FC2ブログ

Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入りの紹介、フランス各地を訪れた旅の記録。
MENU

ロワール・ブルゴーニュの旅⑪La Charité-sur-Loire

charité8

ロワール河沿いのブルゴーニュ地方、ラ・シャリテ・シュル・ロワールの街。

ヌヴェールの近くでどこか良さそうな街はないかと地図を見ていたら目についたのがこの街、なんといっても街の名前が「ロワールの慈愛」なんて惹かれます。
行ってみたところ、訪ねて正解の素敵な街でした。

見どころは小さな街の多くをを占める世界遺産であり、サンチャゴ・デ・コンポステーラ巡礼地であるベネディクト派の小修道院。





charité15

ジェネラル・ド・ゴール広場の駐車場に車を停めて、すぐそばのGrande Rueに入ると、「Jardin des Bénédictins ベネディクタンの庭園」の入り口があります。





charité

サント・クロワ・ノートル・ダム教会の裏手に広がる庭園。





charité1

ここに建っていたサン・ローラン教会が1559年に火事で焼けて、17世紀に壊された跡地。
ところどころ遺構が残っています。

夏の夜はここでコンサートやイベントが行われている。





charité12

2000年から15年間の修復工事を終えてモダンに変わった中庭。

「言葉の街 Cité du Mots 」を掲げている街らしく、アルファベットが並べられています。
「言葉の祭典」なる祭りもある。





charité10
Le cloître

18世紀後半のネオクラシック様式の回廊。
窓の一部にゴシック様式が残っているそうだが、モダンなメタルの窓が取り付けられている。





charité11

回廊奥には貝殻の彫刻。
修復過程の写真が展示されていて、修復前と後の様子が良く分かる。
全体で約15年もかかったという大工事、昨年終了したばかりです。





charité2

住居となっている建物の中庭を通って、ぺシュール広場 ( Place des Pêcheurs) に出る。

カフェや古本屋に囲まれています。





charité4

ロマネスク様式のファサードを持つ12世紀の鐘楼塔(2つのうちのひとつは火事で焼失)と、ゴシック様式の開けられたままの門。





charité9

タンパンには聖母マリアの一生が彫られている。
受胎告知から出産、誕生、昇天するまでの様子です。






charité3

門を入った所は、サント・クロワ広場で、左側中央の赤い扉が観光案内所。

奥に見えるのがサント・クロワ・ノートル・ダム教会。

案内所の隣の建物は梁で支えられているけど、ここはかつて教会の身廊だった所。
つまり教会の前陣部分が焼失し、今は住居や駐車場となっていて、後陣のみ残っている状態、面白い。






charité7

ノートル・ダム教会の中に残っていたフレスコ画。

メリメによって保護され、塔から教会内に移築されたパンタン「キリストの変容」が有名らしい、写真が上手く撮れてなかったのが残念だけど、しっかり見てきたので良しとします。





charité5

道路に沿ってグイっと凹んでいる建物。
夏休み中なので、教会前のカフェ数軒以外は閉まっていて静か。





charité16

カフェの営業時間が、ブロカントで見掛けるお玉などを掛けるユーテンシル・ラックに書いてある、こんな使い方があるんて!!





charité13

看板が可愛い古本屋。
他にも数軒古本屋があり、年に何回も古本市や、本に関するイベントが行われているようです。





charité6

壁に転写された詩。
こういうのが通りの壁や地面など至る所に見られる。





charité14

夕方、食材を調達してロワール河岸に下りてピクニックしたり、川遊びしたりしました。
親子で泳いでいる人もいれば、船を浮かべて昼寝している人も・・・。

川にかかる橋は工事中でしたが、渡ったところは中洲になっています。

ラ・シャリテ・シュル・ロワール観光案内所
http://www.lacharitesurloire-tourisme.com/
5 Place Sainte-Croix
58400 La Charité-sur-Loire

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mapetitebrocante.blog.fc2.com/tb.php/260-d8714dfd