Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入り、時々美味しい物も紹介します
MENU

Brie C/R・クーザンスの鍋とM・アントワネットの皿

旅の記録が続いていたので、ブロカントの記録は久しぶりです。
5月、6月の日曜は何か所行っても手ぶらなことも珍しくなかったり、予定が入って出掛けられなかったりといつもの年に比べるといまいちな感じでした。

2016年6月12日(日)、1か所目に小雨がぱらつく中出掛けたのは、77県のBrie-Comte-Robert (ブリー・コント・ロベール)。

2か所目、そこから東へ行ったAubepierre-Ozouer-le-Repos(オーブピエール・オズーエル・ル・ルポ)では大粒の雨が降り出し、スタンドにはビニールが被せられてじっくり見れず収穫なし。
スタンド数は少なかったけど、パッと見て古物商といった感じのスタンドが多く、じっくり見れていたら何か見つけたんじゃないかと思ったので、来年のために覚えておこうと思います。

正午過ぎに3か所目のQuiers(キエール)に着いた頃には土砂降りで、早朝には結構なスタンド出ていたそうだけど、みんなスタンドを畳んでいる最中でガランとしていた。
ここでスタンドを出していた夫のいとこに挨拶して帰ってきただけで収穫なし。
いとこの話では結構古い物を出しているスタンドが多かったそうなので、ここも来年要チェックです。

1ヶ月ぶりくらいに行ったブロカントだったので楽しみにしてたのに徒労に終わった感が半端ない。






ブリー・コント・ロベールでは年4、5回ほどブロカントがあるけど、今回は街の墓地の駐車場という初めての場所で、スタンド数は100くらい。

  



blog6_20160613175739b61.jpg

クーザンスの片手鍋と、マリー・アントワネットの絵皿が収穫品。





blog7_20160613175740f2a.jpg

青い直径16センチの鍋、注ぎ口がごっつくて、意外と使い勝手が良い。





blog8_20160613175742d0c.jpg

木のハンドルも持ちやすい。





blog13_2016061420340772a.jpg

全く同じ縁のレリーフはこれで3枚目かな。
いつか引っ越して広い壁があったらずらりと飾ってみたい。





blog9_201606131757586c8.jpg

St-Amand窯のもので、1896~1952年までに作られたものです。





blog11_2016061317581482e.jpg

ご近所で2週続けて引越しがありました。
その際に不要な家具が出されていたので、頂いて・・・、というか拾ってきたのがこれ。
鏡がついていて、帽子掛けたり、スカーフ掛けたりできます。
木がしっかりしていて結構重い。





blog15_201606162034463cf.jpg

木目とか木肌の家具は苦手なので取り敢えず白に塗ってみた。
息子の部屋の壁に掛けようと思っているので、壁に色に合わせてさらに青で塗ろうか、それともシャビーシックなライトグレーとかベージュにしようかと考え中。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ 

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mapetitebrocante.blog.fc2.com/tb.php/185-3646a247