Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入りの紹介、フランス各地を訪れた旅の記録。
MENU

Fontenay-Trésigny②ホーローのキャニスター

前回の続き。雨でびしょ濡れになり一旦は家に戻ったものの、止むのを待ちもう1度フォントネー・トレジニーに出掛ける機会を窺っていた私。洗濯したり、お昼ご飯を食べたりしていると、雨が止み、晴れ間が見えたような気がしたので、夫の呆れるような視線を感じながらまたまたフォントネーへ。


IMG_0506.jpg

晴れ間は見えているけれど、降ったり止んだりの不安定な天気。
写真は街の中心部にある14世紀の終わりから15世紀にかけて建てられた、サン・マルタン教会(Église Saint-Martin)。教会主催のバザーのスタンドも。

売主さんと買い手の会話に聞き耳を立てていたら、1990年頃この街の古い屋敷にミシェル・ポルナレフが2年ほど住んでいた、のだそうだ。自然豊かだし、パリまでそう遠くないし(車で1時間位)、なるほど隠遁生活には最適な街である。





IMG_0498.jpg

街を挙げてのお祭りといった感じで、ブロカントのスタンド数はかなり多く、街じゅうの通りにもれなくスタンドが並んでいる。





IMG_0501.jpg

ブロカントだけでなくて、チーズやソーセージなど地方の特産物を売るスタンド、表面を焦がしたチーズのお菓子トゥルトー・フロマージュ、マルセイユ石鹸のスタンドなどもあり、戦勝記念のパレードあり、移動遊園地ありと盛りだくさんな1日。
街のパン屋は通り沿いにテーブルを出してパンを並べ、総菜屋さんはパテやテリーヌを、カフェの店先ではフリットやメルゲーズ、肉屋は丸鶏のローストを売るといった感じでとても賑やか。




IMG_0504.jpg

珍しいことに園芸屋さんまで出店。





IMG_0495.jpg

ホーローやアルミのキッチン用品を売るプロのスタンド。毎年同じ場所に出店するこのスタンドの物を眺めるのが楽しみ。





IMG_0527.jpg

見つけたのは最近よく縁があるホーローのキャニスター、Farine(ファリーヌ / 小麦粉)用。
上の写真のスタンド見つけたものではない。

以前、本来ならホーローのキャニスターは6個セットと書いたけど、ほんとのところ8個セット(大きい方から、砂糖、小麦粉、コーヒー、パスタ、チコレ、お茶、スパイス、胡椒)なんだと、上の写真のプロのスタンドの人が教えてくれた。それプラス、壁に掛けれるようになっている塩入れと、マッチ入れがあったら完璧なんだそうな。6個揃ってるのがせいぜいなところで、8個セットなんて今まで見たことないけどほんとかな。
なかなか見つけるの難しそうだし、多分お高いと思うので、色と字体バラバラで8個、でもいいかな。



  読んで頂いてありがとうございます。
 ↓ 1日1回のクリックがランキングに反映されます。↓
  ジモモ パリ    にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mapetitebrocante.blog.fc2.com/tb.php/21-8033ea24