Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入り、時々美味しい物も紹介します
MENU

風邪にInhalateur(アロマ吸入器)を使ってみた

気温が急降下すると共にやってくる鼻づまりと咳。フランスに住みだした頃からずっと、冬の暖房を使っている期間(10月下旬頃から翌年5月頃まで)と、夏に突然気温が下がる時に悩まされている。寒い期間が長いのでかなりつらい。

一日中雨が降り続いていた先週の日曜以来気温が急降下(最高気温が17度だった)。朝晩は寒いけど、昼間はまだ太陽燦燦、という急激な気温の変化にやっぱり鼻ぐずぐずがもれなくやって来た。

そこでこの春のブロカントで手に入れた1950年代のホーローのイナラトゥール(吸入器)登場。



IMG_2318.jpg

鼻づまりなど風邪の症状がある時に、アロマの蒸気を吸入する医療器具。
現代版は全く同じ形のプラスティック製のものが薬局に売ってある。





IMG_2305.jpg

薬局で売っているイナラトゥール用のエッセンシャルオイルのカプセル。
(15カプセル / 6€、1日3~4回使用)
ラベンダー、タイム、ローズマリーが配合されています。
カプセルの先っちょをハサミで切り・・・、





IMG_2316.jpg

下の容器に入れ、熱湯(私は80℃くらいのお湯を使用)を注ぎます。
(1回分=1カプセル)





IMG_2317.jpg

上部をセットし、吸入口に鼻を入れて吸うとアロマの蒸気がスーッと鼻を突き抜け、脳みそから五臓六腑まで染み渡る感じ。





IMG_2315.jpg

このイラストのような感じで吸引。

鼻づまりにはかなりの効果あり。しかも風邪でボーっとなってる頭もすっきりした感じで気持ちが良い。
使い始めてすぐには期待していた喉の痛みや、咳止めには効果がなさそうだったけど続けて使用するうちに咳も止まってきたような。鼻はとにかくすっきり、吸入後数時間も鼻孔の爽快感が持続します。この冬はこの吸入器で何とか咳と鼻づまりを軽くしたいところ。





inhalateur.jpg
L'inhalateur ¨Excelsior¨

こちらのイラストは、エクセルシオールという名前の1927年頃に発明された吸入器、1回分の薬液が測れるピペットを備えた漏斗付き。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ  

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mapetitebrocante.blog.fc2.com/tb.php/48-abd34f9d