FC2ブログ

Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入りの紹介、フランス各地を訪れた旅の記録。
MENU

Emmaüs 花形リム16枚

久しぶりにエマユスに行ったら、花形リム大収穫。


emmaus9.jpg

スープ皿11枚と、脚付きの皿2枚、ラヴィエ2枚、魚用の皿1枚。





EMMAUS4.jpg

ラヴィエはシミがひどいし、スープ皿はもう持ってるしで、脚付きの皿2枚と魚用だけ欲しかったのだけど、バラ売り出来ないとのこと。
全部で8ユーロという安さだったので買うことに。

脚付きの皿(左)は、スープ皿(右)と同じ大きさ。
すでに家にあるスープ皿よりひと回り小さい。
微妙な大きさの違う皿がどんどん集まってくる。





EMMAUS5.jpg

高さのあるケーキ用の皿、花形リムでは初めて見ました。





emmaus7.jpg

「Digoin Sarreguemines」のこのマークは1919年以前のもの。





EMMAUS6.jpg

魚まるごと一匹盛り付けられる皿は長さ58センチもある。

収納には困るけれど、来客時にアペリティフを並べてテーブルの真ん中にドンと置いたら見栄えがしそう。





emmaus8.jpg

魚用のだけ質感も色も微妙に違うし、状態完璧なので裏返してみたら違う年代の刻印で、1920~50年頃までに作られたものでした。

1919年以前のものは厚みが薄くて、ディナー皿、デザート皿にしても一回り小さくて華奢な感じ。
1920年以降のものは、厚みがあって質感も光沢があり滑らかで今どきな食器の感じで、やっぱり1919年以前のものの方が好みです。





emmaus10.jpg

本コーナーで1ユーロで見つけたフランスの村々の写真集。
表紙は行ったことのあるコンクの村の写真。






emmaus11.jpg

美しい村の写真がたくさんで、次の旅行はどこにしようかと夜な夜な眺めている。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

スポンサーサイト



La Chapelle-Gautierのブロカント ミュシャのティン缶と陶器のキャニスター

2019年6月16日(日)、77県ラ・シャペル・ゴーティエのブロカント。



chapelle1_20190616224107b25.jpg

ラ・シャペル・ゴーティエに来るまでに4か所回ってどこも空振りだったので期待して行きましたが・・・・。





chapelle_20190616224105fc5.jpg

1年前のブロカントよりかなり小規模になっていてここもいまいち。
教会と城の周りに50スタンドくらいしか並んでいませんでした。





chapelle3_20190616224109c10.jpg

何とか収穫品がありました、2つだけ。





chapelle4.jpg

バドンヴィレーの「DOC」というモデルのキャニスター。
SUCRE(砂糖)1個だけだったけど、このシリーズは集めているし、状態が良かったので購入。





chapelle5.jpg

ミュシャの絵のティン缶。
80~90年代頃の物でしょうか。





chapelle2_201906162241083ed.jpg

1896年にミュシャが描いた連作「LES ARTS 芸術」のひとつ、「LA DANSE 舞踏」。





chapelle6.jpg

中もまあまあ綺麗。





chapelle7.jpg

裏には
Made in England
Armstrong & Claydon
Bedford England
と、明記されている。

「Armstrong & Claydon」で検索するとヴィンテージのティン缶がたくさん出てくる。
キャンディーやクッキーのメーカーなのかと思っていたけど、キャラクターが描かれたメタルの貯金箱とか、筆箱みたいなのもあるのでティン缶のメーカーかも。

ミュシャの絵だったので買ったけど、ボンボン入れに良さそうです。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

該当の記事は見つかりませんでした。