Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入り、時々美味しい物も紹介します
MENU

Blandy-les-Tours城とブロカント

2016年9月18日(日)、どんよりした天気の中まずはグレッツ・アルマンヴィリエ(Gretz-Armanvilliers)のブロカントへ。
花形リムのラヴィエとかル・クルーゼを見つけたものの、もう持ってるからいいかなと結局手ぶら。
小雨が降り始めたのでいったん家に戻りました。



この週末は「Journée européennes du patrimoine(ヨーロッパ文化遺産の日)」ということで、雨が降りそうで降らないという状態になったので前から気になっていたブランディー・レ・トゥール城へ。
ブランディー城の近くには、ヴォー・ル・ヴィコント城があって、そこには何度も来ているのにここはいつか行こうと思っていた所です。
城に行くまでに2か所のブロカント(レオウとヴォワズノン)へ行くもまたもや手ぶら…。




blandy.jpg

文化遺産の日は無料で入場出来る上に、場内ではスペクタクルもあり、城の周りではブロカントも開催されていて一石三鳥、家族全員楽しめました。




blandy16.jpg

ブロカントでの収穫はホーローの青いロウソク立てのみ。





blandy1.jpg

14世紀に建てられた「Donjon 主塔」が見学の入り口。
6つの塔が残っていて(それぞれ名前がついています)、それを囲む城壁をぐるりと1周歩くことができます。




blandy3.jpg

展望台となっている屋上に向かう途中の階にはベンチと窓。





blandy17.jpg

昨年度学校で「城砦」について勉強した息子が家に帰ってから、教科書に載っている塔の中の様子を見せてくれました。
なるほど、分かり易い。




blandy13.jpg

屋上まで登ると良い風景が待っています。
こうやって上から見ると城砦の構造が良く分かります。
3本見える塔は左から、「Tour carrée 正方形の塔」「Tour nord 北の塔」「Tour justice 司法の塔」。
中庭には現存しないけど、13世紀に教会や領主の住まいが建てられたのがこの城の始まり、塔や城壁は14世紀に建てられた。




blandy15.jpg

ブランディーの街。




blandy14.jpg

展望台の足元、落下防止のバーがあるけど、隙間が大きくて結構スリルがある。




blandy6.jpg

屋上から3階部分まで降りて外階段へ。
ここから城壁を歩きます。
細い急な階段、ワクワクします!
これは主塔から見た「Tour des gardes 監視塔」。




blandy7.jpg

ヴォー・ル・ヴィコント城を通り過ぎて5Km程進むと、何本もの塔が見えてくるのですが、今も騎士が住んでいそうな雰囲気にどきどきしました、実際に城壁を歩くとさらに楽しい。




blandy8.jpg

15世紀以降は王族が住んだりしていたが所有者が次々と変わり、どんどん荒廃。

1707年、ヴォー・ル・ヴィコント城主が買い取ったが、ヴォーの領地の火災後の復興の為、ブランディー城の石を使うことに・・・。
18世紀にはルイ15世の財務大臣ショアズール公が所有者となったが、その後は瓦礫だけが残る姿だったらしい。





blandy9.jpg

1883年、ブランディー市長が買い取り、復興に向けて動き出し、1889年歴史的建造物に指定。
1970年代からアソシエーションやボランティアにより工事や保護が始まり、建築家による2年間の工事を経て、2007年のヨーロッパ文化遺産の日に一般公開が始まった・・・、というわけで、古そうに見えるけど、実はつい最近再建築されたばかりなのです。




blandy11.jpg

左から「Tour des archives 資料塔」、「主塔」、「監視塔」。
見学の出口は「Tour des archives 資料塔」です。




blandy12.jpg

城を見学し終えたところでスペクタクルの始まり。
アルチュール・ランボーの詩「酔いどれ船 Bateau Ivre」をテーマに、トランポリンと綱渡りを組み合わせたダンス+コンテンポラリーな雰囲気の音楽の生演奏などなど。

フランスでは文化遺産の建築物を背景に、音楽やダンスに触れる機会が多くて、こんな音楽やダンスがあるんだ!とという発見があり、子供には特に刺激になるようです。
この城では、文化遺産の日以外でも年間を通してこういった行事ごとを行っている。

ここ数年はいつもこの時期はブロカントの数が多くて、文化遺産の見学はしてなかったけど、今回はうまいこと城見学もブロカントも行けて充実した1日となりました。

Château de Blandy-les-Tours
Place des Tours
77115 Blandy-les-Tours
http://www.chateau-blandy.fr/

4月1日~10月31日 10時~12時半 / 13時半~18時
11月1日~3月31日 10時~12時半 / 13時半~17時
閉館日 火曜 / 1月1日 / 5月1日 / 12月25日
入館料 7€ / 18~25歳までと65歳以上は5€

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ


スポンサーサイト

Category :
該当の記事は見つかりませんでした。

4 Comments

noel says..."Donjon"
昨年、姫路城郭シンポジウムに出席し、日本の城とカルカッソンヌなどの西洋の城の比較について千葉大のイギリス人教授から聞きました。その直後にカルカッソンヌを訪ね、矢や鉄砲の狭間など、日本の城にもある攻防の設備の共通性を再認識しました。西洋の城はシンデレラ城ではなく、要塞や戦いへの備えなのだと知ったのは初めて欧州を訪れた30年前です。ブログいつも楽しみにしています
2016.11.15 08:27 | URL | #UUQ0yeLk [edit]
Mica says..."Re: noelさん"
こんにちは。
いつも読んでくださってありがとうございます。
日本の城と西洋の城の比較のお話、面白そうですね、そういう話を聞いたうえで実物を目にすると知識の吸収性が倍増しますよね。
日本も西洋も共通性があるなんてさらに興味深いです。
最近は綺麗なシンデレラ城より、要塞として機能していた城の方に惹かれます、フランスはそういう城が多く修復されて存在するので、これからもたくさん訪れたいと思っています。
2016.11.15 19:41 | URL | #- [edit]
みき says...""
micaさん、こんにちは。
この日、グレッズの後はここに行かれてたんですね!
お城巡り、色々違うお城があっちこっちにあるのはフランスならではですよね。小さいお城には住んでいらっしゃる方のいますし。夫のおじいさんが77県にお城を持っていたことがあってこっちに引っ越してきたときに一度見に行きました。本人は小さくてあまり覚えてなかったみたいですけど。お城といっても大きなお屋敷という感じでした。残念ながら他の方が住まわれているので入れませんでした。行きたいと言いながらヴィコントもまだ行ってません。エッフェルタワーと同じで住んでいると何時でも行ける気になってとなかなか行かないものです。micaさんのおかげで77県に詳しくなりました。
これですね?お子さんが言っていたホーローのロウソク立て。青色がすごくかわいい!こんなに可愛いなら何個あっても集めてしまいますよね!!
2016.11.19 00:41 | URL | #- [edit]
Mica says..."Re: みきさん"
みきさん、こんにちは。
この日はグレッツ含め4か所行ったのにロウソク立てしか収穫なかったです、最近こんな感じで何か所行っても収穫がない!
うわぁ、お城住まいのおじさんがいらっしゃったなんてすごい!!
おじさんがお住いの時に行けてたら良かったですね。
フランスには一般公開・未公開・個人蔵の約3200のお城があるらしいですが、どこも管理や維持、修復が大変そうですね、不動産情報誌見てると売り物件出てて到底無理だけど、興味津々で眺めてます。
私、エッフェル塔上ったことないんですが、そうなんですよね、いつでも行けるって思って未だ行ってないという…。
パリもパリ近郊も行ってないとこまだまだたくさんあります。
2016.11.19 16:34 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mapetitebrocante.blog.fc2.com/tb.php/205-18fca3bc