Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入りの紹介、フランス各地を訪れた旅の記録。
MENU

Sucy-en-Brieのブロカント・ビロードの鍵掛けと絵葉書



2016年3月20日(日)、パリの南東20kmに位置する94県スーシー・オン・ブリーのブロカント。





スーシーの別の区でのブロカントは数年前に行ったことがあるけど、1930年に建てられた赤レンガが美しいChapelle Sainte-Jeanne-de-Chantal (サント・ジャンヌ・ド・シャンタル聖堂)がある、 Bd Louis Boon (ルイ・ブーン大通り)でのブロカントは初めて。

春分の日、薄曇りで底冷えして寒かった。





blog12_201603211822473c7.jpg

スタンド数も結構あり、食器や古い物もそこそこあって、何か見つけそうな予感が ... 、的中せず......。






blog17_20160321182251e83.jpg

濃い緑のビロード張りの鍵掛け(って言うのかな。掛けるのは鍵だけじゃなくてもいいけど)。
裏側にフックがついてるので壁やドアに引っ掛け可能。
似たような物をもっていたけど、ビロードが劣化してボロボロになってしまったので、ほぼ同じような物を手に入れられてうれしい。





blog18_20160321182253e4b.jpg

ベルサイユ宮殿に飾られている「マリー・アントワネットと子供たち」の肖像画の絵葉書。
絵の写真ではなく、絵葉書用に描かれたものに彩色してあるタイプ。





blog13_20160321182248679.jpg

現在のミュージアムショップで売られているもの(左)と比べてみた。
随分と印象が違う。

表の右下に貼ってある切手、通称「マリアンヌ」。
この絵柄の10C(10サンチーム)は1903年に発行されたもの。





blog15_20160321182249928.jpg

裏側にはマリウスさん(男性)からカミーユさん(女性)へ、日曜にカフェのお誘いのメッセージが。
年代は分からないけど、「パリで」「6月26日に」書かれたもの。







店先にヴィエノワズリーやフーガス、サンドイッチの屋台を出していたパン屋。
2013年度のイル・ド・フランスのガレット・デ・ロワ コンクール優勝店。
3年前にガレットを買いに来て以来久しぶり。
この日はクロワッサンやパン・オ・ショコラ、アンズの入ったデニッシュを買ったけど、やっぱり美味しかった!
パイ生地が美味しいパン屋は、ヴィエノワズリーもガトーも美味しい。
 
Aux Trois Petits Mitrons
2 Bd Louis Boon
94370 Sucy-en-Brie


2ヶ所目はスーシーの隣街、Bonneuile-sur-Marne ボヌイユ シュル マルヌへ。
集めているシリーズの陶器のキャスターがあったけど値段が折り合わず諦めました。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ  

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

4 Comments

みき says..."No title"
こんばんは~。先週末は家から遠いブロカントばっかりだったので行かず、農家の方に行ったのでした。Sucy-en-Brieは94県になるのですね。
こういう鍵かけ(こういうものの名前って付けにくいですよね!)見たことがないです。なんだかお城などで使っていそうな雰囲気がありますね。
旦那が切手集めているおかげでわたしもポストカードを見るのが好きになりました。集めているのが100年ぐらい前の女性の服装。ブロターニュ地方など有名ですが(レース編みが素晴らしい)ブルゴーニュ地方でも町ごとに違っていたりして探すとおもしろいです。なかなか見つかりませんが。
昔のどんなのムッシューが書いたのかなぁなんて想像するのも楽しいですね!やっぱり今のより昔の絵ハガキの方が私は好きだな~。
明日。雨降らないで欲しいですよね~!!
2016.03.27 06:42 | URL | #- [edit]
Mica says..."Re: みきさん"
みきさん、こんにちは。
毎年1月にオゾワール・ラ・フェリエールで絵葉書のサロンがあってますよ!
今年は行けなかったのですが、昨年行った時はsalle des fetesにプロのスタンドがびっしり並んでいて、探しているジャンルを伝えると既に仕分けられている葉書の束やファイルをどんと渡してくれるので、気長に探すことが出来ました。
切手もあったかどうか記憶にないのですが、ありそう・・・。みきさんご夫婦楽しめるはず!
来年行ってみてはどうでしょう?
人物が写っている葉書って結構いいお値段するんですよね、昔のパリの通りで商売している人たち(ガラス板売りとか、甘草水売りとか、古着売りとか…)の葉書欲しかったのですが、びっくりする値段で諦めて、本屋で写真集買ったことがあります。
それと使用済みの葉書も良いですよね、というか使用済みの方が好きです、昔のは万年筆で花文字みたいなのを器用に書かれてる方が多くて読むのも楽しみです。
今日の結果は…、いまいちでした。みきさんはいかがでしたか?
2016.03.28 00:32 | URL | #- [edit]
みき says..."No title"
micaさん、こんにちは!日曜日は降りそうで降らなかったですね~。取りやめにしたスタンドが多くって残念でした。お昼におよばれしていたので94県の方まで行ってみました。結構、というか、いいものみつけましたよ!写真を整理したらブログに載せますね!みてください!!
オゾワール・ラ・フェリエールに絵ハガキサロンが1月にあるのですね。切手もあるなら旦那と行ってみたいです。おじいちゃんおばあちゃんの世界かと思いきや結構若い人も集めているものです。昔の人って字がとっても品があって上手!読めないのも多いですけどね!!(笑)
2016.03.29 23:59 | URL | #- [edit]
Mica says..."Re: No title"
オゾワールの絵葉書サロン、昨年は見事にじいさんばあさんばかりでしたよ、売り手も買い手も。
子連れで、しかもアジア人の、このサロンの中では若い方の私は何度も売り手のおじさんたちに「珍しいなぁ」と呟かれました。
やっぱり年配の趣味なんですかね、葉書って…。
ひとつのスタンドで1枚1枚探すのであっという間に2時間くらい経って、それでも5スタンドくらいしか見れなくて、今度はじっくり見るために一人で行こうと思ってます。
1月だけど屋内であるのでゆっくりできますよ、来年は是非!!
2016.03.30 20:26 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mapetitebrocante.blog.fc2.com/tb.php/163-330c3271