FC2ブログ

Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入りの紹介、フランス各地を訪れた旅の記録。
MENU

フランス南西部の旅⑥Alet-les-bains ノストラダムスの家と中世の街並み

アレ・レ・バンの教会と街散策へ。

この街、ユダヤに関するものとか、ノストラダムスの家とか、六芒星のマークだとかがあちこち溢れていて、中世の街並みと相まってなんだか謎があるようなミステリアスな街でした。

アレの少し南、ブガラッシュ (Bugarach)村は2012年12月21日(古代マヤ文明が終わる日)に地球が滅亡する際、唯一生き残れる場所と噂されたことで有名。
なんでもブガラシュの山の地層は、上の方が古く、下の方が新しいという不思議な現象からそう言われるようになったそう、2012年地球が滅亡することはなかったけど、地層のことはとっても不思議。
この辺り、そんな噂も信じてしまいたいくらいミステリー感漂う地方です。


alet39.jpg

廃墟の修道院の隣に建つ14世紀に建設が始まったゴシック建築のサン・タンドレ教会。

窓のデザインが六芒星。
古文書によるとユダヤ人によって発注されたんだそう。
カトリック教会じゃなかったってことなんでしょうか?

Église Saint André
55 Rue du Séminaire
11580 Alet-les-Bains





alet17.jpg

歪んだタンパンが古さを感じさせます。

入り口の所には宗教戦争で使われた砲弾が展示してありました。





alet18.jpg

内陣。





alet19.jpg

ダヴィデの星ともソロモンの印(Sceau de Salomon)とも呼ばれる六芒星の中に描かれているのは、聖母マリアを描く絵画の守護聖人である福音伝道士リュック (Saint Luc)。






alet21.jpg

14世紀のフレスコ画。
修道僧の生活が描かれている。





alet22.jpg

聖ブノワ礼拝堂の天井にも六芒星。





alet23.jpg

14世紀のフレスコ画が教会のあちこちに残っている。





alet24.jpg

アレの司教を40年務めたニコラ・パヴィヨンの肖像画。





alet37.jpg

教会を出て郵便局兼観光案内所斜めのセミネール通り (Rue Séminaire)から街の中心部レピュブリック広場 (Place de la République)へ向かいます。





alet36.jpg
La porte de la maison Bousquet rue Séminaire

セミネール通りのブスケ家の石の装飾は17世紀のもの。






alet29.jpg

レピュブリック広場からカデーヌ通り ( Rue Cadène) を見たところ。
張り出した木組みの家々は15~16世紀のもの。






alet32.jpg

こちらもレピュブリック広場に面した木組みの家。
左端の家、マルベック通り(Rue Marbec)との角にあるのはノストラダムス 本名ミシェル・ド・ノートルダム (Michel de Notredame 1503-1566)が住んでいたと言われている家。
ノストラダムスの祖父母がアレに移住してきて、ノストラダムスもここに数年住んでいたそうだ。






alet31.jpg

今では普通の民家なので外だけ静かに見学します。

ユダヤ人だったノストラダムスの父方の祖父は15世紀半ばにカトリックに改宗、名前もクレカ・ド・カルカソンヌからピエール・ド・ノートルダムに改名している。
祖母はカトリック。

Notre-Dame d’Alet (ノートルダム・ダレ)→ Nostradamus(ノストラダムス)と言われるようになったんだそう。
ノストラダムスという名はアレの街の名から派生したという、へぇーとなった話です。
何回ノートルダム・ダレを言ったらノストラダムスとなるのか思わず試してみました・・・、ならなかった。






alet26.jpg

この家には謎の木彫りがある。
また六芒星。

こういう謎なマークがいかにも占星学者ノストラダムスっぽいけど、星の所には「1642」とあるらしく、誰かが1642年に彫ったものらしい。
ノストラダムスが亡くなったのは1566年。





alet27.jpg

もう一つあって、こちらには十字と魚。






alet40.jpg

観光案内所でもらった資料に載っていた街の地図。

ピンクが修道院→8番のノストラダムスの家への行き方(案内書の人が書いてくれた)。
青が、街の主な通り6本がレピュブリック広場に集まっている、それはまるで六芒星…。
ここまで計算されてるの?とぞわっとしました。





alet30.jpg

雨降り日には最適と思ってしまうほど張り出しがずいぶんせり出ている家。

ノストラダムスの祖父もそうだったようにユダヤ人のコミュニティがあったのは確かなようですが、なぜアレにユダヤ人の足跡があるのかはまだ分かっていないらしい。






alet38.jpg

写真では分かりにくいけど、右手の壁に通りの名前が書いてあります、Rue de la Juiverie ユダヤ人通り。






alet34.jpg

廃墟とか六芒星とか占星術師が住んでた木組みの家とかもうまるで21世紀ではないところを歩いているような感覚に陥ってしまうほど、中世で時が止まったような通りばかりでした。






alet35.jpg

カルヴィエール門 (Porte Calvière) を出て散策終わり。
修道院で降り始めた雨は、ノストラダムスの家へ向かう頃には土砂降りの雨に嵐のような突風まで吹いて、路地をくまなく歩きまくることは諦めたのです。
街には冷たい源泉が2か所あるそうだけどそこも、この後行く予定だったレンヌ・ル・シャトーも、レンヌ・レ・バンの川の源泉でお湯に浸かるのも断念。

この後は叩きつけるような雨で視界も真っ白な中、くねくねの山道を通りペルピニャンへ。
夫は運転大変そうだったし、私は車酔いするしできつかったけど、ここにはまた絶対来たい。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

スポンサーサイト



フランス南西部の旅⑤Alet-les-bains 16世紀の宗教戦争で廃墟になった修道院

トゥールーズからペルピニャンに移動する日。

アレ・レ・バンの街で廃墟の修道院とノストラダムスの家を見た後は、ダヴィンチ・コードのモデルとなったソニエール神父がいたレンヌ・ル・シャトー (Rennes le Château)、その後レンヌ・レ・バン (Rennes les Bain)の川で天然温泉に浸かって(Bainとはお風呂という意味でこの辺りは温泉施設が点在しています、私が行きたいのはそういう施設やプールではなく露天風呂!)、という予定でした。
もう、こうやって書き出すだけでワクワクする予定ではないですか!

それなのに40度の猛暑が続いた後の雨が前日から降っていました。
6月下旬から1か月以上も雨が降っておらず水の使用規制なども出ていたのに、よりによって露天風呂の日に雨なんて。

高速のパーキングエリアでお昼を食べる頃には雨が止んだけど、予報では1日中雨。
高速を降りるカルカッソンヌで降っていなければアレへ、降っていたら高速を降りずにペルピニャンへ直行、ということになりました。
車中、祈り続けたお陰か青空も出てアレへ。




alet9.jpg

街のメインストリートに立つ郵便局兼観光案内所(トイレあり)。
アレのノートルダム修道院 (Abbaye Notre-Dame d’Alet )へ入る為のチケットもここで売っていて、ここの奥のドアから修道院の敷地に入れるようになっています。

通りからも隣の墓地からも見渡せるそうだけど、中に入って見学する価値あります。

Abbaye Notre-Dame d’Alet
Avenue Nicolas Pavillon
11580 ALET-LES-BAINS

大人 4ユーロ / 12歳以上 2、5ユーロ
時期によって開館曜日、時間が異なります。
←Ouvertureの項目から開館時間を調べられます

Les sites Pays Cathare








alet4.jpg

813年頃、アレのノートルダム・ベネディクト僧院(l’abbaye bénédictine Notre Dame d’Alet)の建設が始まり、1318年~1801年までは大聖堂という格付けになり、アレのノートルダム大聖堂 (Cathédrale Notre-Dame d'Alet )となりました。
なのでロマネスク様式とゴシック様式が混ざっています。

1573年、カトリック対ユグノー(プロテスタント)による宗教戦争でユグノーが街を占領。

1577年、大聖堂、近くにあるサン・タンドレ教会、司教館はユグノー軍の大砲の弾により破壊され再建されることなく廃墟になった。
その時の弾は奥に見えるサン・タンドレ教会に展示されている。






alet41.jpg

見取り図。

今では通りになっている所に、後陣後ろに並んでいるはずの礼拝堂があった。
(教会とか大聖堂とか興味あるけど造りに関しての知識はほぼないので間違っていたらご指摘お願いします)

1770年に道路を通すために礼拝堂部分は壊してしまったそうだ。






alet43.jpg

多角形の後陣、裏側から見たところ。
見取り図の②から撮った写真。






alet10.jpg

半円後陣部分。






alet8.jpg

1637年、アレの司教に任命されたニコラ・パヴィヨン (NIcolas Pavillon 1597-1677)が、放置されたままの廃墟を保存するようかなり熱心に取り組んだそうで、1677年に亡くなるまでの40年間、アレの街の発展に尽力した。

廃墟が建つメインストリートの通りの名前は、ニコラ・パヴィヨン通り。
教会の宝物殿の中には彼の肖像画が2点飾ってある。





alet2.jpg

柱頭の装飾とかわりときれいに残っている。






alet7.jpg

身廊から見たロマネスク様式の後陣。
上の見取り図の④から撮った写真。






alet11.jpg

この壁の向こう側に墓地があり、ニコラ・パヴィヨンの墓もある。
行ってみたかったのですが、小雨がどんどん土砂降りに代わってきたので諦めました。






alet3.jpg

大聖堂には2つの塔があって、1つは1830年に崩壊したそうだ。
いちばん高い壁の部分に鐘楼があった。






alet42.jpg

身廊はゴシック様式。






alet.jpg

12世紀以前の修道院は全く知られていなかったが、12世紀以降複数の巡礼者によって見出され、十字軍(la Croisade)とカタリ派( le Catharisme)の困難な時代の後、知られるようなったそうだ。






alet6.jpg

400年以上も前にすでに廃墟になっていた建物がこうやってまだ残っているなんて奇跡のようです。
かなり自然に近い状態で修復してあるようだけど、細かい彫刻とか残っているのが素晴らしい。






alet12.jpg

この辺り遺跡感がすごいです。






alet16.jpg

教会参事会室 ( Salle de capitulaire) だった所。






alet45.jpg

見取り図③の内側から撮ったのがこれ。






alet14.jpg

ロマネスクの柱頭彫刻。






alet15.jpg

鳥や、馬(?)に乗った人物像などがはっきり分かる。

雨が降っていなかったらもっと長居して詳細に見たかったし、墓地側からも眺めたかった、とちょっと悔いの残る空模様だったのでここはもう一度行きたい。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

フランス南西部の旅2019④Montricoux 八角形屋根の教会の村

ブリュニケルに行く途中、アヴェロン川の向こうの高台に見えた八角形の鐘楼が気になったので帰りに寄ってみました。



人口1200人弱のモントリクーという街。





mon.jpg

左側の建物は、マルセル・ルノワール(Marcel-Lenoir)というブリュニケルに住んでいたこともあり、1931年にモントリクーで亡くなった画家の美術館となっている城で元々はタンプル騎士団の家、12世紀に建てられた。
その奥に八角形の鐘楼がある教会があります。


Musée Marcel-Lenoir
(Château de Montricoux , Maison du Temple de Montricoux)
56 Grand' Rue
82800 Montricoux





mon3.jpg

サン・ピエール教会(Eglise Saint-Pierre)のあるマルセル・ルノワール広場。

城の一部だった下の部分(12~13世紀)に、1549年レンガ作りの八角形の三階建ての鐘楼が建てられた。

全体を見ると当時流行り(?)の南方スタイルの八角形鐘楼を無理矢理乗せちゃった、みたいなとっても不格好でアンバランス。





mon4.jpg

教会の入り口は更にぐるりと廻った緑の矢印の先の所。
赤丸が今いる所。








広場に面した木組みの家々。






mon8.jpg

教会に入ってみました。
質素だけど、チャペルのひとつの天井画が美しかった。






mon6.jpg

通りは木組みの家が並んでいて好きな雰囲気です。






mon12.jpg

木組みの家の玄関のドアの上部分だったと思うけど、こんな木彫りが。
黒ずんだ木が中世の頃のような感じですが、なんの意味があるのでしょう。
かつて住んでいた人の職業を表すものなのか、魔除けなのか。
こういうの見ると想像が尽きません。






mon1.jpg

張り出した木組みの家が立ち並んでいます。
確かこの左側の数軒の木組みの家が、広場から撮った木組みの家の表側だったと思う。






mon2.jpg

窓辺に猫ちゃん、絵になります。






mon13.jpg

通りに住む人と配達人しか通らないような、観光客は通りそうもない路地、開けっ放しの窓からは生活音やテレビの音が聞こえていて生活感溢れていました。






mon9.jpg

城から続くメインストリート。






mon10.jpg

荒れ放題の空き家も数軒あったし、古い家ばかり。
雰囲気は良いけど、維持費や修繕費とか大変なんだろうな。






mon15.jpg

予定外の気まぐれで寄ってみた街だったけど、予想以上に古い街並みが良かったです。


トゥールーズ滞在はこれで終わり。
翌日からはペルピニャンの義妹の家へ。
今まで旅行=ホテルばかりだったので心配でしたが、義弟の家は家政婦さんが来るので掃除しなくていいと言われた上に、3か月前にパリ郊外から義弟の家の近くに引っ越した義父が毎日来て、お昼ご飯と晩ご飯を作ってくれるお陰でのんびりできました。

義母は先にペルピニャン入りしていたので、私たちは義父と一緒にペルピニャンへ。
義妹の家でもまた毎日義父が料理を作ってくれました。
トゥールーズの義弟一家も、パリ郊外に住んでいるもう一人の義弟もみんな大集合。

というのも義妹は私たちがトゥールーズに到着する数日前に出産したばかりで、赤ちゃんに会う為みんな集まったのです。
私なら出産直後に大勢で押しかけられるなんて有り得ないので、当初ホテルを予約していたのですが、何をそんな遠慮するの?と逆に怒られてしまいました。

産後10日くらいなのにいとこたちと赤ちゃん連れで朝までフェットしたり、妊娠中我慢していたというムール貝を食べに海辺の町へ行ったりして全然じっとしていない義妹、感心するやら呆れるやら・・・、まぁ元気で良かったです。

初めてこんな大勢で過ごしたバカンスでしたが、みんなで海に行ったりレストランに行ったりと予想以上に楽しめました。
締めの言葉みたいになってしまいましたが、この旅の記録はまだまだ続きます。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

フランス南西部の旅2019③Bruniquel フランスの最も美しい村

連日のプールも飽きてきたし、うちの子ども達と姪っ子をサファリ動物園に連れて行ったりしたけど、出掛けたくてうずうず。
ちょっと遠いけどトゥールーズから北に1時間ほどのブリュニケルへ。






bruniquel10.jpg

「フランスの最も美しい村」に認定されています。

墓地の下に駐車場があって、整備してないせいか「美しい村」にしては珍しく無料。

右に教会、左に観光案内所、トイレがあります。
地図を貰ったけどなくても大丈夫なほど小さい村。





bruniquel7.jpg

高台に村が形成されているので坂道を登っていきます。
鐘楼のある時計台がすでに良い雰囲気で期待が高まります。





bruniquel.jpg

雑貨屋やカフェ、レストランが数軒、お昼時だったのでどこのレストランのテラス席も人でたくさんでした。





bruniquel4.jpg

時計台に入った途端雨が降り始めました、猛暑日が続いていたので嬉しい雨だけど、かなりの土砂降りでしばし雨宿り。






bruniquel11.jpg

石畳が雨に濡れて中世の街並みがますます良い感じです。






bruniquel3.jpg

14~16世紀の石造りの家が並び、何気なく配置されたように見えるけど多分計算されて植えられている植物が映えて美しい。





bruniquel20.jpg

窓辺の猫が可愛い。





bruniquel8.jpg

この重厚な雰囲気の建物は、「輪っかの家 La maison des anneaux」と呼ばれている家。






bruniquel12.jpg

家の両端に輪っかが付いています。
中世の頃、祭りの日にこの輪っかにラシャを掲げていたことからそう呼ばれるようになった。





bruniquel1.jpg

石造りに木組みの家、この通りには猫が数匹行きかっていました。






bruniquel2.jpg

色付きガラスに、柱頭彫刻がある窓枠。





bruniquel9.jpg

張り出しのある家々。





bruniquel21.jpg

魅力的な路地がたくさん。
急な坂も多いので、雨降りの後は滑って危なっかしいので要注意です。





bruniquel6.jpg

「新門 Porte Neuve」に至る ドロワット通り (Rue Droite)には、14~15世紀のアーチのある家が並びます。





bruniquel5.jpg

村の一番高い所には城には見えない質素な13世紀の古い城(Château Vieux)と15世紀の若い城( Château Jeune)があります。
展示内容を聞いたら先史時代のものということで拒否反応・・・・、興味ないのです。
でも城の内装とか、城からの展望とか良さそうだったし入ってもよかったかなと思いました。


全体的にはとっても気に入りました。
城を見学しないなら路地の散策は小一時間ほど。
美しい村に認定されているだけあって古い家並みの保存状態はよく、観光地化されているとは言え行き過ぎてなくて中世の雰囲気を味わえます。

この辺りはすでに4年前に行ったペンヌ、サン・アントナン・ノーブル・ヴァル、コルド・シュル・シエルもあるし、まだ行っていないフランスの最も美しい村ピュイセルシ、カステルノー・ド・モンミラルなどなど魅力的な村が集中しています。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

フランス南西部の旅2019②Toulouse ジャコバン修道院、サン・セルナン聖堂

トゥールーズの街散策の続きです。

toulouse7.jpg

キャピトル広場から西にちょっと行った所にあるジャコバン修道院(Couvent des Jacobins)。

1230~1350年に建てられたドミニコ会の修道院と回廊がある。
当時、カトリックはアルビジョワ十字軍を派遣し、異端とされたトゥールーズに居たカタリ派の市民を虐殺し、街を焼き払いました。
カタリ派一掃のためにトゥールーズにドミニコ会最初の修道院を建てたのがここ。






toulouse9.jpg

細く長い円柱からヤシの木のように伸びたリヴヴォールト(丸天井)が特徴。
南方ゴシック様式 (Style Gothique méridional) 。

円柱が細いせいか重厚感はなくとっても軽快な印象。

28メートルの高さの支柱が22本。






toulouse8.jpg

壁の彩色が素晴らしい。






toulouse10.jpg

イスラム圏を想像させるような紋様だとか、彩色が美しくてずっと見上げっぱなし。

ここには中世イタリア生まれのキリスト教神学者、ドミニコ会士トマス・アクィナスの像と墓があります。
詳しくないけど、名前だけは聞いたことがある程度。写真撮り忘れました。






toulouse11.jpg

修道院の奥には有料(大人5ユーロ、18歳未満無料)の14世紀の回廊があります。





toulouse17.jpg

人の顔の柱頭彫刻。





toulouse12.jpg

全て違うのでひとつひとつじっくり見ました。
ユーモラスな表情や態勢の人が多くて面白い。





toulouse13.jpg

回廊に面した教会参事会室(La salle capitulaire) 。
1299~1301年かけて造られました。





toulouse21.jpg

こちらも椰子の木みたい。
壁にはオークルで描かれた天使がいます。





toulouse14.jpg

サン・アントナン礼拝堂(La chapelle saint Antonin )の天井と壁のフレスコ画も見応えがありました。
1335~1341年に掛けて建設、装飾が行われました。






toulouse15.jpg

ため息が出るくらい美しい壁画です。

百合紋が描かれた窓の両脇には天使がいて楽器を持っていて、その下には聖アントナンの生涯が描かれている。





toulouse16.jpg

回廊もだけど、このフレスコ画を見るだけでもお金を払って見る価値ありです。





toulouse19.jpg

回廊から見える13世紀の八角形の鐘楼。

回廊にはビーチに置いてあるような長椅子が並べられていたので寝転んで中庭を眺めることが出来ました。

Couvent des Jacobins
Place des Jacobins
31000 Toulouse

火曜~日曜 10時~18時
月曜 休館

6月1日~9月30日 5ユーロ
10月1日~5月31日 4ユーロ
18歳未満無料






toulouse23.jpg

こちらも八角形の鐘楼があるサン・セルナン大聖堂。

鐘楼の高さは67メートル。

南側から入りました。
門が2つありますが、手前のは修道院の古い門で1500年代に建てたれたルネサンス様式。

その奥にあるのはキリスト昇天のタンパンがあるミエジェヴィル門(Porte Miègeville)。
タンパンの彫刻や柱頭彫刻が素晴らしいです。
ミエジェヴィルとはオック語で「街の中心」という意味。

Basilique Saint-Sernin de Toulouse
Place Saint-Sernin
31000 Toulouse





toulouse27.jpg

高さもあるし広いです。






toulouse25.jpg

身廊は2層構造。

フランスで最も大きいロマネスク様式の教会。





toulouse24.jpg

北翼廊の天井のフレスコ画。
中央に羊、その周りに聖女や動物が描かれている。





toulouse26.jpg

1140年頃のフレスコ画。
写真が暗いですがとても良く保存されています。





toulouse34.jpg

少し気温が下がったとはいえ35度の屋外はやっぱり暑くて歩くの大変でした。
プールや海辺ならこのくらい暑い方が良いけど、街歩きには適していません、いつか秋ごろ来てゆっくり歩きたいです。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

フランス南西部の旅2019①Toulouse 市庁舎、カルメル会修道院、マルシェのレストラン

2019年の夏休みは、3年ぶりにフランス南西部へ。
トゥールーズの義弟の家に1週間、ペルピニャンの義妹の家に1週間滞在、そこを拠点に出掛けたり、最後は3日掛けて北上しながら「フランスの最も美しい村」などを訪ね自宅へ。
(15か所ほどの街や村、城などを訪ね、ブロカントも1か所行ったので今回の旅の記録は長くなりそうです、多分18回くらい。)




toulouse33.jpg

トゥールーズに到着した日から40度超えの猛暑日が4日程続いたので、午後は義弟の家のプールから出られず、35℃くらいに下がった日からトゥールーズの中心部を散策しました。






toulouse2.jpg

トゥールーズ中心部に来るのは4年ぶり。
4年前も猛暑日で歩けなくてろくに観光してなかったので、キャピトル広場(La place du Capitole)の市庁舎へ。






toulouse3.jpg

大広間が一般にも無料で公開されています。
(会議や結婚式などで使用中の時は見学不可)
入り口でセキュリティチェックを受けて中へ。

宮殿のような立派な階段、1886年に造られました。
タルン県出身の政治家、Jean Jaurès(ジャン・ジョレス)の胸像がある。






toulouse.jpg

La salle des Illustres
この広間の奥で結婚式が行われるようです、豪華な広間です。






toulouse1.jpg

19世紀終わり頃、20人のトゥールーズ出身の画家や彫刻家によって「芸術と文化の街トゥールーズ」などのテーマで装飾が行われた。







toulouse5.jpg

トゥールーズ出身の画家、アンリ・マルタン(Henri Martin 1860-1943
)の絵画で飾られた「La Salle Henri Martin アンリ・マルタンの間」。

よくよく見ると点描画です。







toulouse4.jpg

トゥールーズ生まれの画家、ポール・ジェルヴェ(Paul Gervais 1859-1944)の絵画で飾られた「La salle Gervais ジェルヴェの間」。

愛や人生の幸福がテーマの絵。
とても優雅で、ロマンティック。







toulouse20.jpg

あとで行くサン・セルナン大聖堂に行く途中に寄ったカルメリト礼拝堂。

階段横にトイレがあったのと、暑くてちょっと休みたいと思って寄ってみたら、質素な外観に反して豪華な内装で驚いた。






toulouse22.jpg

トゥールーズ出身の画家Jean-Pierre Rivaleがシスティーナ礼拝堂にインスピレーションを受けて1747~1751年に描いたという天井から壁にかけての装飾が素晴らしい。

Chapelle des Carmélites
1 rue du Périgord
31000 Toulouse






toulouse31.jpg

お昼ごはんは車を停めた駐車場があるヴィクトル・ユーゴー市場のレストランへ。

地上階は朝市、一階にはマルシェの食材を使ったレストランが数軒、二階以上が駐車場になっている。

4年前に食べたのと同じ肉料理中心のレストラン「Le Louchebem」へ。

Le Louchebem
Marché Victor Hugo
3 Place Victor Hugo
31000 Toulouse
火曜~金曜 12時~14時半
土曜、日曜  12時~15時
定休日 (月)
★2019年7月29日から8月27日まで夏のバカンスで閉まっています。






toulouse28.jpg

お昼の18ユーロのコース(前菜、メイン、デザート、ワインはボトルで)、前菜に魚のスープをとりました。

甲殻類のだしがきいている濃厚なスープに、クルトン、チーズ、アイオリを入れて食べます。
クルトンがスープを吸うので前菜だけでかなりお腹いっぱいに。






toulouse29.jpg

メインはトゥールーズ・ソーセージに、荒く潰したマッシュポテト、中央にあるニンニクのソースが美味しい。






toulouse30.jpg

デザートはレモンのケーキ。

以前食べた時も前菜だけでお腹いっぱいになったので、次来ることがあったらメイン一品にしようと思っていたけど、単品だとソーセージだけで16ユーロなのでやっぱりお昼はコースにした方がお得です。

この後ははち切れそうなお腹を抱えて散策再開です。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ


該当の記事は見つかりませんでした。