Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入り、時々美味しい物も紹介します
MENU

Liverdy-en-Brieのブロカント・ロウソク立てとソープディッシュ

2017年5月28日(日)、前日の土曜から30度超えの暑い日曜日、77県のリヴェルディー・オン・ブリーのブロカント。

芝が広がる運動場は朝方の雨+晴れてからの太陽の日差しで蒸気が上がって昼前にはもう耐えられない暑さになるだろうなと思い、早朝に出掛けて、暑くなる頃には家に戻ってゆっくり過ごしました。



ここ数年ここのブロカントは出店数も少なく、訪れる人も少なかったのに、今年は朝7時半ごろ着いたら遠くにしか車を停めれないくらいたくさんのビジターがいてびっくりした。
出店数は50くらいで大きくないけど、そこそこ古い物もある。




liverdy.jpg

収穫は、ペアのロウソク立てとソープディッシュ。





liverdy2.jpg

古い物ではないけれど、見掛けたら素通りできない「Villeroy&Boch」の「Vieux Luxembourg」シリーズのロウソク立て。





liverdy3.jpg

ヴィレロイ&ボッシュは、1748年ロレーヌ公国にボッシュ兄弟が創設したセラミック工場。
ヴュー・リュクサンブール(オールド・ルクセンブルグ)は創設当初から描かれているデザインのひとつで、200年以上販売され続けている。

現在販売されているヴィレロイ&ボッシュのデザインはあまり好きではないけど、ヴィンテージの物と、このヴュー・リュクサンブールだけは好きで、オーヴァル型の大皿とか、コーヒーカップとかミルク入れなど、ブロカントで少しずつ集まってきています。

好きではないといいつつ、ずいぶん前にストラスブールで宿泊したホテルの朝食セットが紙ナプキンに至るまですべてヴィレロイ&ボッホで、朝から優雅な気分になれました(4泊したけど紙ナプキンは毎日柄が変わるという凝りよう)。
2つ星ホテルだったのにカトラリーやリネン類が上等で得した気分。
やはり質の良い食器で食事するのは気分が良い。





liverdy4.jpg

こちらもつい買ってしまう鋳物にホーロー掛けのソープ・ディッシュ、貝殻型、今年2個目です。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mapetitebrocante.blog.fc2.com/tb.php/238-01e9ef9e