FC2ブログ

Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入りの紹介、フランス各地を訪れた旅の記録。
MENU

フォンテーヌブロー散策

数か月も前のことですが、今年の夏休み中、天気の良い日は良くピクニックしにあちこち出掛けました。



この日はちょっと遠出して久しぶりにフォンテーヌブローへ。




fontainebleau9.jpg
Cour d'Honneur
街ではマルシェが開かれていたので食材を調達して、フォンテーヌブロー宮殿の庭へ。






fontainebleau2.jpg

12世紀頃から王族の狩りの館として使われていて、1528年にフランソワ1世がルネサンス様式の現在の宮殿に建て替えた。
フランソワ1世がレオナルド・ダ・ヴィンチをフランスに迎え、フランス・ルネッサンスの中心となったのがここフォンテーヌブロー。





fontainebleau3.jpg

この馬蹄形の階段は、1814年ナポレオン1世が退位後、近衛兵に向かって最後の演説をし別れを惜しんでエルバ島へ流されていった別名「別れの階段」。

1500もの居室があるフランス最大の城。
既に5~6回内部見学しているので今回は外のみ。
内部のセーブル焼きのコレクションとか、家具調度品は豪華で素晴らしい。






fontainebleau4.jpg

階段の扉の上にはフランソワ1世の彫像。





fontainebleau6.jpg

階段そばの門をくぐり抜けると、「Cour de la Fontaine 泉の中庭 」に出ます。





fontainebleau7.jpg

城の中は何度も見学しているのに、中庭や庭園は初めて。

正面からは見えないけど奥にもこんな広い空間が広がっていたなんて知りませんでした。





fontainebleau11.jpg

「Etang aux Carpes 鯉の池」。

アンリ4世がロレーヌ公から贈られた60匹の鯉を放したことから名付けられた。
今でもたくさんの大きな鯉が泳いでいます。






fontainebleau8.jpg

ル・ヴォーとル・ノートルによって造られた「Grand Parterre パルテア大花壇」。

この先には更にアンリ4世が造った全長1200メートルの大運河があるらしいが、さすがにそこまで行く力はありませんでした。





fontainebleau10.jpg

馬車に乗っての敷地内散策も出来る(約20分の散策で大人7,50ユーロ、子供5ユーロ)。
観光トランの発着も宮殿の正面入り口に。





fontainebleau1.jpg

「鯉の池」の中にはあずまやもあり、白鳥やカモが泳ぎ、時々列を作って散歩道を渡るカルガモの親子が可愛らしかった。

ピクニックはこの池のほとりで。
日差しは強かったけど、散歩道には木がたくさんあり気持ち良い。





fontainebleau.jpg

宮殿の尾翼の裏には「Jardin Anglais 英国庭園」。





fontainebleau12.jpg

「Jardin de Diane ディアナの庭園」には、狩りの女神・ディアナ(ダイアナ)の像。

ディアナはよく絵画や彫像の主題にされてるけど、ヴァロワ家ゆかりの城でそれらを見ると、フランソワ1世の次男、アンリ2世の20歳も年上の愛人、ディアヌ・ド・ポワティエを連想してしまう。

Chateau De Fontainebleau
Place Général de Gaulle
77300 FONTAINEBLEAU

7、8月を除く毎月第一日曜は無料。
★4つの美術館のうち、「ナポレオン1世美術館」は2018年2月10日まで工事の為閉館中。





fontainebleau14.jpg

ピクニックを終えて庭を散歩して、中心部へ。
レストランやカフェ、ブティックがたくさんあって、結構大きな街。





fontainebleau13.jpg

フォンテーヌブローに来たら必ず寄るパティスリー、フレデリック・カッセルでケーキを調達し、再び宮殿に戻り、中心部からいちばん近い「ディアナの庭園」でおやつ。

フレデリック・カッセルは世界最高レベルの菓子職人が集まる「ルレ・デセール」の会長。
パリに支店はないけど、東京と京都には支店がある。
地味な外観だけど、中は明るく、お客さんがひっきりなしで活気があります。

スペシャリテはパイ生地にバニラクリームの伝統的なミルフィーユ。

Frédéric Cassel
71 Rue Grande
77300 Fontainebleau

営業時間  
日曜 7時~13時半
火曜~金曜 7時半~19時半
土曜 7時~20時

定休日 月曜 






fontainebleau5.jpg

今回はチーズケーキ(左上)、ピスタチオが土台のイチゴのタルト(右上)、レモンタルト(左下)、杏子のコンポートやクリームを重ねたミルフィーユ(右下)、各5ユーロ。

どれも美味しかったけど、特に杏子のミルフィーユは軽くて杏子がレモンみたいな甘酸っぱさで美味しかった。





fontainebleau15.jpg

アイスやショコラ、パンもあって、特にショコラは「SAKURA」やお茶など日本に店を構えているパティシエらしいものがあってお勧めです。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mapetitebrocante.blog.fc2.com/tb.php/254-71707c64