Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入り、時々美味しい物も紹介します
MENU

Fontenay-Trésignyのブロカントル・クルーゼとトルション

2016年 9月11日(日)、Fontenay-Trésigny (フォントネー・トレジニー)とVilleneuve-le-Comte(ヴィルヌーヴ・ル・コント) とTournan-en-Brie(トゥルナン・オン・ブリー)の3か所のブロカントへ。



収穫があったのは最初の2ヶ所だけ。




fontenay.jpg

フォントネーで見つけたのは、ル・クルーゼのフライパンとバスク織りのトルション3枚。




fontenay2.jpg

重たいけど深さがあって、エンツォ・マリがデザインしたフライパンよりも使い勝手が良い。

鉄製なので使用後は毎回シーズニング必須です。





fontenay1.jpg

木製のハンドルが結構スタイリッシュ、料理上手になったと勘違いできる。





fontenay3.jpg

麻のバスク織りのトルション。
光沢と凹凸があって美しい織り。




fontenay4.jpg

洗濯したら細い藁みたいな天然麻の繊維が交互に織られている間からたくさん出てきた。
麻は、吸収性があってトルションにはもってこい、でも伸縮性がなくて洗濯するとしわになってアイロン掛けがなかなか大変です。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ  

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

みき says...""
すごい!新品のようなフライパンですね。持ち手が木製でカッコいい。鉄製なんでやっぱり重いですか?
トッションは変わった織りのバスク柄ですね。麻が入っているなんて、すごく昔の物なんでしょうか?バスク柄ってなんでも、7本まで線があるとか。もんな風なのもあるんですね~。素敵です。わたしだったら、もったいなくて使えないかも~。勉強になりました。
2016.11.04 22:12 | URL | #- [edit]
Mica says..."Re: みきさん"
こんにちは。
重いです!振り回したら凶器になりそうなので、侵入者がいたらこれ使おう!ってうちでは言ってるくらいです、(笑)
でも深さがあるので炒め物してもこぼれなくて使いやすいので、もうTファールのフライパン処分してしまいました、これもう一個欲しいくらい!お勧めです!!
トルションはかなり古そうなものです、布類はもったいなくて使ってないのが多かったのですが、眠らせておく方がもったいないかなと最近使いだしました。私が死んだらこんなの真っ先に捨てられるんだわと思ったら、今のうちに使った方がいいかな・・・なんて思って。
2016.11.05 20:47 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mapetitebrocante.blog.fc2.com/tb.php/203-b8ac018c