Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入りの紹介、フランス各地を訪れた旅の記録。
MENU

Villejuifのブロカント・イリュストラシオンの表紙

明けましておめでとうございます。
ブログをはじめて2016年3月で4年目、なんとか続いております、今後もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、まだ2015年分のブロカント記録が終わっていませんでした。
12月6日(日)、94県Villejuif ヴィルジュイフのブロカントへ。



92県 Issy- les- Moulineaux イッシー・レ・ムリノーの友人宅へ行く途中に寄った。
Seaux ソーでもやっていたのだけど、ヴィルジュイフは5年前まで住んでいた街で、しかもよく買い物に行っていたカルフールの駐車場で開催。
ものすごく懐かしくなって行ってみたら、私が住んでいた時にはなかったトラムが開通していて驚いた。

住んでいた当時のブロカントは泥棒市かと見まごうようながっくりくるようなものだったけど、この日もまぁ、ひどかった。
77県でもよく開催しているSTAR BROCANTE主催だったので、フリマとマルシェと古物商の混ざった市かと思ったら、やはり地域性が出るものですね、良い意味での古い物はほとんどなし。
古着におもちゃ、オーディオのコードとかリモコンとかそんなのばかり。
高級住宅街であるソーの方に行けば良かったとかなり後悔。





blog15_201512142019358a3.jpg
L'illustration, Noël, n°4892, 6 décembre 1924

収獲はこの一点。

1924年12月6日発行の「L'illustration(リリュストラシオン) ノエル号」の表紙のみ。
イリュストラシオンは、1843年から1944年まで発行されていた挿絵入りの週刊新聞。
これは発行82年目、4266号、15フラン。

フラゴナール(Jean Honoré Fragonard 1732-1806)が描いたオペラ座のダンサー兼娼婦、マドモアゼル・ギマール(1743~1816)の肖像画。

今度はこれを入れる額を探さなくては。





blog19_201601050433466f1.jpg
Portrait de Marie Madeleine Guimard Par jean Honoré Fragonard 1769 Musée du louvre

フラゴナールのマドモアゼル・ギマール(Marie Madeleine Guimard マリー・マドレーヌ・ギマール)と言えば、1769年に描かれたルーブル美術館蔵のこちらの肖像画の方が有名です。

表紙の絵は個人蔵のせいか今まで見たことがありません。

1月24日までリュクサンブール美術館でフラゴナール展開催中。
Fragonard amoureux. Galant et libertin





blog16_2015121420193706d.jpg

裏を引っくり返すと広告。
じっくり読むとなかなか面白い。

定期購読だと1年間120フラン、半年は61フランなどと記載されている。




blog17_20151214201938c3e.jpg

SUZE やDUBONNET 、CAMPARI、 RHUM NEGRITAなどお酒の広告が目立ちます。





blog18_20151214201939710.jpg

エスプリの効いた今週のクロッキー。
夜会のような場面でマダムが男爵に向かって、

-失礼な方ね、男爵。
わたくし12月25日で49歳になりますのよ。
-何年の(12月25日)?

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ  

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

みき says..."No title"
Micaさん、こんにちは!ブログ4年目に突入するのですね!すごいなぁ。私もただ物をのっけるだけじゃなくてMicaさんみたく詳しく追及したいものです。。同じ人物でも画家によってかなり印象がちがいますね。私は表紙のほうが好みかな。。泥棒市!!たしかにテレビのコードとか山になって売ってたりしますね。買う人いるのかな~。ソー公園は春に行ったことあります。花見客もちらほらとお弁当広げてました。はやくあったかくなってピクニック、ブロカント行きたいですね!!今年もどうぞよろしくお願いします!!
2016.01.06 18:24 | URL | #- [edit]
Mica says..."Re: みきさん"
こんにちは!
飽きっぽい性格なのでどんなもんだろ?と思っていましたが、どうにかこうにか続いています。(私にしては続いている方です)
これからもよろしくお願いします!
あ、説明が足りませんでしたが、表紙のもルーブル所蔵の絵も同じ画家、同じモデルです。
ルーブルのは1769年のもので、表紙の絵は年代が不明なのですがルーブルのより若そうですよね。
私も表紙の方が好みです!
私も昨年はソー公園でお花見しましたよ。満開時だったのでたくさんの花見客で賑わってました。
ヴィルジュイフに住んでた時は、ソー公園や、バラで有名なライ・レ・ローズのバラ園も近くてピクニックが楽しみでした。
77県って広いのにそういうお花見できる場所があまりないような?
みきさんどこかご存じないですか?
2016.01.06 21:37 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mapetitebrocante.blog.fc2.com/tb.php/157-fdf3cb00