Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入り、時々美味しい物も紹介します
MENU

Rubellesのブロカント・シボンのラヴィエ~農園でイチゴ狩り

2017年6月18日(日)、30度超えた暑い日でした。



この日は家族全員でリュベル(Rubelles)とイエーブル(Yèbles)のブロカントに行った後、クーベール(Coubert)の農園でピクニックをしてイチゴや野菜、花を収穫してきました。

ブロカントの収穫は1か所目のリュベルでのみ。
2か所とも初めての街でした。




rubelles1.jpg

カルフールの駐車場に50ほどのスタンドがあって、見つけたのはサルグミンヌのシボン(Cibon)シリーズのラヴィエ(アペリティフ用の皿)。
縁に茶色の傷が点々とあるのが気になるけど、他に欠点はないし、なかなか良い状態のシボンには出会えないので思い切って買うことに。




rubelles2.jpg

シボンのバラ柄、やっぱり好きです。





cuiette4.jpg

2か所のブロカントを終えて、クーベールのキュイエット(農園)へ。
うちの辺りは車で15分も走るとあちらこちらに農園がありますが、ここの農園は初めて来ました。
入口で一人3ユーロを払って入場します。
入場料は収穫した分と相殺されるので、我が家は4人12ユーロ分の元手をとろうと色々収穫してきました。

Cueillette de la Grange
Allée des Tilleuls
77170 Coubert





cuiette.jpg

まずは6月が旬のイチゴ。
取りつくされた感があって、小粒のものしか残っていなかったけど1kg(6、45ユーロ)ほど収穫。

この1週間ほど前に息子が学校の遠足でここでイチゴ狩りをしてきて、やっぱりスーパーやマルシェで買うのとは甘さの程度が違っていて美味しかった。





cuiette1.jpg

これはグロゼイユ。
ケーキの飾りによく使われています。
この時期は他にもフランボワーズやカシスも最盛期。





cuiette2.jpg

きゅうりもトゲがあって青臭くてみずみずしい。
きゅうり3本、小振りのトマト10個、レタス1玉、イチゴ1kg、花を両手いっぱいで18ユーロくらいでした。

この日の夕食は、暑かったこともあってハム、玉子、キュウリたっぷりの冷やし中華と、トマトとレタスのサラダにしました。
おやつにトマトを食べるくらいトマト好きな子供達だけど、自分達でもいだ野菜だったから尚更食欲旺盛でした。





hana.jpg

ユリは1本75サンチーム、他の花は1kg7,95ユーロ。
ユリはつぼみだけのものを切るよう指示が書いてあってその通りに切ってきたけど、活けてから2日目には開き始めました。





rubelles.jpg

本当はサクランボも収穫したかったのですが、敷地が広くてサクランボの所まで歩いていく力がなく諦めました。
外は太陽ギラギラ、トマトはハウスの中なのでさらに蒸し暑くて汗だらだら。
でも家に戻って食べたイチゴで疲れが吹っ飛びました。
家族で争奪戦、10分も掛からずに完食。




cuiette5.jpg

旬が短いサクランボ、この日の1週間後のブロカントでは果物屋さんの屋台もあって、スーパーやマルシェで買うより安かったので購入。
この時期の食卓には、サクランボやイチゴ、メロンが欠かせません。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mapetitebrocante.blog.fc2.com/tb.php/243-60b1468a