Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入り、時々美味しい物も紹介します
MENU

フランス北東部の旅①ピエールフォン城

4連休だった5月はじめ、3泊4日でピカルディー地方、ロレーヌ地方、ベルギー国境近くまで城や大聖堂、マリー・アントワネットの足跡を辿る旅をしました。

息子が学校で中世の城砦(Château Fort)の造りや名称について勉強したと言って、段ボールで模型みたいなのを家で作り始めて、これは興味があるのかな、興味があるうちに実物を見せたいと思い計画した小旅行。

フランス北東部に決めて地図を見ていたら、マリー・アントワネットがフランスに輿入れした時とか、フランス革命の逃亡時に通ったルートがあるので、じゃぁついでに私の趣味にも付き合ってもらおうということになりました、というかほとんど私の趣味に付き合わせた結果になりましたが…。





まずはパリの北東90キロメートルに位置するピエールフォン城 (Château de Pierrefonds)。





pierrefonds3.jpg

城の姿が現れた時は、うわぁと声を上げるほどに巨大。






pierrefonds2.jpg

15世紀建造の中世の要塞の為の城なので、ヴェルサイユやヴォー・ル・ヴィコント城のような繊細さはない。





pierrefonds5.jpg

1393年シャルル5世の息子ルイ・ドルレアンにより建造、1617年にルイ13世によって破壊された。
1810年ナポレオン1世が買い取り、1857年にナポレオン3世のために再修復。




15_2016050821535001c.jpg

城の入り口には投石機や跳ね橋があって、中世の城への入場はわくわくもの。
息子は「本物の跳ね橋だ!」とか、「塔がたくさんある!!」とか興奮してました、やっぱりここを選んで良かった。





pierrefonds1.jpg

城と礼拝堂に囲まれた中庭はかなり広い。





8.jpg

ナポレオン3世滞在のために、石の瓦礫だらけの廃墟と化していた城の再建築をしたのは建築家・ヴィオレ・ル・デュック(1814-1879)。
写真はナダール撮影。




9.jpg


修復前のこの1856年の写真を見るまではここまで瓦礫状態とは思ってなくて、ほとんど無の状態から、この巨大な城を修復というより再建築したなんて、当時の技術と財政力は凄い。

と、同時に中世の頃のものはほとんど残っていないのかとはじめの興奮がちょっと冷めてしまった。





10_2016050821533326b.jpg

パリのノートルダム寺院とか、カルカッソンヌとか、コンピエーニュの城とかフランスの主な歴史的建造物は、ヴィオレ・ル・デュックがいなければ今の姿がないことは分かっているけど、壁紙のデザインから、ガーゴイルひとつひとつに至るまで彼によるデッサンを基に造られたなんて、これはもう「ヴィオレ・ル・デュック城」と言えそう。





13_2016050821534761b.jpg

壁紙はアール・ヌーヴォー先取りといったデザインでかなり好みな色使いと柄。





12.jpg

高さ12メートルもある「裁判の間」、22枚の窓があり開放感があって明るい。
この円形のソファも、ヴィオレ・ル・デュックのデザイン。






11_20160508215335680.jpg

ナポレオン3世の寝室。
ほとんど破壊されてしまっているので中世の調度品はもちろんなく、中はガランとしています。

この壁紙も暖炉も天井の装飾も、ヴィオレ・ル・デュックのデザイン。






pierrefonds4.jpg

城の麓にはパン屋やカフェなどが並んでいる。





14.jpg

城下町らしく城の周りは瀟洒な家が多く、湖のほとりも歩いていて気持ちいい。
ボート遊びもできる。

★ピエールフォン観光局
http://www.pierrefonds.eu/

★ピエールフォン城のサイト
http://www.chateau-pierrefonds.fr/
Rue Viollet-le-Duc
60350 Pierrefonds

入場料 7,50ユーロ
18歳以下無料

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ 

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

みき says..."No title"
すごい迫力のあるお城ですね~!さじを投げだしそうな廃墟から見事な再建築。便利なものがない時代、技術力は今よりもっとすごかったのでしょうね。
息子君が興味をもって感動してくれて旅行の計画をしたかいがありましたね!!
2016.05.25 01:54 | URL | #- [edit]
Mica says..."Re: みきさん"
見応えがあってとても迫力ある城でしたが、たった150年くらい前に造られたものかと思って眺めるとちょっと冷めた気分になりました。
どこの城でも修復・修繕あってこそ立ち入れたり、見学できるものだと分かってはいても、古いものが全く残ってないとなると、テーマパークみたいな感覚で見学してしまいました。
でも中世の建築に忠実に再建築されているので、一見の価値ありですよー。
2016.05.26 01:03 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mapetitebrocante.blog.fc2.com/tb.php/175-b816e5cb