Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入りの紹介、フランス各地を訪れた旅の記録。
MENU

Gretz-Armanvilliersのブロカント・花形リムとホーローのフライパンの蓋

2017年9月24日(日)、1か所目はグレッツ・アルマンヴィリエのブロカント。







gretz5.jpg

朝7時過ぎに到着したらまだ真っ暗で、ビジターは懐中電灯片手に物色中。





Gretz6.jpg

搬入車も続々到着してこれからスタンド作りという人も多かったので、サーっと一回りして2ヶ所目に行った後、一旦帰宅して、お昼前に家族全員で再びグレッツへ。
早朝とは違ってスタンドびっしり。





Gretz.jpg

花形リムの皿と、ウロコ柄のホーローのフライパンの蓋、直径26センチ。





Gretz1.jpg

家で使っているル・クルーゼのフライパンには蓋がないので、これ、探していたのです。
でも、うちにあるフライパンはこのサイズより大きいので役立たず・・・。





gretz2.jpg

一見、同じデザインに見えるけど…、





Gretz3.jpg

小さい方はサルグミンヌのラヴィエで、縁に2本線。

大きい方は1本線。
刻印が入っていないし、まだ朝薄暗くてよく見えなくて古いのか判断つかなくて、要らないかなと思っていたら、早く捌いてしまいたいから持っていってと、おまけしてくれた。





Gretz7.jpg

家に戻ってよく見たら、全体に貫入がきれいに入っていてすごく良い、貰えて良かった。

後日、もしかしたら染みになるかも?と思いつつも、トマトソースの料理を盛ったら、ソースが貫入に染みて茶色になってしまいました、やっぱり・・・。
全体を漬けるのではなく、表面だけ漂白剤を並々に入れて一晩置いておいたら、染みはほとんど消えたものの、漂白剤も全て染み込んで翌朝、皿の表面はカラカラに乾いて、気持ちずっしり重くなってしまった。
使う度にこれを繰り返していたらどうなるんだろう?






Gretz4.jpg

ラヴィエの刻印。
凄くかすれているけど1920~50年頃のサルグミンヌのマーク。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mapetitebrocante.blog.fc2.com/tb.php/269-595a29e2