Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入り、時々美味しい物も紹介します
MENU

フランス南西部の旅(5)Narbonne→Gruissan



4日目はトゥールーズから地中海沿いのラングドック・ルーシヨン地方、オード県のナルボンヌへ。
スペイン国境も近く、バルセロナまで250キロメートル。




blog4_20150804222414126.jpg

市内を流れるロビーヌ運河。
建物の色があまりフランスっぽくない。
住宅街はオレンジ色の屋根に、肌色の壁。
灰色のパリに比べたら明るさが全然違う!





blog166.jpg

ナルボンヌ市が近づいてくるとオートルートから見えたゴシック様式のCathédrale Saint-Just-et-Saint-Pasteur de Narbonneサン・ジュスト-サン・パストゥール聖堂。
かなり大きくてフランスで4番目の高さ41メートルもある。




blog6_20150804222416c7a.jpg

内部も大きくて荘厳。




blog169.jpg

聖堂の裏手にある回廊から見た中庭。




blog167.jpg

回廊。
街を歩くと遺跡が残っていて、古代ローマ時代の都市だったことを実感できる街。
ナルボンヌには1泊したけど、中心部はゆっくり見ずに昼間は別の街へ。

ナルボンヌの観光案内所のサイト→http://www.narbonne-tourisme.com/




blog165.jpg

この日の目的は海水浴。
ナルボンヌから20㎞ほどのGruissanグリュイッサンの海辺へ。
グリュイッサンの中心部にある10世紀に建てられた城砦の跡。

語尾に-issanが付く街が多くて、中にNissan(Nissan- les- Enserune)ニッサンという街もあって、どうしても日産を連想してしまう。





blog162.jpg

街の中心部は小さな商店街と、カフェ、ワイン屋(ナルボンヌからここへ来るまではブドウ畑が広がりシャトーの看板がたくさんあった。山手には石灰岩のコルビエールの丘)が並んでいた。





blog163.jpg

静かな通りの住宅街、柔らかな色の建物が並んでいる。




blog161.jpg

なんだかおどけた顔のガーグイル(怪物の顔をした雨の吐き出し口)。




blog164.jpg

教会の横の階段を上ると城まで行けます。
見えているのは、バルブルス塔 Tour Barberousse。
が、海へ行かねば…。





blog159.jpg

何キロメートルも続く砂浜は1900年代初め頃から海水浴場として栄え、写真のようなシャレ(木造の山荘、海だから山荘とは言わないのか)が立ち並び始めた。
現在はきちんと区域内にきれいに整列するように1300棟あまりが立ち並び、「Plage des Chalets(プラージュ・デ・シャレ、山荘の海辺)」と呼ばれている。
レンタルもあるので次の夏にはここでゆっくり過ごすのもいいなぁと既に考え中。




220px-Betty_blue_ver2.jpg

1985年、大好きな俳優ジャン・ユーグ・アングラードが出ている映画「37゜2 Le matin (ベティ・ブルー、1986年公開)」のロケがこの中のシャレの一つで行われた。
ポスターの左端の黒い家がシャレ。
かなり衝撃的な映画だったな、また見てみようかと思っていた矢先の8月下旬、ベルギー発パリ行のタリス内でテロ事件があった際の乗客にジャン・ユーグの名が!
久々メディアで名前を聞いたと思ったら、こんなニュースで聞くとはこれまた衝撃的だった。
インタビューで、死を覚悟したと言っていたけど無事で良かった。

その事件の10日後にはベティ・ブルー30周年記念で、ジャンとベアトリス・ダルのツーショットが公開され、90年代半ば以来久々に私の中でジャン・ユーグ熱がこの夏舞い戻ってきたのでした。





blog160.jpg

・プラージュの詳しい情報→ グリュイッサンには4つのプラージュがあり、それぞれの特徴やシャワーやトイレの有無も調べられます。

・グリュイッサンの観光案内所のサイト→

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ  

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

6 Comments

香織 says..."No title"
おはようございます。
日本は朝を迎えてます。
いつもフランスにあこがれてblogを見させてもらっていた
フランスへ行けるのが1ヶ月をキリ
そわそわ・ワクワクしてます(*^^*)
教えて頂きたいのですがフランスはどんな所はカードを使えて
何処がカードを使えないか教えて頂けませんか?
そしてエマユースにも行きたいのですがエマユースはカードを使えますか?
2015.09.18 08:10 | URL | #- [edit]
Mica says..."Re: No title"
香織さん、こんにちは。
朝晩は気温が一桁になり寒さも増してきました、寒さ対策も忘れずにフランスへいらしてくださいね。

カードですが、「サイン不要、4桁の暗証番号が必要なICチップ付きクレジットカード」が必要というのを前提で書きますね。
私の場合は、財布には現金は常に10~20ユーロしか入れておらず(現金を持っているところを見られるとスリに狙われやすいので)現金を使うのは、カフェ、パン屋など数ユーロしか使わないところ、一部でカードが使えるところがありますが基本的にマルシェ、小銭が必要なブロカント、タクシーです。他はすべてカードで支払いしています。
ほとんどのスーパー、レストラン、ブティック、ホテル、メトロや郵便局の切符や切手の自動券売機は一枚からでも、カード利用可です。

個人商店など小さい店ではカードが使えないところがあったり、「10ユーロ以上から可」と最低限度が決まっているところがあるので、ここはもしかして使えないかも?と思われる小さな店の場合は、店に入ってすぐにカードが使えるか尋ねておき、現金しか使えない場合は、通りの至る所にあるATMでおろしてきます。

あとちょっとおせっかいかもしれませんがカードを利用する際の注意点を。
自分でカードを機械に差し込み暗証番号を入力、または店の人が差し込み自分で暗証番号を入力する、のいずれかなのですが、右手で番号を入力するなら、左手で右手を覆い隠すようにして他人から番号を見られないようにしてくださいね。
店の人が番号を見て覚えていて悪用するかもしれないし、後ろに並んでる人が見てるかも、通り沿いのATM付近にカメラを仕掛けて番号盗んで悪用するという事件も起こってますので、いろんな可能性を考えて慎重に。
特に通り沿いのATMでは機械から現金が出て来た所を盗む、引き出し中に話しかけてきて後ろを振り向いた隙に盗むとかいろんな手口があります。
ホテルの部屋での盗難も珍しくないので貴重品は置かないように。たとえ鍵の付いたスーツケースにしまっても盗難の可能性ありと考えておいたほうが良いです。
なので、カードが使えるところはカードを使い、現金は必要な際にその都度おろす、のが一番いいと思います。

エマウスは、普段数ユーロの買い物しかしないのでカードを使ったことがないので、使えるかどうか気にしてなかったので分かりません 、でも金額の高い家具も売っているので使えるかもしれません。
2015.09.18 16:14 | URL | #- [edit]
香織 says..."No title"
なるほど‼
すっごく勉強になりましたm(__)m
英語なら旦那サンが話せるのでカードでの買い物も
安心して出来ていたのですが、
フランス語は全く出来ないので出きるだけ現金で
買うつもりでしたがスリが怖いですね(>_<)
ちょっと不安になって来ました(>_<)

あと公衆トイレは使う時にお金が要ると聞きましたが
いくらぐらいかかりますか?

質問ばかりして本当にスミマセン(ToT)
2015.09.18 17:28 | URL | #- [edit]
香織 says..."No title"
なるほど‼
すっごく勉強になりましたm(__)m
英語なら旦那サンが話せるのでカードでの買い物も
安心して出来ていたのですが、
フランス語は全く出来ないので出きるだけ現金で
買うつもりでしたがスリが怖いですね。
ちょっと不安になって来ました。

あと公衆トイレは使う時にお金が要ると聞きましたが
いくらぐらいかかりますか?

質問ばかりして本当にスミマセン(ToT)
2015.09.18 17:30 | URL | #- [edit]
Mica says..."Re: No title"
どこも大体50サンチームから1ユーロくらいです。
デパートは大抵無料ですが、有料の所もあります。地下鉄駅にはトイレ自体がなく、国鉄駅には有料トイレがあります。
ドアノブの機械にコインを入れるか、入口で係りの人に渡すか、のいずれかですので、小銭を用意しておいた方がいいですよ。
日本と比べて圧倒的にトイレの数が少なく、デパートにも各階にはないし、場所も分かりにくいです。
美術館やカフェ、レストランに行った時に必ずトイレに行っておいたほうがいいです。

歩道のところどころシルバーのボックス型の公衆トイレがあってこれは無料です。
緑のランプ(=空室)が点いていればボタンを押して入ると自動に施錠され(赤色の時は入れません)、用を足して出てくると同時に自動に清掃されるタイプです。

日曜などデパートなどが閉まっているときにトイレに行きたくなったら、やはりカフェに寄るか、5つ星ホテルにサロン・ド・テを利用するふりをして中に入りトイレを拝借、という手もあります(確実に清潔でハンドクリームもある!)。
あと、トイレットペーパーがないことが多々あるのでポケットティッシュお忘れなく。
2015.09.18 21:04 | URL | #- [edit]
香織 says..."No title"
お返事ありがとうございますm(__)m
すっごく助かりました。
日本では今1ユーロが135円ぐらいなのですが
トイレにお金がかかるとは…(´д`|||)
私はトイレが近いタイプなので水分量を減らすよう頑張ります‼
ティッシュのことは忘れてました。
助かりました(*´∀`)♪日本を10月9日出発して日本時間の13日に
帰る予定です。 もしやっぱり要るものが出たら気軽に言って下さいね。
空っぽのスーツケースなので(笑)
2015.09.19 23:51 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mapetitebrocante.blog.fc2.com/tb.php/139-4cbf67cb