Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入りの紹介、フランス各地を訪れた旅の記録。
MENU

Sucy-en-Brieのブロカント・竹模様のカフェオレボウル

2013年9月15日(日)の3か所目は、94県のスーシー・オン・ブリー。


IMG_2692.jpg

街の中心部全ての通りに張り巡らされたブロカントも、併設の移動遊園地も大規模で、15時頃到着したのですべて回りきれなかったのが残念。
メゾン・アルフォールとかリメイ・ブレヴァンヌとか94県では大規模ブロカントの開催が多い。





IMG_2689.jpg

食べ物の屋台も充実していて(普通はサンドイッチにソーセージ、フリット、チュロスくらいしかない)、大鍋で作られるパエリアやタルティフレット、煮込み料理の数々、ケバブ、アンドゥイエット、アンティーユ諸島のカレーやお惣菜、ワインの試飲、サロン・ド・テのケーキなどなど。
アンドゥイエット大好物な私はお昼を済ませて来た事をかなり後悔。





IMG_2707.jpg

ここで見つけたのは、リュネヴィルのカフェオレボウル。





IMG_2710.jpg

ピンクや黄色の柄もあるけど緑だと竹に見えてしまう。
布きんにありがちな格子模様なのでフランス人は、Torchon vert(トルション・ヴェール/緑の布きん柄)と呼んでいるよう。





10_0017_film1monsieurbag.jpg

映画を見る時はつい、どうしても小道具に目がいってしまいます。
19世紀後半~20世紀半ばが舞台のフランス映画だと、ストーリーそっちのけで小道具を見るのに忙しくて内容を理解する為に2回観ることもしばしば。

「アメリ」の中でも、あー、これはサン・タマンのキャニスターだとか、ディゴワンのバスクシリーズかHBCM(クレイユ・モントロー)のベアルンシリーズの皿だとかそんなとこばかり。

好きな映画のひとつ、ジェラール・ジュニョ主演の「バティニョールおじさん(Monsieur Batignol) 」も、おぉ、これは!とか、これ欲しいなぁなどと小道具に注目してしまった映画でした。
バティニョールおじさんが経営する豚肉加工品店のファサードの字体や色、配達の車、寝室に置かれた陶器の洗面用水差しなどなどブロカント好きにはたまらない小道具の数々。





MONSIEUR BATIGNOLE 3

舞台は1940年頃の戦時下のフランス。
台所や食事のシーンではホーローのお鍋やカフェオレボウルが登場。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ  

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mapetitebrocante.blog.fc2.com/tb.php/57-d25602d9