Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入りの紹介、フランス各地を訪れた旅の記録。
MENU

フランス南西部の旅⑦Collonges-la-Rouge

リムーザン地方、コロンジュ・ラ・ルージュの村。



駐車場は村の入り口に。
昼間は均一3ユーロ、19時以降は無料。
この村の村長が1982年に「フランスの最も美しい村々」制度を提案し作ったので、「フランスの最も美しい村々」協会はこの村にある。
どこも「フランスの最も美しい村々」に登録されている所のほとんどは、観光客の駐車料金が大事な収入源になるようです。




collonge4.jpg

建物が近くで採れる赤砂岩で建てられているので村全体が真っ赤です。




collonge7.jpg

コロンジュの北で採れる赤砂岩は、コロンジュと、メイサック(Meyssac)、ノアイアック(Noailhac)、ラグレイジェオル(Lagleygeolle)の4つの村の建物にしか使われていないそうだ。




collonge_201612291820016de.jpg

確かにリムーザン地方でこの赤は珍しい、ミディー・ピレネー地方(アルビとかトゥールーズなど)で見る赤とも微妙に違う気がするし、フランスっぽくない。
普通の田舎道を走ってきて、そこだけポツンと突如現れる赤い村、一瞬どこかに迷い込んだかのような不思議な感覚になります。




collonge6.jpg

変わった形の黒い屋根、赤い壁とのコントラストが綺麗です。





collonge8.jpg

村の中は10時から19時までは配達と住民以外の車の乗り入れは禁止。




collonge2_20161229182004b57.jpg

村全体こじんまりしているうえに、通りは綺麗に整備されてとても清潔感があって、歩いていて気持ちが良い。





collonge5.jpg

サンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼地のひとつではないはずなのになぜ帆立貝のマークが?と思ったら、この村は、ブルゴーニュ地方のヴェズレーを出発する巡礼のルートだとコロンジュを通るので、巡礼者を受け入れるための宿泊施設があり、昔はその収入が村の大事な収入源となっていたそうだ。
(出発地はフランス国内にはパリ、ヴェズレー、ピュイ・オン・ヴァレーの3か所がある)




collonge1.jpg

11世紀から12世紀にかけて建設されたロマネスク様式のサンピエール教会。





collonge9.jpg

宗教戦争時は、教会身廊は、カトリックとユグノー(プロテスタント)が交互に使っていたそうだ。

ユグノーがカトリック教会の礼拝中に焼き討ちをしたとか、カトリック側がユグノーを虐殺(サン・バルテルミーの虐殺のような)とかが平常な時期に、交互に使うなんて平穏で珍しい。




collonge3.jpg

村の中の軽食店の店先のクルミの量り売り。
コロンジュへ来る途中の道でもクルミが売られていて、たくさんの人が車を停めて買い求めていました。




collonge10.jpg

「赤い村」の散策のみで、特に見どころはないので、見学時間は30分~1時間もあれば充分。
カフェやレストランは数件あります。

コロンジュ・ラ・ルージュ観光案内ページ
http://www.vallee-dordogne.com/la-vallee-de-la-dordogne/les-villages/collonges-la-rouge

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

noel says..."建築"
その土地で取れる材料を建築に使うのは合理的ですよね。地震がないフランスでは石を積み上げることが古来、堅牢な建築には自然だったのでしょう。コンクかサルラか、屋根瓦に直径10センチほどの丸い平らな石を瓦を重ねる要領で載せていました。「神戸のうろこの家」の壁面のような模様。歩道から下がった家で、丸石瓦に手が届く高さの屋根でした。内装をきれいにしてメンテしながら住み続けることで、あの美しい景観が守られているのですね。
2017.01.11 21:16 | URL | #UUQ0yeLk [edit]
Mica says..."Re: 建築"
noel さん、こんにちは。
丸い平らな特徴のある屋根はコンクですね、コンクには二年前に行きましたが現代から中世にタイムスリップしたような雰囲気の村でした。そうですね!言われてみたらうろこの家みたいですね!
1500年代の古い建物とかに住むのは憧れですが、外も中も修復やメンテナンスを考えると維持費が相当掛かって大変そうです。
日本に比べたら石の建物が多いので保存状態も良いのが多いし、建て替えるよりお金が掛かっても手を加えて維持しているのは本当にすごいと思います。

2017.01.12 20:40 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mapetitebrocante.blog.fc2.com/tb.php/215-a2a8714a