Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入りの紹介、フランス各地を訪れた旅の記録。
MENU

ノルマンディーの旅④Caen・Ouistreham

前日の夜オンフルールからカンのホテルに到着して、この日はカン市内を散策、その後カンから15分ほどのウィストルアムで海水浴。



市内でブロカント開催の情報があったので、その通りに行ってみたけど・・・、なーんにもやっておらず。

トゥルーヴィル・シュル・メールとカンの間辺りでブロカントが多かったのでトゥルーヴィルに宿泊したかったけど、隣町ドーヴィルの高級ホテルしか空いていなかった。
それならばと、大きな街かつブロカントがあるカンに泊まることにしたのにハズレ。
ノルマンディーのブロカント、どんなものか気になります。





Caen4.jpg

気を取り直して朝市へ。
400店舗もある大規模なマルシェで、ここでお昼ごはんを調達することに決めました。

奥に見えるのはサン・ピエール教会(Eglise St-Pierre)の尖塔と、ルロワの塔(Le Tour Leroy、この後行く城の一部だったらしい、11世紀のものだけど今世紀初めに修復されて街中にぽつんと残っている)。





Caen5.jpg

その場で揚げていたファラフェルを試食したらとっても美味しかったので、ファラフェル・サンドを買いました。
パリで食べるのと違い、ラップ式。
野菜やウモスも乗せクルクル巻いて、ドーム型の機械で温めてくれます。





caen1_2016090904103425b.jpg

こちらは夫と息子が調達したキッチンカーで作っているハンバーガー屋。
パテは牛、鶏、豚から選べて、写真撮らなかったのが残念だけどラタトゥイユっぽいソースが美味しかったし、ズッキーニの花の天ぷらもおまけしてくれた。

サン・ピエールの朝市
Marché Saint-Pierre (place Courtonne)
毎週日曜 7時30 分~ 14時30分





Caen2.jpg

1060年ごろにノルマンディー公ウィリアム(フランス名 ギヨーム)征服王(Guillaume le conquérant 1027-1087)により建てられたカンの中心部にある城(Château Ducal)。
カンでもこの後行くウィストルアムでも、ノルマンディーの各街で本当によくウィリアム征服王通り(Rue Guillaume le conquérant)を見掛けた。





Caen10.jpg

城砦のみ残っていて、敷地内には無料で入れます(同敷地内の美術館は有料)。
トイレは美術館(Musée des Beaux-Arts)の地下に。(美術館を見学しなくてもトイレだけのアクセス可能)





Caen7.jpg

公園や芝も広がっているので、この敷地内でマルシェで調達したサンドイッチやハンバーガーでピクニック。





Caen6.jpg

城壁から市内を一望。
修道院や教会(中心部だけでも6つの教会がある)の尖塔がたくさん見えます。





Caen9.jpg

城を出て市内を歩いてみた。
日曜でどの店も閉まっていて、誰ともすれ違わなかったくらい静かな通り。
マルシェの喧騒とは大違い。





Caen8.jpg

建物の色やデザインがパリっぽい。
第二次世界大戦の時の「ノルマンディー上陸作戦」で、カンは激戦地となり1944年6月の攻防戦で街のほとんどが焼けてしまい、聖堂や城砦だけがわずかに残っただけで、あとは長い年月を掛けて再建された。





Caen3.jpg

城や朝市の近くにあるVaugueux地区だけはレストランが立ち並び、写真を撮ったのはお昼前でお客さんはまだ入っていないけど、賑やかさが想像出来る。





Caen1.jpg

カンと言えば、ウィリアム征服王が建てた1063年建立の男子修道院(L'Abbaye-aux-Hommes)と女子修道院(L'Abbaye-aux-Dames)。
男子修道院の外観だけ見ましたが、かなり大きい。
現在は市役所として使われている。
奥の2つの塔が修道院で、手前はサン・テティエンヌ教会。

「男子修道院」Abbaye-aux-Hommes
Esplanade Jean-Marie Louvel 14027 Caen
ガイド付きツアーは時期や曜日によって変わるのでHPで確認のこと。

「女子修道院」L'Abbaye-aux-Dames
Place Reine Mathilde 14035 Caen
ガイド付きツアーは無料で、毎日14時半と16時。

カン観光案内所
Place Saint-Pierre
14000 CAEN
http://www.caen-tourisme.fr/





Ouisterham3.jpg

午後はイギリス海峡に面した海辺の街、フェリー乗り場があるウィストルアムへ。





Ouisterham1.jpg

フェリー乗り場を通り過ぎると、ゴーカートや乗馬、プール、移動遊園地併設の海水浴場がある。
フェリーの船体には「Brittany Ferries」と書かれていて、イギリスはポーツマス行きのフェリーです。





caen2_2016090904182504f.jpg

息子と夫は海へ。
私と娘はシートに寝そべったり、砂で遊んだりして18時過ぎまでのんびり過ごしました。

ウィストルアム観光案内所
Esplanade Alexandre
14150 Ouistreham Riva-Bella
http://ouistreham-rivabella-tourisme.fr/fr/

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ  

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

3 Comments

みき says...""
こんにちは。ノルマンディーのブロカント私も興味あります!ドービルはホテルも高いですよね~。私たちは1、あまり人がいない風光明媚な所、2、美味しいものがありそうな所と、いう風に行き先を決めてます。
そこでブロカントなんてあったら最高ですね!
お子さんたちも楽しめて素敵な旅行になりましたね!巨大なマルシェに興味津々です。ところで、お昼の、ファラフェル・サンドって何ですか?聞いたことないなぁ。食いしん坊なんで気になりました!
2016.09.20 21:39 | URL | #- [edit]
Mica says..."Re: みきさん"
こんにちは!
ドーヴィルのホテル1泊650ユーロでしたー、無理~。
来年はまだ行ったことのないブルターニュ地方に行きたいと思っています、サンマロとか良さそうですが、ここも観光地ですよね、人多いんだろうな。
ファラフェルは、ひよこ豆を潰してコリアンダーとかのスパイスを混ぜて油で揚げたものです、それに千切りのキャベツとかトマトをピタパンにはさんだサンドイッチがあって、マレ地区のユダヤ人街に行くといくつかお店があって、いつも行列ができてます。5ユーロくらいでお腹いっぱいになるし美味しいですよ!
私のお勧めは「l'as des falafel」、パリに行ったら是非!
2016.09.20 23:52 | URL | #- [edit]
みき says...""
ホテル一泊650ユーロ!!!無理!だし、無駄ですね!眠るだけならもっと素敵なジットとかの方がいいかも。
ファラフェル、サンドイッチなんですね。食べたことないし見たこともないです!今度ぜひ食べに行ってみます!ありがとうございました!
2016.09.22 01:36 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mapetitebrocante.blog.fc2.com/tb.php/194-0b21426e