Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入りの紹介、フランス各地を訪れた旅の記録。
MENU

Neslesのブロカント ル・クルーゼのスキレットでダッチベイビー

2016年7月24日(日)は、77県のネル・ラ・ジルベルド(Nesles La Girberde)のブロカント。





blog41_20160724190632f5f.jpg
 
カフェ・オ・レ・ボウルやホーロー製品を扱っているプロのスタンドが多くて見応えがあったけど、プロだけに手が出ないお値段。

写真手前の重なったカフェ・オ・レ・ボウルの左にちょこっと見えてるのは、ホーローのトルション(布巾)掛け。
ずっと欲しくてやっと見つけたけど、高くて諦めました。
二週間後によその街のブロカントでこのスタンド出ていましたが、トルション掛けは既に売れていました、気長に探すとします。





blog39_201607241855307bc.jpg

色々あったのに、結局買ったのはル・クルーゼのスキレットのみ。

またル・クルーゼ・・・、ル・クルーゼばっかりなのでブログのタイトルを変えたほうが良いかななんて考えたりもするくらいですが、ヴィンテージの鍋類は魅力的です。





blog40_201607241855316cf.jpg

直径20センチ。

売り主は70代のマダムで、ご主人のお母さんから貰ったけど一度も使ってないとのこと。
重いし、鉄は手入れが面倒だからかな?





blog37_2016072418552700c.jpg

家にある16センチのスキレットは、内側もエナメルだけど、これは鉄鋳物そのまま。
未使用品とのことで、焦げ付かないようにシーズニングして使用します。

使用後は洗剤は使わず、水かお湯で洗い、すぐに火に掛けるかオーブンに入れて白い煙が出るくらいまで空焚きして水分を飛ばします。
そしてオリーブ油を薄く塗って終わり。
面倒といえば面倒だけど慣れたらそうでもない手入れ法。





blog38_201607241855299c6.jpg

最近よく作るダッチベイビー。
バターの代わりに、食用に髪に口腔内に身体に多用しているココナッツオイル。
ふちはカリッと、中はしっとり。
クレープは一枚一枚焼くのが面倒だけど、これは生地を流し込んでオーブンに入れるだけだから簡単。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ 

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mapetitebrocante.blog.fc2.com/tb.php/189-9b0cace1