Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入りの紹介、フランス各地を訪れた旅の記録。
MENU

ロワール~ブルゴーニュの旅➇Bourges

フランスのほぼ真ん中、サントル・ヴァル・ド・ロワール地域、かつてのベリー地方の中心、ブールジュ。

bourges3.jpg

3世紀には司教座がおかれ、ベリー公ジャン1世(1340~1416年)の時代に最盛期を迎えます。

1992年に「ブールジュの大聖堂」としてユネスコの世界遺産に登録されたサン・テチエンヌ大聖堂。
1195~1255年にかけて建てられたゴシック建築。
奥行124メートル、幅41メートル。





bourges.jpg

大聖堂南側には美しい大司教庭園が広がっている。




bourges4.jpg

中央扉のパンタン。
「最後の審判」、13世紀のまま残っています。





bourges2.jpg
Le Vitrail de l'Assomption

くっきりした赤が印象的なステンドグラスが多い。
これは1619年制作のステンドグラス。
ベリー地方の総督で、のちのルイ13世時代の将軍、フランソワ・ドゥ・ラ・グランジュ・モンティニー(François de la Grange-Montigny)の祈る姿。
1617年に亡くなり、この大聖堂に埋葬されているらしい。





bourges1.jpg
Le vitrail de l'Annonciation

シャルル7世の財務官を務めた金銀細工商ジャック・クール(1400~1456年)により、1450~1451年に設置されたシャペルのステンドグラスは15世紀のもの。

フランス王家の百合の紋章と、ジャック・クールの家紋2つのハートが見えます。





bourges18.jpg
「Passage casse-cou」 Rue Mirebeau /Rue Edouard Blanly

大聖堂を出て街歩き。

ミルボー通りと、その上のエドゥアール・ブランリー通りを結ぶ階段、「Passage casse-cou」。
両サイドは雨水が真っすぐ流れるように雨樋みたいに彫られている。

昔々は、天国と地獄を結ぶ階段と言われていたそうで、地獄がミルボー通り、天国がエドゥアール・ブランリー通り。
結構、急な傾斜なので、地獄に真っ逆さまに落ちるさまを想像させるからこう言われていたのだろうか?





bourges19.jpg

現在木組みの家は400軒ほど残っているそう。
地上階がほとんどカフェやレストランとなっている木組みの家々があるのはゴルデーヌ広場 (Place Gordaine)。
右端の家の屋根、どうなってるの?というくらい平べったくて尖っている。





bourges20.jpg
Rue bourbonnoux

ゴルデーヌ広場から大聖堂に向かって伸びる坂道、ブルボヌー通り。






bourges21.jpg
37 Rue Bourbonnoux

ブルボヌー通り37番地、扉の上には火を噴く緑のドラゴンの装飾。

観光案内所でこの家の写真を見て、是非見たいと思っていたのに住所を聞き忘れ、歩きながら検索するけど画像からは「37番地」としか分からず。

でもブルボヌー通りに入った途端、ここにありそう、木組みや装飾の凝ったファサードが多くて、絶対にある!と確信して37番地に急ぐと、ありました!!
なんだかユーモラス。





bourges25.jpg

大聖堂付近やゴルデーヌ広場のカフェが数軒オープンしていたけど、夏休みでしかも日曜だったからか、店という店は閉まっていて、人通りもなく静か。

子供達のおやつを買うのにパン屋を探したけど、開いている店を一軒も見つけられなかった。
人口7万人弱の大きな街なのにひっそり静か。





bourges26.jpg

装飾が凝っているドアや窓枠が多く、この通りから一歩入ると細い路地があったり、路地の奥にはガロ・ロマン時代の城壁が残っていたりと、寄り道が多くてなかなか通りの端に辿り着けない楽しい通りでした。

ブールジュ観光案内所
http://www.bourgesberrytourisme.com/
21 Rue Victor Hugo
18000 Bourges

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mapetitebrocante.blog.fc2.com/tb.php/264-575478bf