FC2ブログ

Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入りの紹介、フランス各地を訪れた旅の記録。
MENU

Liverdy-en-Brieのブロカント ミニ鍋敷きとフラ・アンジェリコの絵

2019年5月26日(日)、3ヶ所行って収穫があったのはリヴェルディ・オン・ブリーのブロカントだけ。




芝の運動場がブロカント会場。
前夜の雨で足元が酷い事は予想出来たので雨靴と、履き替え用の靴、汚れた雨靴を入れるビニール袋など準備万端で出掛けます。
晴れてても朝露で芝が濡れてて靴にくっつきまくるのでここのブロカントはいつも雨靴必須。





liverdy3_20190528165338889.jpg

直径9センチの小さな鍋敷き2枚。
ままごと用?






liverdy4_20190528165340b8f.jpg

白の鋳物の鍋敷き、大好きです。
こんなに要らないのにどんどん集まってきます。

大は小を兼ねるで、この小さな鍋敷きの出番はなさそうですが・・・。





liverdy2_2019052816533773d.jpg

同じスタンドで額縁に入ったフラ・アンジェリコ(本名はグイード・ディ・ピエトロ  Guido di Pietro 1400年頃~1455)の絵2点。
ルネッサンス期、フィレンツェで活躍した画家で修道士。
フラ・アンジェリコとは、天使のような修道士という意味。

もう何十年も前、フィレンツェを旅行中の友人が送ってくれたポストカードの絵で初めてフラ・アンジェリコを知りました。
ポストカードは有名な「受胎告知」の絵で、ピンクの衣装の大天使ガブリエルに一目惚れしました。
フィレンツェのサン・マルコ修道院の僧房の壁に描かれている、見に行ってみたい。






liverdy_201905281653347eb.jpg

この絵はサン・マルコ美術館所蔵のもので、フィレンツェの亜麻織物業組合からの依頼で1433~35年に掛けて描かれた「リナイウォーリ三翼祭壇画」の一部。
開閉式の扉が付いたもので、扉を開けると母子像が描かれていてその周りに12人の楽器を持った天使がいます、これはそのうちの一人でヴァイオリンを持っている。






liverdy5.jpg

裏側。
マリー・フランソワーズ・ビュイッソンちゃんのファーストコミュニオン(初聖体拝領)に、ル・キュル氏から贈られたもの。
一番下の行が解読不明ですが、キュル氏ともう一人の贈り主の名前でしょうか、それともキュル氏の住んでいる街の名前?
「Communion privée」 とあるので7~8歳で受けるコミュニオン。






liverdy1_20190528165336ae7.jpg

こちらの天使が持っているのは「プサルテリウム」という共鳴箱に弦を張った弦楽器。
12~15世紀にヨーロッパで普及していて、胸に抱えて指ではじいたり、膝の上で弾いたりしていたそうだ。






liverdy6.jpg

マリー・ノエル・ビュイッソンちゃんの聖体拝領の時の贈り物、同じくル・キュル氏から。
多分姉妹なんでしょう。
こちらには「Communion solennelle」と書いてあります、10~12歳で受けるコミュニオンのこと。

サン・マルコ美術館を訪れたル・キュル氏が、美術館のブティックで買い求めて姉妹のコミュニオンのお祝いに贈った、といったところでしょうか。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

スポンサーサイト



Champeauxのブロカント 「ママ」フォンデュ鍋

2019年5月25日(土)、いとこの家でのバーベキューに呼ばれていたので、その通り道の村、シャンポーのブロカントに寄ってみた。




champeaux3.jpg

夕方だったし、雨が降ったり止んだりしてたせいでなんとスタンド2つだけ。





champeaux.jpg

そのうちの一つのスタンドで、ル・クルーゼのフォンデュ鍋を買いました。
エンツォ・マリのデザイン、「ママ」シリーズ、赤は持ってなかったので…。





champeaux1.jpg

売り主さんによると午前中はもっとスタンドが出ていたそうだ。
そして車で通りの先まで行ったら、村の広場にスタンドが10ほど出ていました。

珍しい物ではないけど、とりあえず収穫があって良かった。





champeaux2.jpg

左側は黄緑のフォンデュ鍋、取っ手は全部黄緑で塗られてない。
赤の方は取っ手が全部塗られている。
作られた時期で微妙に違うのかな、こういう違いが面白くて収集がやめられない。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

Tournan-en-Brieのブロカント 極小カフェオレボウル6個とバスク柄の皿

2019年5月12日(日)、トゥルナン・オン・ブリーの中心部でのブロカント。



tournan12.jpg

お目当ては去年アイボリーのカフェオレボウル6個を見つけたスタンド、今年も出ていました。
道順無視して真っ先に向かいました。
昔はブルジョワジーが住んでいたようなアパルトマンで、通りに面した大きな扉の両脇に古い物を並べたスタンド、扉を入るとまた所狭しと古い家具や額縁、リネン類、食器類が並んでいてあれもこれも目移りして嬉しい大変さ。

早朝で、通りの人出はそんなになかったけど、このお宅だけは人でごった返していました。
次々に売れていくので気になった物は手に持っていたけど、両手が塞がってしまいあとで値段を聞こうと思っていた額縁と鏡が目の前で売れて行って、あ~と心の中で叫ぶ羽目に…。





tournan6_20190512172728239.jpg

でも期待通り今年もカフェオレボウルを見つけました。





tournan10.jpg

ままごと用でしょうか、とっても小さい、直径8センチ。
アイボリーの地に、小花柄。
6個ともとっても良い状態です。





tournan9.jpg

サルグミンヌの1920~50年頃のものです。





tournan11.jpg

ムーラン・デ・ルー窯のバスク柄のコンポティエ、果物を盛り付けるための脚のあるプレート。
ムーラン・デ・ルーにもバスク柄があるのは知らなかった。





tournan8_20190512172731144.jpg

コンポティエとお揃いの、こちらも少しだけ脚が付いているケーキ用のプレート。





tournan7_20190512172729c04.jpg

モデル名はそのまま「Basque バスク」で、1923年以降に作られたもの。





tournan5_20190512172727079.jpg

いろんな窯がバスク柄を作っていて、微妙に柄が違います。
コンポティエはムーラン・デ・ルー
ピシェはクレイユ・モントロー(モデル名はベアルン)
植物を入れているボンボニエールはジアン(モデル名はバイヨンヌ。蓋もあったけど、娘が落として割ってしまったので植物を入れています、涙)
皿はバドンヴィレー(モデル名なし)

バスク柄、きりっとしていてかっこいいです。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

Chanteloup-en-Brieのブロカント カフェオレボウル5個

2019年5月5日(日)、シャントルー・オン・ブリーのブロカント。



朝7時過ぎに到着したけど、既にすれ違うのも大変なくらいたくさんの人出でした。





chanteloup5.jpg

プジョーのコーヒーミルとか、カフェオレボウル色々、ホーローのキャニスターなど気になる物が並んでいたスタンド。





chanteloup4_201905052305354d1.jpg

品揃え、並べ方からしてプロのスタンドだけど、一応中央にある大きなボウルの値段を聞いたら10ユーロでした、状態は良かったけどやっぱり高い。





chanteloup_2019050523025018b.jpg

2つのスタンドで5個のカフェオレボウルを見つけました。





chanteloup6.jpg

白地に小花のレリーフが可愛いカフェオレボウル。
50代くらいの売り主さんのおばあさんのものだったそう。





chanteloup3.jpg

判読するの難しいけど、1930年頃のバドンヴィレー Badonvillerのものです。

陶器の質感がとっても良い。
表現力が乏しくてもどかしいのだけど、最近のツルツルピカピカの陶器とは全く違って、触ると釉薬で滑らかな表面だけど、釉薬をかける前の状態がざらついている感じなので見た目はざらつき感があり、細かい貫入も入っているし、なんというか年代物特有の味があるのです。






chanteloup7.jpg

白やアイボリーの食器ってやっぱり良いです、このボウル、凄く気に入りました。

白のボウルをコレクションしている人、多いのです。
その人たちによるとアイボリーではだめだそうで・・・。





chanteloup1_20190505230252a9d.jpg

続けて別のスタンドでもボウル3個、白地に緑の線が竹のよう。
3個で50サンチーム、安過ぎて心の中でニヤッとしてしまいます。






chanteloup2_201905052302535ce.jpg

右側のは左のと微妙に違うのだけど、すでに家にあるのと同じ柄、同じ大きさなので2個ずつ揃いました。

シャントルーの両隣の街でもブロカントをやっていたけど、春休み最後の日、家族でゆっくりお昼ご飯をしようと思い、買い物しておとなしく帰りました。
ボウル5個買って満足でした。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

Lieusaintのブロカント・プジョーのコーヒーミル

2019年5月1日(水、メーデー)、リウサンのブロカント。
令和初日もブロカントで始まりました。




早朝にオゾワール・ラ・フェリエールのブロカントに行ったけど、2時間も歩いたのに予想外に手ぶらで帰宅。

大きなショッピングモールの駐車場で開催のリウサンには場所柄期待せずに行きました。
古い家が少ない新しい街、という感じです。
予想通りやっぱり面白くなく、ここまでつまらないブロカントもここ数年体験してないなってくらい。




lieusaint6.jpg

最後の方は見る気も失せて帰ろうと思いたらたら歩いていたら、プジョーのコーヒーミルを見つけました。






lieusaint1.jpg

以前、これのペパーミントグリーンのを買わなかったことをその後数年間後悔したので、今回は状態を確認して迷わず購入。






lieusaint2.jpg

コーヒー豆を入れる所。
中の状態がとっても良い。






lieusaint3.jpg

挽いた粉を受け止める引き出し。

コレクション用ではなく、ちゃんと使いたいので状態は大事です。





lieusaint5.jpg

←Fin  Gros→ と書いてあって、左に回すと細かく挽けて、右に回すと粗挽きになる。
挽く時のガリガリっという音と手に伝わる感覚がたまりません。






lieusaint8.jpg

BODUMのフレンチプレスを愛用しているので、挽き具合は中~粗挽きです。

メタル部分が可愛いです、色違い、モデル違いで欲しくなってきました。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

該当の記事は見つかりませんでした。