Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入りの紹介、フランス各地を訪れた旅の記録。
MENU

ラデュレのマカロンとマリー・アントワネットの皿

3月にラデュレから登場したブルーのマカロン、「マリー・アントワネット」

IMG_9426.jpg

肖像画のドレス、ヴェルサイユ宮殿の小部屋の壁や椅子、カーテンの布の色そのままの綺麗なブルー。
「私のマリー・アントワネットの皿コレクション」の中にこのブルーに合いそうな皿がある!飾り用の皿なので、ふだん食べ物を盛ることはしないのだけど今回特別に使ってみた。




IMG_9422.jpg

もうぴったり!!美しすぎてうっとり~




IMG_9600.jpg

マカロンの中は、同じくラデュレから出ている紅茶「マリー・アントワネット」風味のクリーム。柑橘系にバラ、ジャスミン、ハチミツが入っていて苦手な紅茶なのだけど、マカロンはなぜか美味しく頂きました。

ティー(コーヒー)ポットは、ディゴワン・サルグミンヌ(Digoin Sarreguemines)のバラ柄。モデル名は記されておらず、9235の数字のみ。パリ郊外のブロカントで若い売主さんから買いました。売主のおばあさんが使っていたもので、おばあさんが亡くなったので処分することにしたそう。どんなおばあさんだったんだろうとか、ディゴワンやサン・タモン(St-Amand)の皿をたくさん売っていた(状態がいまいちだったので買わなかった)ので、それらが溢れるおばあさんの台所とか想像するのも楽しい。

ティーカップは、随分前に南仏のエクサン・プロヴァンス郊外のアンティーク屋で購入した、バヴァリア(Bavaria)と刻印のあるドイツ製。真っ白ではなく、少しグレー掛かっているところが気に入っている。

時々、今回のように過去に見つけたお気に入りも紹介していきます。




IMG_9599.jpg

もし、「マリー・アントワネット」の紅茶を購入するとしたら、おすすめはこちら。
NINA'S(二ナス)の紅茶「マリー・アントワネット」。
ヴェルサイユ宮殿の王の菜園で採れたリンゴとバラを使ったセイロンティー。リンゴの香りがとても素晴らしくて、缶の蓋を開けて、何度も何度も香りを嗅いでしまいます。



読んで頂いてありがとうございます。
共感していただけましたらクリックお願いします、ランキングに反映されます。
ジモモ パリ  にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mapetitebrocante.blog.fc2.com/tb.php/3-7e7531e5