Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入り、時々美味しい物も紹介します
MENU

Chenoiseのブロカント・バラ柄デミタスカップ

2016年8月7日(日)、中世都市プロヴァン(Provins)に程近いシュノワーズ(Chenoise)のブロカントへ。



3年ぶりに来ました。
前日の夜は日付が変わるまでいとこの家でバーベキューをしていたので、日曜の朝はゆっくりして午後出掛けたら暑くて暑くて集中出来なかった。

掘り出し物を見つける為にも、やはり早起き必須です。





blog51_2016081021350326e.jpg

教会を中心とした街の中心部は、新しい家も古い家も建っているのだけど、どの家の庭先もバラがきれいに咲いています。






blog50_20160810213502638.jpg

このお宅の雨戸は紫、バラも紫!
もちろん偶然じゃないでしょう、こういうセンス、さすがフランス人。
それにこのバラ、とても良い香りが漂ってました。





blog52_2016081021350410c.jpg

他の街からやって来たプロのスタンドが半数以上もある目の保養に良いブロカントなのですが、これは若い女性が自宅前に出していたスタンド。

バラ柄の食器類の値段を聞いたら、「マミー(おばあちゃん)に聞いてきます。」と奥へ。
やっぱりサルグミンヌやディゴワンの食器はおばあちゃん世代の物なのですね。





blog46_201608080130585da.jpg

ディゴワンの「Cibon シボン」シリーズはこのデミタスカップだけで、上の写真に見えるティーポットやソース入れ、カップなどは他のシリーズ。
バラ自体はほぼ同じデッサンだけど、その周りの線の模様が気に入らず、このカップのみ購入。





blog47_20160808013132a11.jpg

「Cibon」とサインが入っています、他のシリーズにはこういうサインは入っておらず、これがシボンの特徴です。




blog48_20160808013134cb2.jpg






blog49_20160810213500f62.jpg

マリー・アントワネットの絵皿も見つけました、初めて見るデザインでしたが、地べたに置いてあったにしては可愛くない値段。
しかも顔つきが男っぽくて、ふくよかな感じがなくてそんなに惹かれないデッサンでした。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ  

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mapetitebrocante.blog.fc2.com/tb.php/190-71a60356