Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入り、時々美味しい物も紹介します
MENU

Ozoirのブロカント ル・クルーゼ Mama 揚げ物鍋

2016年5月1日(日)、メーデーで祝日。
77県内で、コレジアン(Collegien)とサン・チボー・レ・ヴィーニュ( Saint-tibault-les vigne)とオゾワール・ラ・フェリエール(Ozoir-la-Ferrière)の3か所のブロカントへ。



収穫があったのは毎年の恒例、オゾワール・ラ・フェリエールのブロカントのみ。






blog1_20160502160949f6d.jpg

エンツォ・マリ(Enzo Mari)がデザインしたル・クルーゼの「ママ」シリーズ2個。






blog2_20160502160950ac4.jpg

直径20センチのまん丸の鍋。
蓋を開けたらなんと揚げ物用網がセットされていた!
鍋の状態もピカピカだし、これはもう迷わず購入。






blog3_2016050216095257f.jpg

2~3人分の揚げ物に最適な大きさ。
フランス人が大好き、我が家もみんな大好きなフリット(フライド・ポテト)を揚げるのにとっても便利です。
(天ぷらや唐揚げなどは、衣が網にくっついて上手く揚がらないので網は使用しないほうが良い)

うちにある網付きの揚げ物鍋は大きすぎて(24センチ)しまい込んだままで、直径20センチのル・クルーゼの片手鍋で揚げ物をしていたのだけど、取っ手が邪魔な上に蓋がないので不便だった、これで一気に解消。

1980年ごろのこの揚げ物鍋の広告を見ていたら、網だけでなく蒸す為のプレートもあるよう、いつか欲しい!





blog49_201604102125066b9.jpg

こちらは別のスタンドで見つけた直径17センチ(なんだか中途半端な数字だな)の鍋。
蓋がないのでかなり迷ったけど、このころんとした小ささは可愛いし、先に黄色の揚げ物鍋を見つけてなんか今日はママの黄色に縁があるんでは?とテンションが上がって買ってしまった。

これまた別のスタンドでは黄緑の楕円形ママで、これが「ダブル・ママ」とでも言おうか、下段は鍋+上段はオーブンプレート(鍋より深さが浅い)+蓋という完全版を発見。
鍋自体の状態は良かったのに、蓋のツマミが壊れたらしくオリジナルではなく、タンスの取っ手みたいな(ブリコラージュの店でよく単品で売ってあるもの)、黄緑のプラスチックの丸いツマミが付けてあって興ざめ。
ル・クルーゼでもツマミだけ売ってるので注文して付け替えればいいかな、とも思ったけど、んー、たぶん面倒くさくてしないだろうということで却下。
しかし残念だったな、いつか完璧なダブル・ママに出会えるんだろうか?





blog50_20160410212508317.jpg

揚げ物鍋の黄色とはちょっと違って山吹色っぽい。
手持ちのオーブンプレートと同じ色です。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ  

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

4 Comments

みき says..."No title"
ここのブロカント、去年は雨模様で人もまばらだったけど今年はすごい人出でしたよね!スタンドもすごく充実していて期待通りでした。
ママシリーズのフライ用鍋、真新しい!!ホーローもピカピカしてますね。きれいな色だし。
ふたの取っ手って買えるんですね。古いのでも今のでもねじは同じなんですか?知らなかった!覚えておきます!
そういえば、1番端っこのスタンドで(どちらの端っこかわかりませんが。。)サルグミンの花リム(と、思う。)のスーピエール売ってたけど見ましたか?状態はすごくよくて、4ユーロだったと思います。でもスーピエールって場所とりますよね。。。
2016.05.12 21:35 | URL | #- [edit]
Mica says..."Re: みきさん"
それが今、ebayで「ママ」の「黄緑」のツマミだけ売ってる人がいて、あ~~って叫んでしまいました。でも送料入れて15だか20ユーロくらいだったかな、高過ぎですよねー。
古いのでも今のでも同じだと思います。
スーピエール、気付きませんでした、でも大物はほんと置き場所に困りますねぇ。見つけても買わないかもです。
オゾワールで、気になるカフェオレボウルがあったんです、赤と青の幾何学模様みたいなのが3ユーロ(小さな欠けがあったような、でもわりと良い状態)、同じスタンドでもう一つは濃紺のアラベスク模様みたいなのが1ユーロ(内側の貫入にシミが入り込んでてかなり茶色)。
アラベスク模様みたいなのは珍しいなぁとかなり迷いましたが、1ユーロであっても状態重視なのでやっぱり買いませんでした。
でもいまだに気になってます。
2016.05.13 00:20 | URL | #- [edit]
みき says..."No title"
あ、そのカフェオレボール売っていたスタンド見ました、見ました!えぇ!その濃紺のアラベスク模様のって、普通のより少し小ぶりの??私これ3ユーロって言われてあきらめたんですよ。交渉の余地なしでした。1ユーロなら買ってました。。
基本持っていない柄のは状態がよくなくても1ユーロなら買います。でも3ユーロって高いなぁとあきらめました。バックスタンプも知らないやつで三角形のスタンプだけだったし。
赤と青の幾何学模様みたいなのはみかけませんでした。。ブロカントってやっぱりその時の運ですね。。。スーピエールはやはり躊躇しますよね。
2016.05.13 17:32 | URL | #- [edit]
Mica says..."Re: みきさん"
そうです、そうです、ちょっと小ぶりのボウル、日本のご飯茶碗ぽっかった。
あれ?柄も濃紺の昔の茶碗にありそうな感じだったし、もしかしてご飯茶碗じゃなかったですよねぇ?
幾何学模様が1ユーロだったら買ってたんだけど、濃紺のボウルのあの茶色のシミは許容範囲じゃなかったです。
でも、やっぱりブロカントでの値段って決まってないものなんですね、人や時間帯によって変わるもんですね、一瞬の差で見つけるか見つけないだし、ほんと運ですね。
2016.05.14 00:51 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mapetitebrocante.blog.fc2.com/tb.php/174-02268d6a