FC2ブログ

Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入りの紹介、フランス各地を訪れた旅の記録。
MENU

Fontenay-Trésignyのブロカント リンゴ柄と花柄のカフェオレボウル

2018年9月9日(日)、また夏の陽気に戻ってお天気の良い1日だったので、6か所のブロカントに行ってきました。
6か所も回ったのは初めてかも。
どこも春のブロカントに比べたら、秋のブロカントは規模が小さいとはいえ家に着いたら歩き疲れてぐったり。




午前中に3か所。
Fontenay-Trésigny (フォントネー・トレジニー)
Neufmoutiers-en-Brie(ヌフムーティエ・オン・ブリー)
Villeneuve-le-Comte(ヴィルヌーヴ・ル・コント)




fontenay_20180910170538ffe.jpg

1か所目のフォントネー・トレジニーではカフェ・オレ・ボウルを4個見つけました。






fontenay2_20180910170537272.jpg

リンゴ柄2個。
未使用品みたいに状態良好です。
売り主さんのテーブルには、写真を撮らせてもらえば良かったと後々後悔したのですが、70年代のヘンケルのリンゴ柄グッズがたくさんありました。
ショットグラスみたいな小さなグラス大、小各5個くらいに、見たことないシフォンだとか大きなピッチャー、キャニスター5個くらいあったかな、全部まとめて50ユーロ、この数でこの値段は安いと悩んだけど、カフェオレボウルのみ購入。






fontenay1_20180910170535bd3.jpg

他のスタンドではこれまたカフェ・オレ・ボウル2個。
青いステンシルの花柄で直径18センチもある特大ボウル。
こちらもピカピカ光って良いコンディションです。





fontenay3_20180910170534a47.jpg

2か所目のヌフムーティエ・オン・ブリーでは手ぶらで、3か所目のヴィルヌーヴ・ル・コントではル・クルーゼのスキレットのみの収穫でした。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

スポンサーサイト



Guérardのブロカント ル・クルーゼのフォンデュ鍋とミルクガラスのランプシェード

2018年8月25日(土)、77県ゲラールのブロカント。







guerard1.jpg

数年ぶり2度目。
古くて可愛い家が多いので、何か見つけられそうな期待度が高い街です。






guerard.jpg

玄関先のスペースにズラリと古い食器や額縁を所狭しと並べていたお宅。

クレイユ・モントローの「Japon」というモデルの皿や、カフェ・オ・レボウルなど色々あったけど、保管状態がとっても悪く残念だった。





guerard5.jpg

買ったのはル・クルーゼのフォンデュ鍋と、ミルクガラスのランプシェード3枚。






guerard4.jpg

この2週間前のブロカントでは、これと全く同じ形、色でマーガレット柄のフォンデュ鍋を買ったけど、これはそのまんま「fondue フォンデュ」と書いてあります。
ちゃちゃっと書いた風が可愛い。





guerard3.jpg

取っ手にも野菜の絵。

1968年に発行された雑誌に載っているル・クルーゼの広告に、このフォンデュ鍋も掲載されていているので、60年代の物です。







guerard7.jpg

縁が透明ガラスのミルクガラスのランプシェード。

3枚で5ユーロとお買い得でした。






guerard8.jpg

寝室と居間以外は裸電球のままで、いつかランプシェードを買って取り付けようと思いながら引っ越してきてもう8年が経つ。
一気に3枚同じ型が手に入ったので、玄関と廊下とトイレに付ける予定。
取り付けるための付属品が付いていれば尚良かったのだけど、アンティーク調の物が確かホームセンター的な所に売ってあるはず。








lamp.jpg

とりあえず家にあった付属品と電球で取り付けてみました。
見た目は可愛くなったけど、ランプの傘で光を遮らないため裸電球と同じ明るさ。

天井が高いので、上げ下げ出来る滑車付きのランプシェードがいつか欲しい。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

Provins散策②中世の地下道(les souterrains)見学

プロヴァンには何度も来ているのにいつも通り過ぎるだけだった地下道を見学しました。
中世の頃に掘られたという蜂の巣のように張り巡らされた地下道、不思議な空間でした。
外は35度だったので、1年中12度に保たれているという内部はひんやり気持ち良かった。

見学は約45分のガイド付きのみ。
チケット購入時に次、または空いている時間のツアーを予約します。
この日は日曜でかなり混んでいました。
最大25人で催行、1/3は英語圏の人達だったのでフランス語と英語でのガイドでした。





provins9.jpg

旧市街に入ってすぐ、サン・チボー通りに面した坂の登り始めの左手にある施療院 (Hôtel Dieu) だった所に、地下道 (Les Souterrains) の入り口があります。






provins10.jpg

施療院からサン・チボー通りを渡り、斜め向かいが出口。
全長3キロメートルのうち、約250メートルの迷路のような地下を歩く。





provins11.jpg

この地下道、元々は中世の時代、毛織物産業が盛んだったころ、羊毛の染み抜きに使うための鉱物を採掘していた石切り場だった。
四方八方に道があって本当に迷路、暗いし方向感覚が失われてはぐれたら大変なことになりそう。






provins6.jpg

のちに個人の貯蔵庫として使われ、穴の入り口には扉がつけられていたが跡があり、炭で所有者の名前が書かれていたり、彫られていたり・・・。

これは「1867」と右の方に書かれているけど、1867年に貯蔵したワインの本数がメモされているそうだ。






provins8.jpg

こちらの所有者は「LOUIS ルイ」さん。
1789年、フランス革命の年に書かれたもの。





provins7.jpg

向かいの壁にはルイさんが、王冠を被ったルイ16世のデッサンを残している。
首の横線=ギロチン痕なんだろうか?






provins13.jpg

この穴倉は唯一黒く塗られた所。
言われてみればそう見えるけど、奥の方に白いドクロマークが書かれている。





provins5.jpg

1788年に刻んだのは「CLEMENT クレモン」さん。

貧民のための病院だったため、子供が彫ったであろうデッサンとかもある。
三角や渦巻模様などフリー・メイソンを想像させるものもあったり、第二次世界大戦中にはレジスタンスが使っていたとの説もあるそうだけど、資料や文献は何も残っていないのでその説は定かではないそう。

中世の病院跡、フリー・メイソン、刻まれた名前やメモ、迷路のような暗い地下・・・、ミステリー・スポットみたいです。






provins12.jpg

天井が崩れ落ちないように、教会や聖堂で良く見られるヴォールトと呼ばれるブロック状にした石を積み上げた構造になっている。

★Les Souterrains (地下道)のみの入場料
大人4、50ユーロ
4歳~12歳 3、0ユーロ
3歳以下 無料

3 rue Saint Thibault
77160 Provins


★セザール塔、地下道、グランジュ・オ・ディーム、プロヴァン美術館の4か所を見学できるお得なパスPASS PROVINSもあります。
一年間有効。
大人12ユーロ
4歳~12歳 8,50ユーロ

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

Provins(プロヴァン)散策①

シャンスネのブロカントの後は、シャンスネから車で15分程の中世市場都市プロヴァンの街を散歩。






provins17.jpg

旧市街(Le Châtel)の坂を登り切ったところにそびえるセザール塔(左)と、丸いドームが印象的なサン・キリアス参事会管理聖堂(右)。






provins18.jpg
La tour César

12世紀に建てられたセザール塔。
上に登るとプロヴァンの街並みを眺められるけど、数年前に登ったので今回はパス。

大人4、3€
5~12歳 2、8€






provins21.jpg
Collégiale Saint-Quiriace

12世紀に建設が始まったサン・キリアス参事会管理聖堂。
資金難の為工事が途中でストップし未完成のまま。





provins22.jpg
Collégiale Saint-Quiriace

内部はとても明るく、柔らかい印象です。





provins14.jpg
La place du Châtel

豪華でクラシックなメリー・ゴーランドと木組みの家に囲まれているシャテル広場。





provins15.jpg
La place du Châtel

シャテル広場の周りはレストランがたくさん。
日曜のお昼時、どこも人で溢れていました。

クレープ屋とかはツーリスト向けな感じだし、数年前薔薇のお茶を買ったブティックのマダムにお勧めされたレストランで食事したことがあるけどいまいちだった(多分マダムが作った薔薇のジャムをデザートで使っていたので勧められたんだと思う)ので、我が家はプロヴァンに行く時はピクニックの準備をして、サン・キリアス参事会管理聖堂前の広場で食べることにしている。

薔薇のジャムは、アイスクリームにかけて食べると美味しかったです。





provins24.jpg

新市街(Le Val)の方へ向かって坂を下る途中で見える風景。





provins23.jpg

個性的な装飾の古そうなドア。





provins20.jpg

「1623」と刻まれていたファサード。
凝った装飾の古い建物をあちこちで見ることができます。





provins16.jpg

薔薇の花の中にマリア像。





provins3.jpg
Église Saint-Ayoul

中世の頃、定期市が開催されていた新市街の広場に建つサン・タユール教会、1048年に建設が始まった。






provins4.jpg
Église Saint-Ayoul

正面扉には遠くからでも目を引く黒いブロンズの装飾。






provins2.jpg
Église Saint-Ayoul

どこかで見た特徴のある彫像だと思ったら、昨夏ブルージュのジャック・クール宮殿内でエキスポジションをしていた現代彫刻家のジョルジュ・ジャンクロの作品、1990年に制作されたもの。

ジャック・クールの館内でも違和感なかったけど、この古い教会ともうまく調和している。






provins1.jpg

サン・タユール教会そばに見えるのは、ノートルダム・デュ・ヴァルの塔。
ノートルダム・デュ・ヴァル教会はフランス革命で破壊され、塔だけ残っている。





provins19.jpg

新市街も木組みの家が立ち並んでいる。
旧市街も新市街も見どころがたくさん。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

Champcenestのブロカント ル・クルーゼ マーガレット柄片手鍋

2018年8月12日(日)、初めて行った街、シャンスネ。



うちから45分も掛かるけど、この日の77県のブロカントはここ一か所だけだったので行ってみた。





champ.jpg

告知では多くて100スタンド、となっていたけど200はあったかも。
想像以上に大きかった。





lec.jpg

買ったのはル・クルーゼの鍋だけ。






lec2.jpg

グレーにマーガレットの柄。
本来なら多分、蓋があるはず・・・。

以前にもブロカントで見掛けたことがあるけど、レトロを通り越してなんか古臭いデッサンだなと思い買わなかった。
最近は片手鍋といえばオレンジのばかりで面白くないと思っていたし、もしかしてこのデザインのは珍しいかも?ということで購入。






lec1.jpg

胴長なので卵とか少量のパスタを茹でるのに吹きこぼれなくて良い。




le27.jpg

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

該当の記事は見つかりませんでした。