Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入り、時々美味しい物も紹介します
MENU

お気に入りのバラ柄のディゴワン

お気に入りのディゴワン・サルグミンヌ (Digoin & Sarreguemines)の皿いろいろ。

サルグミンヌ窯は、アルザス・ロレーヌ地方に1790年創業。1870~71年の普仏戦争でサルグミンヌはプロイセン領となったため、1876年フランス国内・ブルゴーニュ地方のディゴワンに既に窯を持っていたディゴワン窯を吸収し、1970年までディゴワン・サルグミンヌ窯として製造していた。

なのでサルグミンヌのみの刻印と、ディゴワンのみの刻印、ディゴワン・サルグミンヌ(サルグミンヌ・ディゴワンもあり)の刻印、3種類の刻印がある。

IMG_1909.jpg

写真の食器はいずれも1920年以降のもの。
すべてエマユスで見つけたもので、枚数が揃っていて、状態も完璧。
ほとんどのものにフランスの街の名前か人の名前か花の名前などのモデル名が付けられている。
(中には刻印と数字のみでモデル名のないものもあり)





IMG_1879.jpg

SAULIEU(ソーリュー)というブルゴーニュ地方の街の名前が付いたディナー皿6枚。
(フランスの食器やカトラリーなどは6枚、6組が基本)
皿の真ん中ではなく縁に絵柄があるので、料理やデザートを載せても絵柄見えるところが気に入っている。





IMG_1907.jpg

こちらはアルザス地方の街、SAVERNE(サヴェルヌ)の名が付いた深皿とデザート皿それぞれ5枚。
いっぺんにこれだけ揃うことは珍しいのでこれが手に入った時は嬉しかった!





IMG_1892.jpg

そしてプロヴァンス地方のCANNES(カンヌ)というモデルの深皿6枚。
ディゴワンの中で最も好きなモデルのひとつで、他に大皿、デザート皿も着々と集まってきている。

以前は5枚とか6枚ちゃんと揃っていないと買っていなかったけど、どれも似たような柄なので、違うモデルでも同系色であれば食卓の調和がとれるので、最近は数が揃っていなくても1枚でも2枚でも買っている。(ピンク・赤系、青系、緑系、黄色系と集めているのだけど、それぞれディナー皿、深皿、デザート皿、大皿、ソース入れ、ケーキ用大皿などなど相当な数だな)手持ちのものを基本に色んなところから少しずつ集まってくるのも楽しい。





IMG_1915.jpg

こちらはDigoinのみの刻印と数字だけが入ったデミタスカップ。
花柄じゃないディゴワンも可愛い。

読んで頂いてありがとうございます。
共感していただけましたらクリックお願いします、ランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村   ジモモ パリ  

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mapetitebrocante.blog.fc2.com/tb.php/42-7911e5ce