Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入りの紹介、フランス各地を訪れた旅の記録。
MENU

フランス北東部の旅⑦Bar-le-Duc

最終日はバル・ル・デュック。
モンメディかヴェルダン辺りで宿泊できたら、と思っていたのだけどこの週は連休な上にとても好天でホテルが見つからず仕方なく何とか一軒だけ見つかった宿泊先がバル・ル・デュック。
ところが思いがけずここに来て良かったと思わせるような素敵な街でした。



ミューズ県(Meuse)の南西部地域を、バロワ(Barrois)と呼ぶのですが、その中心がバル・ル・デュック。




bar8.jpg

古い建物が立ち並ぶ「中世の地区」と呼ばれる高台にある「上の街」から見た、現在の中心部「下の街」。

上の街は店が少なく歴史的建造物や古い建物が集中しており、ブティックやカフェ、駅などは下の街に集中している。

モンメディにも一緒に行ったのだけど、上の街の大学に通っていた夫の友人が「地元」のガイドをしてくれた。
何度も一緒にヴァカンスを過ごしている人で、建築や歴史に詳しいので楽しめる。






中世の地区と言われるだけあって、古い建物が並ぶ通りは美しい。
特に目に付くのが、カラフルな雨戸。
雨戸と看板、雨戸と中のカーテンなどちゃんと同系色を組み合わせていて、いつもながらフランス人の色の組み合わせのセンスの良さには感嘆する。





bar2.jpg

殆どの見どころは「上の街」に集中していて、これはその中心にあるサン・テティエンヌ教会(Eglise St-Etienne)。
開館日がかなり限定されているので要注意です。

開館日
4月3日~5月17日: 金・土・日 :14時~18時
5月18日~9月20日: 毎日10時半~12時/13時半~18時半
9月25日~11月1日: 金・土・日 :14時~17時
祝日(4月3日~11月1日までの): 14時~18時

教会に入って左手には観光案内所(臨時だと思うけど)もあります。






bar14.jpg

教会の中にある「Transi de René de Chalon」(ルネ・ド・シャロンの骸骨の彫刻)

ルネ・ド・シャロンは、シャルル・カント (Charles Quintカール5世1500-1558年 ハプスブルク家出身の神聖ローマ皇帝)の寵臣で、1544年25歳で戦死した。
妻とはバル・ル・デュックで結婚しており、死後の心臓と内蔵は取り出され、「デュック・ド・バル城」付属の参事会に納められた。

リジエ・リシエ (Ligier Richier 1500年頃~1567年 彫刻家)が、墓碑として作製。
第一次世界大戦中は、パリのパンテオンに疎開して無傷だったが、2000年代に教会の湿気などでダメージが多く修復されている。





bar13.jpg

不気味だけど美しい彫刻です。

この像の下には、この地方の権力者とその妻たちの骨も納められている。




bar15.jpg

キリストの磔刑。
キリストと一緒に処刑された2人の男性、3体並んでるのは初めて見ました。




bar7.jpg

教会の壁には戦争時の銃弾の後が無数に残っている。

北東部を車で走っていると、白い十字架の墓石が何百基と並んだ墓地を見かけるし、何よりVerdun(第一次世界大戦でフランス軍とドイツ軍が戦った激戦地)が近いので、嫌でも戦争に関係した建物を見る事になる。






bar19.jpg

教会前の広場の建物。
古いけど美しい。
でも手入れされてなくて人が住んでる気配がない建物が多いのが残念。





bar12.jpg

「上の街」は煤が洗われてない建物が多くて、より一層古さを感じて好感が持てるけど、手入れされてないとこの先も現存出来るのかが心配になる。






bar18.jpg

茶色の木組みの建物は教会前広場の中でも最も古い15世紀のもの。
地上階(一階)の面積で税金が決まるので、地上階より上部が出っぱって、上部の面積が若干広くなっている。

日本では江戸時代、間口に税金がかけられていた為、間口が狭く奥行きがある家屋が建てられたのと同じ発想。

Place Saint-Pierre




bar11.jpg

バロワ美術館(Musée barrois)となっている15世紀のデュック・ド・バル城(Le chateau des Ducs de Bar )。
歴代のバル公爵/侯爵の住居だった。

http://museebarrois.eklablog.fr
Rue François de Guise
55000 Bar-le-Duc

開館日
9月~6月→水・木・金・土・日 14時~18時
7月、8月→毎日14時~18時




bar17.jpg

現在は分断されてぽつんと立っているけど、以前は城と繋がっていた12世紀の時計塔(Tour de l'Horloge)。




bar5.jpg

1716年、ロレーヌ公爵サルム家により建造されたサルム館。
歴史的建造物となっているので見上げていたら、ここに1973年から住んでいるというマダムが中から出てきて、エントランスを見せてくれた。

Hôtel de Salm
38 rue du Tribel
55000 Bar-le-Duc



bar6.jpg

修復されているけど当時を彷彿とさせる優雅な柱と階段。

今はアパルトマンとして分譲され、裏庭には花一つなく、草が生え放題、壁に沿ってずらりと現代風な、でも使用している人もいないらしい倉庫が並んでいて(上の写真の左側・馬車用の門の奥に見えるのがそれ)、マダムは嘆いていた。

歴史的建造物を維持するには、相当な費用が掛かるし、勝手に手をつけることも出来ない。
市が負担してくれるのも期待できず、大きな企業がバックアップしてくれたらと言っていた。





bar4.jpg

どの家のファサードもバルコンもドアも古く、装飾が凝っている。
この家のドアの両脇下段には靴の「泥落とし」も健在。

★バル・ル・デュック観光案内所
www.tourisme-barleduc.fr
7, rue Jeanne d'Arc
55000 Bar-le-Duc


宿泊はとっても明るいマダムがいる居心地の良いGite(ジット 個人宅内の貸部屋みたいな所)。
シャンプーやせっけん等のアメニティは一切なし、朝食も自分たちで調達。
4部屋の貸し部屋に対して2つのキッチンがあるのでアパートホテルみたいな感じで、子連れには便利。
私たちが泊まったのはダブルベッドが2つある25㎡の広々した部屋(シャワールームも広い)でなんと49ユーロ。
広い上に安くてびっくり、清潔で快適でした。
★Gîte du Barrois
http://chambresmeuse.free.fr/
29 rue du Port
55000 Bar-le-Duc


昼食をとった「下の街」のレストランはQualité (質)とPrix(値段)が正比例してる上に美味しく、サービスが素晴らしかった。
★L'Escapade
108 Boulevard La Rochelle
55000 Bar-le-Duc

ついでにバル近郊に住んでいる友人のお母様のお家にもちょっとだけ寄らせてもらった。
南仏にもう一軒持ってらっしゃって、ヴァカンスで何度も使わせてもらってるのにお会いするのは初めてだったから、挨拶出来て良かった。
バル近郊の家も、南仏の家もアンティーク家具ばかりなので、色々質問していたら、「もう年だし一人暮らしだから家具を処分しようとブロカント屋に見積もってもらったら10サンチームでも引き取らないと言われたのよ、暖炉の薪にしろですって!あなた興味あるなら皿でも家具でも持って行ってくれない?」と言われたけど普通車に積めないほど大きな家具・・・。
1800年代後半以降の家具は、出回り過ぎていて価値がないんだそうです。

と、充実したバル・ル・デュック、街も人も想像以上に素敵だった。
「上の街」が素敵過ぎてもう一度行きたい。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ 

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

noel says..."アンティーク"
いつも楽しみに拝読しています。私が短期留学でモンバールで泊まった家も1675年建築の修道院をアパルトマンに改装したものでしたが、使用されていない建物は壊れて、屋根には草が生え放題でした。周辺にも売家が何軒もあり、中世の面影を残す古民家でしたが、修理して住むには莫大な費用がいると思いました。地震や火事に弱い日本家屋では考えられないほど古い家が当たり前のように残るフランス。地方の小さな町では古民家も顧みられなくなっているのでしょうね。アンティークの家具もイギリス人やフランス人の若い友人たちからは「おばあさんの家の家具」と敬遠する言葉を聞きました。私はアンティークを愛用していますが、日本では英仏で買い付けてきた古家具は大変高価です。
記事の更新を期待しています!
2016.06.27 08:34 | URL | #- [edit]
Mica says..."Re: アンティーク"
noelさん、こんにちは。
お久しぶりです、いつも読んで下さってありがとうございます!
1675年の修道院なんて憧れます、外壁や中の梁とか柱はそのままで現代の生活に問題ないようにリフォームしてあるんでしょうか。
歴史的建造物なんかに指定されてる建物は、許可なく手入れも出来ないようですし、やはり便利な生活を求めて近代的な建物の方が人気あるようですね。
「フランスの美しい村々」とかに指定されてる村とかだったら、古い家もなんとか保存できるんでしょうけど。
夫の友人のお母さんのお宅の家具はほとんどが日本人が憧れそうな重厚なアンティーク家具でしたが、100年ちょっと前くらいのものでフランスでは価値がないそうで、もったいない話です。
1700年代とかそれ以前の家具は希少価値が高いそうですが、そんなのお城でしか見ませんよね。
2016.06.27 19:51 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mapetitebrocante.blog.fc2.com/tb.php/180-7f7235bd