Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入りの紹介、フランス各地を訪れた旅の記録。
MENU

ノルマンディーの旅②Etretat

ルーアンを後にして向かったのはエトルタ。






Etretat3.jpg

モネの絵やモーパッサンの小説に触れる度に、行きたい行きたいと思っていた所。
まず向かったのはノートルダム・ド・ラ・ギャルド礼拝堂が建つアモン断崖(Falaise d'Amont)。
ここには無料の駐車場があって、断崖の上まで車で行けます。





Etretat19.jpg

アモン断崖から西側にある象の鼻の形をしたアヴァル断崖(Falaise d'Aval)と「針の岩(Aiguille)」。
これが見たかったのです!
素晴らしい眺めに感動しました。

前日の8月25日、フェカン(Fécamp エトルタの北16Km)近くの断崖が崩れたニュースを見たので登るは怖かったのですが、この景色を見たらそんな恐怖はあっという間に忘れてしまった。

靄がかかっていてはっきりしないのが残念でしたが、気温36℃というのに冷たい風が吹いて気持ち良かった。
シートを敷いてピクニック、寝転んでのんびり眺めるアヴァルの断崖は格別でした。





etretat1_20160902171054004.jpg

柵とかないので気を付けないと危ないけど、景色は最高です。





Etretat13.jpg

いつまでも眺めていたい風景でしたが、その後は下って、エトルタの中心部に車を停めて通りを散策。





Etretat4.jpg

古い木組みの建物に、海の幸の盛り合わせやムール貝を出すレストランが並んでいます。





Etretat6.jpg

小さな中心部を一周してアモン断崖とアヴァル断崖に挟まれた海岸へ。

クロード・モネが絵を描いた場所。
モネはエトルタの風景を80点以上も描いています。





Etretat18.jpg

砂ではなく石、まん丸の石ころでかなり歩きにくい。
自然保護の為の石なので、持ち帰りは禁じられています。




etretat.jpg

モネの他には、シニャック、ブーダン、マチス、コロー、ドラクロワなども訪れている。

絵心のない人でも描いてみたいとか撮ってみたいと思ってしまう、画家なら筆をとりたくなるのはもちろんと思わせる風景です。




Etretat7.jpg

カモメがあちこちにいて、人馴れしてて逃げないどころかポーズさえとっているかのよう。





etretat2_20160903170451231.jpg

浜辺の遊歩道に設置されていたのは「Lire à la plage」浜辺で読書。
本を借りることができます。
海で本を読んでのんびり過ごすヴァカンス、海に図書館なんてフランス人しか考えなさそう。





Etretat12.jpg

夫と子供たちが浜辺で遊んでいる間、私一人でアヴァル断崖に登って来ました。
かなり急な傾斜で息切れしつつなんとか頂上に到着。

途中ひらけた所にベンチがあるので、鞄に入れてきたモーパッサンの「女の一生」を数ページ読んでしばし空想の世界へ。





Etretat17.jpg

アヴァル断崖の西側にも象の鼻、マンヌの岬(La Manne Porte)です。
本当はマンヌの岬からアヴァル断崖を見たかったのだけど、これ以上歩く力が無く・・・。

ここはゴルフ場が広がっています。





Etretat9.jpg

「女の一生」の主人公達は、ここから北に12キロ程のイポールの漁港から小舟に乗ってエトルタへ。





Etretat16.jpg

主人公の父親は、娘と近い将来娘婿になる男性を残し、この断崖を登り、細い橋を渡った岩の空洞、「令嬢たちの部屋」 (Chambre des Demoiselles)」 と呼ばれる所まで散歩に来ます。





Etretat10.jpg

狭い岩の中にはモーリス・ルブラン作アルセーヌ・ルパンシリーズ「奇厳城」に出てくるらしい鋳鉄製の「DF」。
(これについてはちゃんと小説を読みたい、行く前に読んでおけばもっと楽しめた筈と後悔)





Etretat11.jpg

「奇厳城」の舞台となった「針の岩」。





Etretat20.jpg

ここ、断崖の細いとっぺん先、寝転がってる人がいてびっくり。
手前に簡単に乗り越えられる柵があるのですが、こんな細い道を通って、強風が吹いてバランス崩したら一巻の終わり、見てるだけでぞっとしてしまいました。
断崖にはほとんど柵という柵はなく、あちこちに「危険、だけど何か起きても責任は負いません」みたいな看板が立ててある、景観重視なので自己責任、ってことです。

この4日後の8月30日、アモン断崖から70メートル真下に落ちて亡くなった人のニュースを見て更にぞっとしました、エトルタではこの8月、2件目だそうです。
事故なのか詳細はまだ判明してないとのことでしたが、観光に来てて落ちたとしたら気の毒過ぎます。

エトルタ観光案内所
Place Maurice Guillard
76790 ETRETAT
http://www.normandie-tourisme.fr/articles/etretat

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ 

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

みき says..."No title"
micaさん、こんにちは!エトルタいいところですよね~。私も初めて見たときは感動しました。奇岩もですし、地層が見えるところも見ごたえありました。浜はゴロゴロの石で寝っ転がるのはいたいけど。。Micaさん上まで行ったのですね~。すごい!柵がないので怖かったのをおぼえてます。
針の岩の中にお宝が眠っていたら夢がありますね~。
2016.09.10 00:35 | URL | #- [edit]
Mica says..."Re: みきさん"
みきさん、こんにちは!
エトルタ、もっとくっきり見えたら凄かったんでしょうけど、想像以上に良い所でした!
いつか窓を開けたらあの断崖が見えるホテルに泊まってもっと感動したいと思いましたー、いつになるかな。
断崖の上、プセット押して登ってた家族もいましたよ、途中でプセット畳んで赤ちゃん抱っこしてましたが、大変だった後のあの風景は格別でしょうね。
ルパン、みきさん読まれたんですか?私も読まなくちゃ!
明日はどこ行きますか?
2016.09.10 16:33 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mapetitebrocante.blog.fc2.com/tb.php/192-384a7eca