Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入り、時々美味しい物も紹介します
MENU

St-Brice sous Forêtのブロカント・小さな絵と蝋燭立て

2015年2月15日(日)、パリの北郊外、サン・ブリス・スー・フォレのブロカント。
前週に続きこの週末も95県ヴァル・ド・ワーズで過ごすことになり、この街でちょうどブロカントがあったのでもちろん行くことに。



アノンスでは200~300スタンドと書いてあったので期待して行ったら30位しかなく、会場のトイザらスの駐車場はガラガラ。







目ぼしい物がないなぁとがっくりしていたら、見覚えのあるスタンドが!
77県や94県のブロカントで良く見掛けるおじさん3~4人組のスタンド。

テーブルにオブジェがいっぱい並べてあって、奥にはガラクタの段ボールもズラリ。
ここでは毎回必ず何か見つけます。
ブロカントが多い時季には何週も連続でこのおじさんスタンド(と勝手に呼んでいる)に出会うのですが、結構回転が速くすぐに段ボールの中身が変わるので漁るのが楽しいスタンド。




blog5_20150218184546306.jpg

この日おじさんスタンドで見つけたのは、金縁の小さな絵画。

もともとが暗い絵のようだけど、痛みも激しいので何が描かれているかぼやけている。
写真に撮ると割とはっきりしてるけど、実際にはよくよく目を凝らさないと何が描かれてるのやらさっぱり。
ただの黒ずんだ絵。




blog7_20150218184549f17.jpg

中央には画架に向かっている人物、左側の椅子にその絵のモデルらしい人物、右側には戯れる男女。
登場人物の足元はスポットライトが当てられたような明るさ。

18世紀ロココの時代の一般市民の生活を描いた風俗画のような感じだけど、画家のサインも何も情報を知る手がかりはありません。




blog6_201502181845470ec.jpg

絵よりも厚みのある額縁が気に入ったので購入。




blog8_20150218184551a28.jpg

裏返すと、裏打ちの板はかなり時を経ているようだけど、固定の為のネジは妙に真新しい。




blog3_2015021818452774f.jpg

それと、ホーローの蝋燭立て。
似たような物を既に持っているけどやっぱり買ってしまった。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ  

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

みき says..."No title"
micaさんこんにちは。さすが、顔見知りのスタンドがあるのですね!
私は1人お兄さんがやってるスタンドを立て続けに見たことがありますが、高いのでみるだけ。あ、まだ、あれ売れてないなんて見るのも楽しいです。
額だけで売ってるスタンドも結構ありますよね。置く場所もないので、額はいつも素どうりです。やっと、やっと春らしくなりましたね。これから、毎週末いろんなところでありますね!楽しみ!!日曜日に友人をお昼に招待しなければならず、今週は早々に帰らないとだめですが、天気もいいらしいのでぞんぶん楽しんで下さいね。それでは、また。
2015.03.06 21:17 | URL | #- [edit]
Mica says..."Re: No title"
みきさん、この辺りのブロカントをウロウロしてると売り主はいつもの人たちばかりだし、買い手もみんなはしごしてるみたいで行く先々で同じ顔を見る事が多いんですよ。
額は、壁を埋め尽くしたいのでちょこちょこ買ってる最中です。
今度の日曜は気温も上がってお天気良さそうですね、でもポントーコンボーくらいしか行くとこなさそうです。
みきさんはおもてなし頑張ってくださいね。
2015.03.07 02:25 | URL | #alcleeVo [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mapetitebrocante.blog.fc2.com/tb.php/109-eb19a600