Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入りの紹介、フランス各地を訪れた旅の記録。
MENU

ノルマンディーの旅⑩Lyons-la-Forêt

ルーアンの東、20Km程のところにあるリヨン(ス)・ラ・フォレ。



ブナの木が生えている「リヨンの森 」の中にある。





lyons12.jpg

こも「フランスの最も美しい村々」に指定されている、人口750人くらいの村。
http://www.les-plus-beaux-villages-de-france.org/fr






lyons13.jpg

17世紀に建てられた木造の市場(la Halle)がある広場(Place Benserade)が村の中心部。





lyons15.jpg

現在も毎週木・土・日曜に朝市で使われている。





lyons3.jpg

噴水と、カフェやレストランとなっている木組みの家々に囲まれた広場はたくさんの人で賑わっていたけど、騒がしい感じはなく、優美な雰囲気。





lyons16.jpg

田舎の村なんだけど、昔々フランス国王が狩猟の際に滞在した村だったせいか、家の佇まいとか地元の人らしき人たちはとても品が漂っていた。




lyons10.jpg

赤レンガの建物も多い。
おそらく1920年代のもの。




lyons6.jpg

16世紀の終わりに火事で焼けてしまって、ほとんどの木組みの家は17~18世紀に建てられたそうだ。




lyons14.jpg

凝った可愛い看板が多い。




lyons8.jpg

この小さな村には16世紀にシャルル9世が狩りの館として滞在した建物が残っている。
その館は後にベネティクト派修道院となり、その裏手に子どもの遊具がある公園がある。
林檎の木と、透き通ったきれいな水が流れるリウール川(la Lieure)に太鼓橋。





lyons5.jpg

公園の向かいには、「Les trois moulins 3つの水車」と呼ばれる家。
「赤ずきんちゃん」にでも出てきそうなメルヘンチックな家です。




lyons11.jpg

この家の横にもリウール川が流れていて、軸しか残ってないけど、水車があった跡が見られました。





lyons4.jpg

右側の大きなお屋敷は、所有者の友人であるモーリス・ラヴェルが1911~1922年の間に滞在し、「クープランの墓(1917年)」などを作曲した家。
残念ながら一般公開はされていませんが、イギリスの田舎の家を彷彿とさせる立派なお屋敷です。
市場のある広場から下った地獄通り(Rue d'Enfer)。

リヨン・ラ・フォレ観光案内所
25 bis place Benserade
27480 Lyons-la-Forêt
http://www.paysdelyons.com/

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mapetitebrocante.blog.fc2.com/tb.php/200-377909fd