Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入り、時々美味しい物も紹介します
MENU

Brie-Comte-Robert のブロカント・ヘンケルのリンゴ柄

4月28日(日曜)のブロカント、3か所目はブリー・コント・ロベール。
パリの南東40㎞、ブリー地方のひとつでブリー・フランセーズと呼ばれる地域の中心がこの街。
この辺りの街の多くにブリーという名前がついていることからも分かるように、この一帯は牧場が多くブリーチーズが特産。私がブロカントで回る多くの街名にブリーがついているので、いつかこの辺りで作られているブリーチーズの紹介が出来たらと思っている。

IMG_0435.jpg

道中は菜の花の絨毯!




IMG_0252.jpg

街外れにあるスーパーやレストランなど複数のお店が集合している大きな駐車場がブロカント会場。
だだっ広いので地べたにダーッとこんな並べ方・・・、無造作な感じがたまらない。

ここでは年に4回ほど開催されているのだけど、ブロカント、ヴィッド・グルニエ、マルシェが混じっていて、特に安い服とか日用品を売っているマルシェのスタンドが目立つ。
中でも二重、三重にも人垣ができているのが、よくテレビ・ショッピングでも見る野菜をスライスしたりカットしたりする器具の実演販売。リズミカルな口上に合わせて、野菜がどんどんカットされて山積みになる様子にほぉ~と思いながらついつい見入ってしまうのだけど、こんなところで立ち止まっている暇はないのだ、この日は既に3か所目、朝4時からスタンドが出ているため、夕方早々には片付け始めるスタンドもあるので急がなくては…!




IMG_0383.jpg

見つけたのはヘンケル社のリンゴ柄のメジャーカップ。1960年~70年代のもの。
本来ならプラスチックの蓋があるはずなんだけど、なかった。でも保存せずに計るだけなら蓋は必要ないかな。




IMG_0384.jpg

我が家にあるリンゴ柄いろいろ。キャニスターとかグラスなど。
ヘンケルはドイツの会社だけど、これらはフランス製。フランス向けの商品だったらしい。
リンゴ柄の他にも同じ形で、黄色、赤、緑、青色の花柄のキャニスターがあるけど、断然リンゴ柄がポップで可愛い!




IMG_0386.jpg

葉っぱの中にHENKELとくり抜かれているのも愛嬌があって好き。


読んで頂いてありがとうございます。
共感していただけましたらクリックお願いします、ランキングに反映されます。
ジモモ パリ  にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mapetitebrocante.blog.fc2.com/tb.php/16-82f1d785