FC2ブログ

Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入りの紹介、フランス各地を訪れた旅の記録。
MENU

ヨーロッパ文化遺産の日 RéauのSAFRAN航空学と宇宙の博物館

ヨーロッパ文化遺産の日、2か所目は77県レオウ(Réau)にあるSAFRANグループの航空学と宇宙の博物館(MUSÉE AERONAUTIQUE ET SPATIAL SAFRAN)へ。
いつも私の趣味に合わせて城ばかりは悪いなと思い子供たちが楽しめる所へ。




航空に関する歴史、飛行機、ヘリコプター、ロケットのモーターやエンジンの展示、航空シミュレーション、プラネタリウム、子供たちのアトリエ(ペットボトルでロケットを作って、水と気圧で飛ばす水ロケットやパウダーロケット作りなど)などがあって、見学だけでなく体験も出来て大人も楽しめる施設でした。

いつか子供たちを連れて行きたいなと前から思っていたのですが、開館日が少なくてなかなか機会がありませんでした。






reau7.jpg

サフラングループはパリに本社がある航空宇宙、防衛、通信の会社。
1905年創業のGrome社が航空機用の回転式エンジンを開発→1912年Le Rhône社に買収される。
1945年国有化されSNECMA(スネクマ)社となり、2005年にSNECMA社とSEGEM社が合併してできたのがSAFRAN社。
というわけで、ここには年代順にGrome社時代~のエンジンやモーターなどが展示されている。






reau9.jpg

100年以上も前にこんな技術が…と感心するばかり。






reau10.jpg

軍事用飛行機のターボジェットエンジン。






reau8.jpg






reau6.jpg

実際にコックピットに座ることもできます。
職員の方が機器の説明をして下さいます。






reau5.jpg

私たち家族はこちらのヘリコプター「ALOUETTE Ⅱ」へ、時速180キロメートル、初飛行は1955年。
吊り下げられているし、透明だし、座るだけでもドキドキ…。






reau4.jpg

子供たちが前の席へ。
両手両足で操作するのだそう、難しそう、退職されたパイロットの方が説明してくれました。






reau11.jpg

パイロットの訓練用シミュレーターなど体験できるブースもありました。
特殊眼鏡をかけて3Dでヴァーチャル体験ができるなど子供たちはここで体験して飛行機に興味を持ったようでした。






reau3.jpg

Grome社とLe Rhône社のバイクが展示されているギャラリー。






reau2.jpg

自転車のようなバイクだとか、パステルグリーンやピンクなどのレトロで可愛いバイクが並んでいました。






reau1.jpg

ロケットのギャラリー。
この写真では迫力が伝わらないのが残念です。





reau.jpg

アリアーヌロケットのエンジンなど。
巨大です。

パリ郊外ではル・ブルジェの航空宇宙博物館がパリからアクセスしやすいし規模も大きいですが、航空関係興味のある方はこちらへも是非、無料です。

https://www.museesafran.com/
MUSÉE AERONAUTIQUE ET SPATIAL SAFRAN
ROND-POINT RENÉ RAVAUD
77550 RÉAU
毎週水曜 9時~12時/14時~17時
毎月第二土曜と最終週の土曜 14時~17時
入場無料

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mapetitebrocante.blog.fc2.com/tb.php/376-433e3637