Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入りの紹介、フランス各地を訪れた旅の記録。
MENU

Gretzのブロカント・エールフランスのコーヒーカップ

9月20日(日)、2年ぶりに訪れた Gretz-Armanvilliers グレッツ・アルマンヴィリエの城の敷地内でのブロカント。



久々早起きして朝7時に到着。
車を停める場所が少ないのでまだ暗いうちに到着したら、これから品出し、という人もたくさん。




blog06.jpg
今から品出ししますといった様子で、テーブルにまず一つだけ出されていたのがこちら。

1960年頃から2005年まで、エールフランス航空のビジネスクラスとファーストクラスで使われていたコーヒーカップ。
ソーサーが一枚足りないので、今後探す張り合いが出てきました。




blog05.jpg

Jean Picart Le Doux(ジャン・ピカール・ル・ドゥー)は、1902年パリ生まれの画家兼タピスリーのデザインをした人。

CIM ( Caramica Industrial Montgatina)とは、スペインの陶磁器メーカー、フランスでいうリモージュみたいなメーカーかなと想像。




blog11_201509272305232db.jpg

「La Crevette 」と呼ばれているエールフランス社のシンボル、頭部は馬(ペガサス)で、尻尾はドラゴン。

エールフランス航空自体のロゴには現在は使われておらず(現在はAir Franceの文字と赤白青トリコロールの斜め線のみ)、エールフランス・グループのロゴとして使われている。





blog01_20150921204758d73.jpg

コーヒーが胃にきつく感じるので最近は紅茶党。

右端の緑の缶は、フォートナム&メイソンのエルダーフラワーと緑茶のお茶。
10年ほど前、友人宅で頂いた時に、マスカットのような風味にえらく感動して(無類のマスカット好き)、好き好きと言っていたら、それを覚えていた友人が最近ロンドンで買ってきてくれた。
10年前のことを覚えていてくれた友人には感謝、久々のエルダーフラワーのお茶には感動しました。

Forthnum & Mason

パリではボン・マルシェの食品館グラン・デピスリーでフォートナム&メイソンの紅茶やビスケット、ジャムなど買えます。

La Grande Épicerie de Paris
38 rue de Sèvres
75007 Paris

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ  

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

みき says..."No title"
MICAさん、こんにちは。今回はいつもと感じが違う収穫品ですね!こういう非売品?は見つけるの楽しそう。その方はエールフランスにお勤めだったのでしょうか。
もうすぐブロカントもおしまいですね。今週は一カ所、BRIE COMTE ROBERT に行けたら行きたいのですが。朝も寒くなって起きるのがかなりつらいですね。。
2015.10.29 18:34 | URL | #- [edit]
Mica says..."Re: みきさん"
みきさん、こんにちは。
大きな有名会社の非売品とかも見つけるの好きです。貴重な感じがして…。
売主さんは関係者っぽくなかったけど、これはエールフランスのでね・・・、と説明してくれたので、同じ柄の灰皿を以前持ってたから知ってると言ったら、「あなた、機内から盗ってきたの?」なんて言われてしまいました。
いや、ビジネスにもファーストにも縁がないから、それもブロカントで買いました。
ほんとこういうのってどうやって流通してるんでしょうね、使用廃止になった後に売りに出されたとか、機内から盗ってくる人もいるかも?ですね。
天気良さそうだしブリー・コント・ロベール、行こうと思ってますが、その日は夫がいないので、子供連れてのんびり出掛けようと思ってます。
2015.10.30 00:13 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mapetitebrocante.blog.fc2.com/tb.php/147-77a8548a