Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入りの紹介、フランス各地を訪れた旅の記録。
MENU

ノルマンディーの旅⑤Beuvron-en-Auge

旅の5日目。
4日目までは、1日ひとつの街、と我が家にしてはのんびり観光してきましたが、5日目と6日目の2日間で7つの村や街を訪ねました。
というわけで旅の記録、まだまだ続きます。

カンから、牛がはべる牧草地帯に、林檎の木々、農家であろう木組みの大きな家、「シードル街道」と呼ばれる道を通りブーヴロン・オン・オージュに到着。

「シードル街道」
http://www.larouteducidre.fr/



「フランスの最も美しい村(Les plus beaux villages de France )」のひとつ。
http://www.les-plus-beaux-villages-de-france.org/fr







今回の旅、初の「フランスの最も美しい村々」。
現在154ある村々、全部回るのが夢なのですが何年かかることやら・・・。

20分もあれば回り切れるほどの小さな村、人口220人ほどです。







残念なことにこの時間、雨だったので更に早歩きしながらの散策。







どの家も個性的な木組みの家ばかりで眺めていて楽しい。
左手の家は歴史的建造物に指定されている15世紀の家。






柱にはこんなコミカルな彫刻が。






雑貨屋やアンティーク屋、ホテル、カフェなどが並んでいて、どこも可愛らしい。





beuvrons2.jpg

カゴやブリキ缶を並べた「Epicerie(食料品店)」、並べ方も看板も可愛らしい。
以前は本当に食品店で、看板はそのまま使っているのかな?

お店の前にいたツーリストのご夫婦、ご主人の服がこの看板と同じ赤・青・黄色の組み合わせで、なんだかぴったりくるわぁと思いパシャリ、奥さんも全身真っ赤でご夫婦で色を合わせてるんでしょうか、おしゃれでした。







右側の看板「Café de Coiffeur (美容室のカフェ)」って、ぱっと見カフェなんだか美容室なんだか分かりにくいカフェ。
字体が素敵です。







窓辺が可愛くてこの小さな通りを3周も歩いてしまった。






一部高床式みたいな造り。







「フランスの最も美しい村々」、今まで10か所ほど訪ねたと思うけど、どこも花盛りで村全体の調和がとれていて、住民の家を美しく、村を美しくという意識が高いことが窺える。






たくさんの花に囲まれた木組みの家々、可愛い小さな村でした。




beuvrons1.jpg

ブーヴロン・オン・オージュ観光案内所
http://www.beuvroncambremer.com/


読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mapetitebrocante.blog.fc2.com/tb.php/195-1d5e4970