Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入りの紹介、フランス各地を訪れた旅の記録。
MENU

フランス南西部の旅⑧Turenne

旅の最後は、リムーザン地方のチュレンヌの村。



ここも「フランスの美しい村々」のひとつ、人口800人ほど。
http://www.les-plus-beaux-villages-de-france.org/fr/turenne-0






turenne3.jpg

村の入り口、この風景が見える所に駐車場(無料)があります。

鷲の巣村の頂上には、城の一部と塔が残っており、ここからは想像つかないけど小さいながらもフランス庭園が広がっている。




turenne13.jpg

頂上を目指して上っていくと、2、3軒のレストランに囲まれたマルシャディオル広場 (La place du Marchadiol)に出ます。




turenne15.jpg

中世の名残りの装飾がきれいです。

この村は、ルイ14世時代のフランス大元帥アンリ・ドゥ・ラ・トゥール・ドーヴェルニュ(Henri de la Tour d'Auvergne,  1611 - 1675)に代表される、通称チュレンヌ子爵(Vicomte de Turenne)が領主(1444年~1738年)だった。




turenne12.jpg

広場から頂上目指して急な坂道を上ります。

家々の門にはチュレンヌ村のオレンジと黄色の旗が。





turenne5.jpg

12世紀に建てられたセザール塔。





turenne6.jpg

チュレンヌ城の入り口。
130段の階段があるので、ベビーカーはここまで。
料金所の傍に置かせてもらって上ります。
 
Le Château de Turenne
19500 Turenne
http://www.chateau-turenne.com/

10歳以下 無料
10歳以上 3,4ユーロ
18歳以上 5ユーロ

11月、12月、1月、2月、3月/日曜14時~17時
4月、5月、6月、9月、10月/毎日10時~12時、14時~18時
7月、8月/毎日10時~19時





turenne16.jpg

チュレンヌ子爵家は17世紀までは強大な勢力を持っており、自治権(独自の通貨の発行、裁判権など)を持っていたが、最後の領主の賭け事の負債を支払うため、1738年ルイ15世が買い取り、城も解体を命じられたそうだ。

夫の同僚に De la Tour d'Auvergneという名字の男性がいて、初めて聞いた時はたいそうな名前だけに由緒ある家柄なのだろうと驚いていたら、歴史番組とかでも時々耳にするし、以前買ったアンティーク専門の雑誌の中でドゥ・ラ・トゥール・ドーヴェルニュ家の家宝がオークションにかけられるという記事を読んで、なんだかすごい人が先祖にいるんだとさらにびっくりした覚えがある。

病院なんかで、「ムッシュ・ドゥ・ラ・トゥール・ドーヴェルニュ」と呼ばれる場面に出くわしたら、絶対に振り返って顔をまじまじと見てしまうだろうな。




turenne17.jpg

右側の建物が城の一部で、La salle des Gardes(衛兵の間)として公開されている。

左側は、プライベートの看板が立っており、シャンブル・ドット(民宿)として宿泊可能。
泊まってみたい!
http://www.chateau-turenne.com/les-petits-plus/




turenne7.jpg

La salle des Gardesの内部は、一部屋だけで(奥は多分宿泊施設につながっている)鎧や穴あき椅子(座面の中央が引き出せて、その下におまるを置いてトイレとして利用)が置かれていて中世の雰囲気。




turenne18.jpg

フランス庭園も、塔へ続く通路に並ぶ黄色いダリアが咲き乱れるイギリス風庭園もよく手入れされていて美しかった。




turenne2.jpg

セザール塔。




turenne1.jpg

塔の中は、一人がやっと通れる狭い急な階段。
上りも下りも一緒なのですれ違う時は、中ほどにある窪みの所で一時待機してやり過ごします。




turenne.jpg

塔の上から見たチュレンヌの村。

村民のことは「ヴィコムタン(Viscomtins)」と呼びます。
「Vicomté de Turenne(ヴィコンテ・ド・チュレンヌ/チュレンヌ子爵)」からの由来で、そう呼ばれるそうですが珍しい。

パリ市民だったらParis→ Parisien パリジャン(男性)、Parisienne パリジェンヌ(女性)。
ニース市民だったら Nice→ Niçois 二ソワ、Niçoises  二ソワーズと街の名前に由来しているものなのに、Vicomteが由来とは子爵家の影響力はかなりのものだったことがうかがえる。




turenne8.jpg

塔から見下ろす庭園と城。




turenne9.jpg

この先の谷の向こうにコロンジュ・ラ・ルージュの村、そこから30分圏内にはカレンナック(Crennac)、キュルモント( Curemonte)といった「フランスの最も美しい村々」がある。

ミディー・ピレネー地方、ペリゴール地方、リムーザン地方は本当に通り過ぎるのが難しい魅力的な街や村が多くて目移りしてしまう。




turenne11.jpg

最後に訪れたチュレンヌ、村の佇まいも城も、歴史も古くて素敵な村でした。

見学し終えたのはちょうど正午、駐車場にはピクニックテーブルが置いてあったので、ここへ来る前に調達していたパンやハムでサンドイッチを作ってピクニック。
その後はここから一気に自宅まで約500キロメートル北上。

今まで秋のヴァカンスは出掛けたことがなかったけど、昼間は半袖で大丈夫なほどの好天で気持ち良く過ごせて、良い旅が出来ました。

2016年はトンボ帰りだったけど日本にも行ったし、フランス北東部、ノルマンディー地方、そしてフランス南西部と、あちこち旅しました。
まだまだ知らないフランスがたくさん、行きたい所がたくさんあります。
南西部はまだまだ消化不良気味、スペイン側も大西洋側にも行ってみたいし・・・。
でも次は夏か秋にブルターニュ地方への旅を計画しています、実行出来たら良いな。

チュレンヌ観光案内ページ
http://www.brive-tourisme.com/fr/experiences-gaillardes/plein-les-yeux/les-villages-whaou/turenne/

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mapetitebrocante.blog.fc2.com/tb.php/216-0f0d9a5b