Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入り、時々美味しい物も紹介します
MENU

Villeneuve-le-Comte・サルグミンヌに焼豚

2013年6月2日(日曜)の2か所目はパリの東40㎞のヴィルヌーヴ・ル・コントのブロカント。

IMG_1024.jpg

ブロカント会場の向かいの広場では、写真に写っているようなバイクの集まりみたいなものがあっていて、この街へ来る時に通った森の車道はバイクだらけだった。





IMG_1019.jpg

初めて来た街だったので、街散策も。可愛い市役所。





IMG_1026.jpg

ホテルの看板も可愛い。「クマの宿屋」





IMG_1301.jpg

ここで見つけたのは、サルグミンヌのオーヴァル皿。1920~50年代のもの。
売主のおじいさんが、白い大きな皿だったら他にもあるよと言って袋に入れようとするので、ん?と思っていたらプレゼントするというのだけど、好みのものではなかったのでお礼だけ言ってお断りすることに。夕方が近づいていたので早く処分したかったのかもしれないけど、気前のいいおじいさんだ。





971091_3072987401377_1266227363_n.jpg
Photo par Ada

この皿を手に入れた翌週、家族の誕生会をした際に焼豚を盛りつけた(その模様はまた次回)。

フィレ・ミニョン(豚フィレ肉)とハチミツ、醤油、すりおろしたニンニクとショウガ、鷹の爪1本をクッキングバッグに入れて一昼夜漬け込んだものを、180℃のオーブンで10分、温度を160℃に下げて20分焼いたもの。
豚肩ロース肉でも美味しくできるけど、もともと柔らかいフィレ・ミニョン(これでトンカツ作ると最高!)だともっと美味しい。

フランスの古い食器を使う時にはいつも、前の持ち主さんはどんな料理に使っていたんだろうとか、まさか和食が盛られようとは思ってもなかっただろうなぁとか、想像しながら料理するのがとても楽しい。


読んで頂いてありがとうございます。
共感していただけましたらクリックお願いします、ランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村   ジモモ パリ  

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mapetitebrocante.blog.fc2.com/tb.php/33-435e7afb