Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入り、時々美味しい物も紹介します
MENU

フランス南西部の旅⑤La-Roque-Gageac~Castelnaud-la-Chapelle

サン・シル・ラポピーを出発したのが14時半、次の目的地・カステルノー・ラ・シャペルへ向かう途中に通るラ・ロック・ガジャックに到着したのが16時過ぎ。




la rock1

車窓から見るだけの予定が、この光景を通り過ぎるだけでは満足できず、駐車場に停めて(駐車場を出る車が、あと1時間分残ってるからと駐車券をくれたので思いがけず長居してしまった)、ドルドーニュ川沿いを散歩。
ホテルやレストラン、土産物屋が並んでいる。




la rock

断崖にへばりつくように建っている家並み。
カステルノー・ラ・シャペルまで行って折り返してくる約55分間の観光船から眺めると良い景色だろうなぁ。

3月26日~10月31日まで10時~18時まで(10月は午後のみ)運行の観光船
Les Gabares Norbert
http://www.gabarres.com/promenade-bateau/


ラ・ロック・ガジャック観光案内ページ
http://www.sarlat-tourisme.com/la-roque-gageac
駐車場は街の入り口に。 2時間2ユーロ/3時間4ユーロ/一日中5ユーロ




castelnaud1.jpg

カステルノー・ラ・シャペルに到着したのは日も傾きつつある17時過ぎ。




castelnaud8.jpg

12世紀建築のカステルノー城。
18時まで開館だからまだ大丈夫かとたかをくくっていたら、入場は閉館時間一時間前までとのことでこの日は17時までだった。
ほんの5分ほどの差で入れなかった…。
ラ・ロック・ガジャックで寄り道せずに来れば良かったかとかなり後悔しました。




castelnaud9.jpg

場内には中世の投石器や鎧、武器などが展示物もある博物館があるらしい。
見たかった・・・。

Le Musée de la guerre au Moyen Âge




castelnaud12.jpg

ヴァカンス明けに学校の図書館で息子が借りてきた本がこれ。
私の影響なのか、自らの興味なのかは???ですが、中世の武器の図鑑。




castelnaud13.jpg

かなりおどろおどろしい武器もあり、長い剣が顔を突き刺した傷が残っている骸骨の写真まで載っていてかなりリアル。

分かりやすい絵が年代別に細かく説明されていて(日本のなぎなたも載っていて面白い)、結局私の方が嬉々として読んでしまいました。





castelnaud3.jpg

城の高台からはドルドーニュ川対岸のBeynac et Cazenac(ベイナック・エ・カズナック)の城も見えるらしいし、楽しみにしていたのに本当に残念!
百年戦争時代には、ドルドーニュ川を境に、カステルノー城が英国軍の拠点、ベイナック城がフランス軍の拠点で、領土の奪い合いをしていたという興味深い地域です。




castelnaud5.jpg

カステルノー城ホームページ
http://castelnaud.com/

入場料 
大人9,6ユーロ(7,8月の13時までの入場 8,6ユーロ)
10~17歳 4,8ユーロ(7,8月の13時までの入場 4,3ユーロ)
10歳以下 無料

開館日
2月、3月、10月~11月13日/10時から18時
4月、5月、6月、9月/10時~19時
7月、8月/9時~20時
11月14日~1月下旬/14時~17時(クリスマス休暇中は10時~17時)
★入場は閉館時間の1時間前まで




castelnaud11.jpg

ここも鷲の巣村なので、坂道ばかり。





castelnaud2.jpg

通りと同じ高さに屋根が!
通行人が触ったり、座ったりして傷むため注意書きがしてありました。
こういう家に住むのって結構ストレスだろうなぁ。





castelnaud10.jpg

パン屋の店先でマダムはクレープか何かを焼いていて、ムッシュは木彫りの駒の実演販売。
カフェやレストラン、兜や剣、弓矢など中世グッズを売る店が何軒かありました。




castelnaud7.jpg

子供の為に、兜をかぶって弓矢を引いたりと中世の遊びができる場所があって、息子は暗くなるまで弓矢で遊んでいました。
城見学は出来なかったけど、子供たちは楽しめて良かった。




castelnaud4.jpg

堪能できなかったカステルノー、この日はここから30分ほど北上したサルラ・ラ・カネダに宿泊予定だったので、翌朝もう一度来ようか?と夫が提案してくれたのですが、昼前までは霧で真っ白で見えないと土産物店の人が話しているのを聞いたので、翌朝来ても無駄足かと思いきっぱり諦めることにしました。
義弟がトゥールーズにいる限り、また来る機会はあるだろうし、その時はカステルノーとベイナックを堪能したい。

カステルノー・ラ・シャペル観光案内ページ
http://www.tourisme-ceou.com/fr/rubrique/Castelnaud/b40d3ee7d7b274e883bdaa1455d843d6/

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

Noel says..."騎士の装備"
騎士の刀剣や兜など誰が買うんだ?と思いながら、5,6歳の男児が兜をかぶって刀剣を持っているのをカルカッソンヌで見ました。日本でも箱根などで木刀を買う子がいますが、「同じね~」と夫と話していました。日本では24日にBSプレミアムで「世界ふれあい街歩き  フランス路地紀行」を放送。そこにもカルカッソンヌの商店の子供二人がチャンバラごっこ?をしている様子がありました。その子が最初に話した言葉がchevalierだったとお母さんが笑っていました。中世の要塞が残るフランスで、騎士はおなじみなのですね。
2016.12.26 09:03 | URL | #UUQ0yeLk [edit]
Mica says..."Re: noelさん"
こんにちは。
まさに!昨夏、息子がカルッカソンヌで騎士のショーを見た後、兜と盾と剣を買いましたよ!
そして息子がパパ、ママ以外に初めて話した言葉がChâteauでした!
家でも友達とチャンバラやって遊んでます。
ラ・ロック・ガジャックやサルラなど中世の街並みが残る処でも剣や兜は定番のお土産のようでした、あちこちで売ってるので騎士ごっこ、お馴染みみたいです。
2016.12.26 16:47 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mapetitebrocante.blog.fc2.com/tb.php/213-62737df7