Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入り、時々美味しい物も紹介します
MENU

フランス北東部の旅②Soissons

2日目はノール・パ・ド・カレ・ピカルディー地方(Nord-Pas-de-Calais-Picardie)、エーヌ県(Aisne)のソワッソン(Soissons)の街を散策。





soissons3.jpg

ここに来た目的は、向こうが透けて見える1076年に建造されたゴシック様式のサン・ジャン・デ・ヴィーニュ修道院(Abbaye St-Jean-des-Vigne )を見るため。

Rue Saint-Jean 02200 Soissons




soissons 7

戦争で破壊されて尖塔とファサードだけが残っていて修復されていない、そのまま。





soissons8.jpg

それなのにとても美しくて、間近で見たらかなり心にぐっと来る姿で感動しました。
ずーっと見ていても飽きない、帰り際は何度も何度も振り返ってしまうほどでした。





soissons st jeans1

隣接する建物は地上階が食堂だった所。





soissons st jean 2

地下は食糧貯蔵庫。





soissons1.jpg

裏手は芝が広がり、基礎が遺跡みたいに残っている。




soissons st jean des vingne


子供達は石によじ登ったり、芝の上を走り回ったりして楽しそうだったので、こんな場所があると知ってたら街の中心部でサンドイッチでも買ってピクニックしたかった。





soissons st gervais

街の中心部にあるサン・ジェルヴェ・エ・サン・プロテ大聖堂(Cathédrale Saint-Gervais-et-Saint-Protais) 。

23 Rue des Déportés et Fusillés
02200 Soissons





soissons st gervais 2

屋根が黄色や緑のタイルみたいできれい。





soissonns st gervais

1176年建造のゴシック様式、ピカルディー地方の6大ゴシックのひとつ。





soissons st gervais3

1914~18年の第一次世界大戦でドイツ軍に破壊され、1937年に再建築された。





soissons st gervais1





soissons5.jpg

今では道路で分断されているけど、大聖堂に隣接して司教館が残っている。
1770年、マリー・アントワネットがウィーンからフランスに輿入れする際に宿泊した所。

宿泊先に選ばれた街は、道路を整備し、大抵どの街でも司教館や修道院に泊まっているけど、当時の最高級の壁紙やら調度品で部屋を整え、食事や余興の準備まで全てその街で負担しなければいけなかったそうだ。

3 rue de l'Évêché
02200 Soissons





soissons6.jpg

表に周ったら、なんとここ今では託児所になっている。
もちろん中は全て改築して当時の面影は何も残っていないと思うけど、マリー・アントワネットが寝た所で、今は乳幼児達が遊んだり昼寝してるのか、と想像すると微笑ましい。

★ソワッソン観光局
16, place Fernand Marquigny
02200 SOISSONS
http://www.tourisme-soissons.fr/

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ 

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

みき says..."No title"
Micaさんこんにちは。
サン・ジャン・デ・ヴィーニュ修道院にまん丸に切り抜かれた青い空に目を奪われました。大きなカテドラルなど訪れるときいつも思うのが荘厳で異教徒のものでも畏敬の念がわくこと。それは目を奪われるほどの建築美がそうさせるのかなぁと思っています。ステンドグラスの反射がきれいです。
保育園はなんだかうらやましいですね。私の子はマリーアントワネットが泊まった部屋でお昼ねしてるのよ~。なんて。。
2016.05.29 01:25 | URL | #- [edit]
Mica says..."Re: みきさん"
みきさん、この修道院は不完全なのに、完璧に修復された建築物よりも美しくて感動しました。
特にこの日はくっきりとした青空だったので、さらに美しさが際立ってました。
以前テレビでやっていたのですが、フィレンツェのドームだったか、イスタンブールのモスケだったか現在の技術では造れないと言っていて、何世紀も前の人たちの技術力に驚きました。
現存する大聖堂とか城って、外観だけの箱物ではなく、そこに住んでいた人とか携わった人の歴史や念まで感じてしまいます。
今ソワッソンに引っ越したら、娘をこのギャルドリーに通わせられるのになぁと一瞬思いました、笑
そうしたら私も中に入れる!←これが目的!!
マリー・アントワネットが宿泊したとの記載はなかったけど、ナポレオン1世が滞在したとのプレートはありましたよ。
2016.05.29 06:17 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mapetitebrocante.blog.fc2.com/tb.php/176-f1b99e72