Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入りの紹介、フランス各地を訪れた旅の記録。
MENU

St-Augustinのブロカント・ディゴワンのバラ柄スープ皿と深皿

2017年10月15日(日)、再び夏のような陽気の週末で、暑くて半袖で大丈夫なほど。
それも束の間ですぐに冬の寒さに戻りました。



初めて訪れた街、77県のサン・トーギュスタン(Saint-Augustin)。





st augestin

9月からあちこちで「リンゴの収穫祭」が行われているけど、ここでは収穫祭と同時にブロカントが行われていました。
このトラック、後方にりんごを入れると、中央の蛇口からりんごジュースが出てくるという搾汁車。





st augestin2

りんごを入れているところ。
絞ったジュースは2リットル3ユーロで販売。
もぎたての小振りで形がいびつなリンゴもケースで飛ぶように売れていました。





pomme1.jpg

我が家も1ケース買ってきて、さっそくリンゴのクランブルを作りました。





st augestin1

ブロカントは古い物を扱っているスタンドが多くて楽しかった。





digoin9.jpg

収穫は少し深さのある皿3枚と、スープ皿6枚。





digoin3.jpg

フランスの古い食器で、一人用のサラダボウルみたいな皿って見掛けたことがない。
深さのある食器というと大きなサラダボウルとか、スープを入れるスーピエールならあるけど、一人分に最適な小振りなこの皿は重宝しそう。






digoin6.jpg

マークが全く入っていないのでどこの窯かは分からないけど、ボルドー色のステンシルは古そうです。







digoin8.jpg

上記の皿とお揃いかのように同じスタンドに並んでいたディゴワン・サルグミンヌのスープ皿。

スープ皿はもう要らないくらい持っているけど、6枚揃って良い状態だし値段次第では買おうと思っていたら、おまけでくれると言う。
え?6枚全部?と聞き返したら、持っていって!と言うので遠慮なくもらうことに。
なんと太っ腹なおまけ。
お金儲けより、家の中をスッキリ片付けたい人に当たるとこういう嬉しいことが起こる。





digoin_20171016005609cd7.jpg

モデル名は「MICHEL ミシェル」。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ


スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

マニ― says...""
micaさん、こんにちは!わぁ~、良いですね~!!おまけがすごい!ここ最近なーんにも見つかりません。。。ブロカントへは行っているんですけどね~。。収穫された野菜ばっか買ってます。リンゴのクランブル美味しそうで食べたいです!!!明日は雨でしょうか、寒いので風邪をひかないようにしましょうね!!
2017.11.05 03:36 | URL | #- [edit]
Mica says..."Re: マニーさん"
マニーさん、こんにちは。
この日はおまけもたくさんな上に、天気良くてリンゴも美味しくて楽しめたブロカントでした。
ここ最近の日曜は雨だったり、天気良くても車がなかったりとタイミング悪くて行けてません。
来週のダマリー楽しみにしてるんですけど行けるかなぁ、多分今年最後のブロカントになると思います。
もうすっかり冬ですね、寒い~。
お互い体に気を付けましょう!
2017.11.06 18:36 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mapetitebrocante.blog.fc2.com/tb.php/272-30c3b1b8