigny16.jpg
La Maison du Bailli

教会前にも凝った木組みの家16世紀の「 バイイの家 La Maison du Bailli 」があります。
柱は聖人像の彫刻で装飾されている。





joigny17.jpg

ここにもドラゴンが。
もしかして木組みの家にはこのドラゴン、ブールジュで見るまで気づかなかっただけで珍しくないのでしょうか?
魔除けとか、建物を守るためとか意味があるのでしょうか?

と、やっとここで調べる気になりました。
「Engoulant(獣や魚の口を意味するgueuleが語源)」や「Rageur(怒りっぽいという意味)」と呼ばれるもので、獣や魚の口が建築でいう桁や小屋梁、雨どい、柱の先端に彫刻されたもの。
主に、ドラゴンの頭、ワニ、蛇が用いられる。
ドアや窓の周り、家や城の梁にも装飾される。
ボーヌのオスピス・ド・ボーヌのが有名らしい。

ガーゴイルと呼ばれる雨どいのはよく気づくけど、梁を飲み込んでいるのは今まで気づかなかったので、今度から注意してみてみようと思います。
ガーゴイルのように、建物の中から外へ罪を吐き出すとか、建物を守護するための動物像とか、同じような意味で彫られているのだと思う。





joigny18.jpg

教会の裏手の家が立ち並ぶ通りを歩いていたら、古いベビーカー(というより乳母車と言いたい)の中に植えられた植物。
廃自転車とか井戸とか花や植物で飾って上手く再利用しているのをよく見かけるけど、そのセンスとアイデアにはいつも感心します。





joigny15.jpg

教会前広場から下の街を見下ろす小径を下って戻ります。

勝手に小さな村かなと想像していたら、思っていたより大きな街でした(人口9000人ほど)。
見どころはぎゅっと詰まっているので見学しやすいし、珍しい古い家々や、タイムスリップしたかのような薄暗い路地があってとても好みな街でした。
パリからは車で1時間半くらい、散策に良い街。
我が家には無縁だけど、「La Côte Saint Jacques」という3つ星レストランと同名のワインが有名だそうです。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

該当の記事は見つかりませんでした。