Ma Petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入りの紹介、フランス各地を訪れた旅の記録。
MENU

カルティエ展とカルティエのシャンパーニュなど

ブロカントと関係ないけど、グラン・パレで開催中のカルティエ展が素晴らしかったのでそのことを。

「Cartier Le style et l’histoire カルティエ スタイルと歴史展」こちらに詳しく書いてあるのでここでは説明は割愛して、これはカルティエ主催ではなく国立美術館協会主催。キュレーターがフランス内外の美術館や個人コレクターから借り出してきたもの。

宝飾品の数々も素晴らしかったし、デッサン画と共に展示してあったり、顧客名簿や注文票などの過去の資料もあって興味深かった。グラン・パレ内のSalon d'Honneurの内装(壁から天井にかけてプロジェクターで宝飾品なんかが映し出される)もさすが。





CYMERA_20140129_171443[1]

ダイヤモンドのティアラの数々。




CYMERA_20140129_172538[1]

宝飾品を製作する際のデッサン等も一緒に並べられている。





CYMERA_20140129_142750[1]

ドレスに散りばめられた宝石が溜息もの。これを着ていた貴婦人の肖像画も。





CYMERA_20140129_171839[1]

左は1914年ルイ・カルティエの依頼により作成されたジョルジュ・バルビエの画による招待状。
右は1910年頃ベル・エポック全盛期のネックレス。





CYMERA_20140129_171936[1]

左上はウィンザー公爵夫人(ウォリス・シンプソン)の依頼のネックレス。
右下はモナコ公妃、グレース・ケリーのティアラ。
(2011年、キャサリン妃が結婚式の際に付けていた1936年作成のダイヤモンドのティアラも展示してあったけど撮影禁止だった)





CYMERA_20140129_172154[1]

小さな小さな眼鏡もカルティエのシンボル、豹が付いててエレガント。





CYMERA_20140129_171402[1]

こちらは1928年、インドのマハラジャの依頼で作られた大きなネックレス。上がデッサン。
右下の小さい(といっても左のが巨大な為小さく見えるだけ)のは、説明書きを読んだ際に思わずフランス人みたいに 「N'importe quoi!!」と心の中で叫んでしまった「犬用のネックレス」!!

IMG_3840[1]

家にあるカルティエの本を見たらこのデッサンも載っていた。
石の配置や石の数が細かく描かれている。





CYMERA_20140129_163523[1]

うちにあるカルティエの物といったら、財布やボールペン、グリーティング・カードとかちまちました小物ばかりで哀しいかな宝飾品や貴金属はない。若い頃に安物のアクセサリーをたくさん買わずに、タンク・フランセーズを買っとけば良かったと何度後悔したことか!

でも、シャンパーニュならある!

IMG_3577[1]

いつ開けようか楽しみにとっているのである。





IMG_3588[1]

あとは男性用香水「Déclaration」の香り付きロウソクとか・・・・





CYMERA_20140129_172254[1]

陶器のVide-poche(ヴィッド・ポッシュ 指輪や時計・鍵なんかをポンと置いたりする入れ物)とか・・・。

今年9月は、2年に1度グラン・パレで開催されるアンティークのビエンナーレの年。
カルティエはじめ、シャネル、ディオール、ヴァンクリーフ&アーペルなどのハイジュエラーのアンティークから現代までの作品、美術館級の絵画や古文書、調度品などを扱う高級骨董商の展示販売がビエンナーレで、これもかなりの見応えがあっていつも楽しみにしている。
ルノワールの絵画とかここで個人に売れてしまったらもう2度と公の場で見ることはできないので貴重な場。

グラン・パレはほんとにいつも見応えのある良いエクスポジションを行っているので常にチェック。
グラン・パレのサイトはこちら

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mapetitebrocante.blog.fc2.com/tb.php/69-2c5bfb64