FC2ブログ

Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入りの紹介、フランス各地を訪れた旅の記録。
MENU

ロワール~ブルゴーニュの旅⑦Aubigny-sur-Nère

ここからは今更ですが、8月下旬に行った夏休みの旅行第2弾ロワール・ブルゴーニュ地方の記録です。

2017-08-31_10h42_40.png

7月下旬のルートより更に一回り大きく回ったという感じで、オービニー・シュル・ネール、ブールジュ、ヌヴェール、ラ・シャリテ・シュル・ロワール、ゲドロン城、ジョワニー、サンスを訪れました。

一か所目はロワール地方、オービニー・シュル・ネール。

aubigny1.jpg

剣が刺さった噴水前に、現在は市庁舎となっている城が建っています。





aubigny2.jpg

1423年、百年戦争の頃、国王シャルル7世がスコットランド貴族のジョン・スチュワート・ド・ダーンリー(John Stuart de Darnley)にこの村を授けた。
以降4世紀に渡ってスチュワート家が領主だったため、今でもスコットランドの名残がある街。
パン屋にはスコットランド名物ショートブレッドが売られていました。





aubigny10.jpg

城の一部は見学可能、でもがらんとしていて見るべきものは何もない。

中庭はよく手入れされていて気持ちの良い空間です。





aubigny.jpg

城の横に伸びるメインストリート。
日曜の正午頃、レストランやカフェは開いていてとても人通りが多かった。





aubigny3.jpg

メインストリートから1歩入った通り、面白い建物を見つけました。





aubigny4.jpg

1847年から歴代金物屋 ( Quincaillerie )を営む家。




aubigny11.jpg

家の柱頭の装飾は金物屋にちなんだ道具が彫られていて(のこぎりや釘、トンカチなど)面白い。





aubigny5.jpg

メインストリートに建つ「フランソワ1世の家」(La maison François 1er)。
1519年に建てられた。





aubigny7.jpg

窓枠や柱頭の装飾が凝っている。
現在は芸術家たちの展覧会の場所となっている。





aubigny8.jpg

観光案内所の向かい側、木組みの家が並んでいます。





aubigny12.jpg

1512年の大火災で村中の建物が消失、1519年に近郊から切り出した木材で木組みの家々を復興した。





aubigny6.jpg

観光案内所そばの庭には、イギリスで見る公衆電話ボックスが…。





aubigny9.jpg

小川が流れていて遊歩道もあります。
街中にはたくさん無料の駐車場があって便利。
城のそばには大きな公園があってピクニックもできるし、観光案内所の向かいの通りを奥に進むとトイレもある大きな駐車場がある。

見るべきものはメインストリートに集中しているので、街の散策はすたすた歩けば1時間もあれば充分。

オービニー・シュル・ネール観光局 (Office de Tourisme Sauldre Sologne ) 
http://www.berryprovince.com/
1 Rue de l'Église
18700 Aubigny-sur-Nère

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mapetitebrocante.blog.fc2.com/tb.php/257-160be12c